納品事例&お客様の声

洗い替え

  • 今年もわたしどもの桐たんすに対する愛情込めた洗い修理をご紹介させていただきます。久しぶりに昨年お近くからご連絡をいただきました。
    岸和田市のH様からのご依頼で焼桐仕上げで修理させていただきました。

    初めてご自宅に伺って桐たんすの状態を見てお見積りをさせていただきます。

    かなりの傷み具合です。

    状態は悪くて、打痕や割れや欠けてる箇所が沢山ありました。正直いって修理する日数がかなりかかります。この様な桐箪笥はお見積りをしますが、修理に日にちがかかりすぎると会社的には赤字になる事もあります。

    この桐箪笥をお見積りさせていただき、後日あらためていただきにあがりました。
    修理前の工房での写真です。

    この桐箪笥が私どもの職人の手で洗い修理させていたくとこの様に甦らす事ができます。今回はとの粉仕上げではなく、H様の要望で焼桐仕上げで仕上げさせていただきました。ご覧ください。

    この様に美しく甦らせる事ができるのが、私どもの伝承技術です。

    同じ桐箪笥とは思えないでしょう。

    この状態でよく捨てずに残してくれてましたね。

    手直しに相当な時間と技術を要しました。

    これだけの比較写真と出来栄えの拡大写真を掲載できる工房は他にはないと
    思います。

    沢山の同業者さんも私どもの事例をご覧になられますが、どうかこのぐらいちゃんと桐箪笥を治してあげてください。

    パテなどでごまかさず、丁寧に生地から桐の職人が手直しをしないとこう綺麗には治せません

    割れや打痕も生地から手直しできるのが私ども田中家具製作所の洗い替え修理です。

    この技術を求めて全国から修理依頼がございます。

    背板のもみの板もこの様に修理前は割れてガタガタになっていました。
    今回は背板も桐に変更させていただきました。

    引戸の内部も修理前はこの様な状態でしたが、

    丁寧に修理させていただくとこのようになります。

    美しく甦らせるので、桐たんすも喜んでくれているように思います。
    これが私どもの桐箪笥の洗い修理です。

    焼桐に仕上げるのは生地がきちんと手直しできないと仕上がりが汚くなります。

    金具も使えるものはすべて汚れをとってから再び再メッキをかけてこの様に以前のデザインを守るようにするのが私どもの流儀です。簡単な新しい金具に取り替える方が簡単に作業が行えますが、私どもはそれを選びません。

    よく同業者は、古い金具がダメになっていたので、新しいものに変更しましたと簡単にいいますが、手間暇をかける事がないので、その方が楽なだけなのです。

    こうして比較写真をご覧いただくとすごくよく分かっていただけると思います。

    重ねの割れていた部分も全く分からなくなってるでしょう。

    私どもの職人の思いを伝えたいのです。

    これだけ丁寧に直す工房は無いでしょう。

    それがどうしたと言われれば、それまでですが。
    この技術を大切に今まで続けている工房がある事を少しでも知っていただきたいのです。

    引出しの底板の割れている部分もこの様に入れ木をして手直しさせていただいてます。

    これだけ傷んでいる桐箪笥でも田中家具製作所なら治せない桐箪笥はありません。

    この様に焼桐の仕上げで仕上げるのもまたいいでしょう。

    古くて傷んでいる桐箪笥を捨てないでください。桐箪笥はどうにでもお使いいただけるように手直しができるのです。(今 売られている新しい桐箪笥は桐のシートが張られていて手直しが出来ないものが沢山売られていますご注意を!)

    この度もご依頼をいただけてまた1棹 桐箪笥を甦らせてあげる事ができました。本当に良かったです。H様も凄く喜んでいただきました。

    この技術を伝承する事は年々難しくなってきますが、今年もご依頼を裏切らないようにこつこつとお仕事をさせていただきます。

     

  • 大阪府のI様から桐の和棚の洗い替えをさせていただきました。
    大変いい仕事をしている桐の和棚です。

    昔の職人の技術の高さを感じます。

    この和棚を丁寧に洗った後、生地を修理してからとの粉仕上げをさせていただきました。そうするとこのように甦らす事ができました。

    この技術はどこの工房にも負けません、その出来栄えの拡大写真を是非ご覧ください。

    洗い修理は出来上がるまで期間がかかります。比較写真の比べ方もタイムラグがあるので少し時間のかかる作業になります。

    なかなか同じ角度や写真を撮影するのが大変です。

    皆様にすこしでもお伝えできて、ほんまもんの洗い修理をご覧いただきたいので
    私が写真を写してご紹介させていただいています。

    昔のいい金具が付いています、もうこの様な金具は今では手にはいりません。
    このような金具や和棚に出会えるのもこの仕事をさせていただいているお蔭です。

    手打ち金具で昔の職人が手作りでお作りした金具です。

    開き戸の内部の長い間使用されていなかったのか、カビがきておりました。

    このようなカビは全然きになさらないでください。桐たんすは自らがカビますが、中の品物にはカビを生かさないようにします。

    でもこの様に洗い替えをしますと元通り美しくなります。

    手の込んだ桐の和棚です和棚は内側も綺麗に塗装しないといけないので、すごく難しい作業になります。

    桐で出来た作品はこの様に甦らせる事ができます。

    いい棚なので私どもにご依頼いただいて本当によかったです。

    技術のない工房ですと仕上がりに大きな差が出ます。

    また昔のいいものを手直しする事ができました。

    本当に良かったです。

    昔のいい職人がお作りしたこの様な桐の作品は必ず捨てないで、
    私どもにご相談してください。
    これからI様にお届けさせていただきます。
    ご依頼ありがとうございました。

