社長ブログ

こだわり桐箪笥が大好きな社長ブログ 古い桐箪笥の洗いですが、・・・

2019年4月22日 | 社長ブログ | コメント:0

桐箪笥は何十年の汚れを洗い流して綺麗にしてあげる事から始まります。

お湯を沸かして、丁寧に洗います。

古い桐箪笥を傷めないで優しく取りあつかわなくてはなりません。

内部も本体も何十年経ったすべての、ほこりや汚れを洗い流します。
何度も洗って臭いも取る事ができます。

これが出来るのが桐箪笥だけです。

だから本物の桐箪笥は価値があるのです。

昔の桐箪笥はすべて無垢の桐材で作られています。

しかし今売られているの多くの桐箪笥はそうではありません。
合板の桐箪笥が多くありすぎて手直しできません(洗えません)

桐のシート貼りなので、濡らすとベニヤが膨れたり
シートがめくれてしまいます。

そのような品物は桐箪笥と言わないで欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

さとふる

ふるさとチョイス

桐箪笥をはじめテーブルや食器棚などあらゆる家具を品揃えしております。

大阪泉州桐箪笥「初音の家具」

お問い合わせはコチラ

ショールーム・本社
【ショールムーム・本社】 〒596-0004
大阪府岸和田市荒木町2-18-5
TEL.072-443-8835
FAX.072-443-8837
定休日:火曜日・第三水曜日

地図を見る

工房
【工 房】 〒596-0002
大阪府岸和田市吉井町1丁目19-8
TEL.072-443-5691
FAX.072-443-5692
定休日:日曜・祝日

地図を見る

アクセスマップはこちら

標準 特大