    その模様は後日ブログでご紹介させていただきます。

  • 大阪府のI様からのご依頼のちりめんの小袖衣裳箪笥の洗い替えのご紹介です。

    珍しい桐箪笥でしょう、多分当時京都で作られた桐箪笥で品物は本当にいい桐箪笥です。その洗い替えをご依頼してくれました。

    品物がいいので是非、田中家具製作所の職人さんにお願いしたいとのことで承りました。この桐箪笥を半年かけてこの様に手直しさせていただきました。

    新品同様美しく甦らすことができました。
    天板や前板の傷や凹みも・・・・

    この様に美しく面張りを張り替えてから塗装をします。

    汚れも傷も・・・・

    こうなります。

    傷んでいた側面も・・・・

    なにも無かったように・・・・

    古い金具も・・・・

    再メッキを施します。新品に戻せるのが桐たんすです。

    側面の脇取手も・・・・

    この通り。

    桐たんすの内部も少しカビがきていましたが、

    新品のように。

    巻き足の品質のいい桐たんすですが傷が多くございました。

    すべて桐材を交換して美しく仕上げています。

    打痕やはげや擦り傷も・・・

    わたしどもの職人の技で手直しできます。これがほんまもんの洗い修理です。

    ご期待に応える事ができました。

    桐たんすの良さをあらためて感じる事ができます。

    この様に傷んでいた桐箪笥もほんまもんの職人で手直しすればこの様に美しくなります。

    ご依頼していただいたI様にお届けするのが楽しみです。

    桐たんすの洗い 修理 またこだわりの新しい桐たんすの購入を予定されているお客様は是非 大阪 岸和田の初音の家具 株式会社田中家具製作所にご連絡ください。
    必ずいい出会いが御座います、どうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 今年のもう12月ですね、今年も古い桐箪笥を何棹か洗い修理させていただきました。それぞれ本当に記憶に残っています。12月最初の洗い替えの納品事例は、こちらです是非ご覧ください。

    大阪府のK様からご依頼のあった洗い替えの小袖の引出し箪笥をご自宅に取りに伺い工房にいれました。これがその桐箪笥です。

    一度粗悪な桐箪笥の洗い替え業者で洗いをしてもらっています。
    このような白い粉をふいたような仕上げです。その桐箪笥を再び私どもの独自の技術で丁寧に手直しをさせていただいて、お孫さんもマンションのお部屋にお届けいたしました。

    この出来栄えの違いをご覧いただければ嬉しいです。
    この様に甦らす事ができます。

    以前の適当な洗い替えで桐箪笥が可哀想な状態でした。

    その桐箪笥を生地から手直ししてこの様に甦らすのが私どもの職人です。

    新品同様とは言いませんが、ほぼ新品の納品事例に紹介してもだれも気付かないと思います。

    以前の仕上げは天板もこの様にくすんでいて、その洗い業者の技術が良くわかります。悲しい事です。

    一度洗われた桐箪笥をこの様に再び甦らすには苦労致します。

    金具も再び再度メッキ直しをしました。

    その当時のままの金具を出来るだけ使ってあげるのも私どもの桐箪笥に対する礼儀です、簡単な安い金具に交換するほうがたやすい作業になります。

    側面の傷も手直しぜずにとの粉を塗っているので、この様にしみとかただらけになります。また金具も引きて金具がシルバーなのに側面の棒通し金具がなぜこのような黒色の安物の金具を付け替えているのか?・・・・・

    悲しい仕事をしています。家具店からの下請けで洗いの費用を抑えられたのでしょうね。

    私どもの洗い修理は生地から手直しできるのでこれほど美しく仕上げる事ができますし、仕上げをする職人の技術レベルの違いを是非感じてください。

    K様はこの状態ではお孫さんに使ってもらうのはあまりにも可哀想なので、私どもをネットでお調べしていただいて、ご依頼してくれました。

     

    他の業者さんの方が価格が10万ほど安かったのですが、また同じような事になるのが嫌でちゃんと勉強をされて私どもを選んでくれました。

    私どもは新しいこだわりの日本の桐箪笥を今でもお作りしている工房で、桐箪笥の洗い修理だけを専門にしていませんから、職人の桐箪笥の対する思いが違います。

    「古ならこれぐらいでいい」とか思う職人と、「古い桐箪笥に愛情を持って出来た当時のような桐箪笥の戻してあげよう」との違いが品質の差になるのです。

    引出しが欠けている部分も全く分からないように手直しできるのが、田中家具製作所の洗い修理です。

    一度洗い修理されていて、前板が薄く削られているので、前板を張り替えてあげなくてはなりません。

    その技術や手直しに時間がかかる為に費用が少し高くなるだけです。
    桐の洗い替え修理は皆様が思うほど工房的には利益がありません、
    ただこれだけの歴史や思い出を継いできた桐箪笥をなんとかちゃんと次世代まで残してあげたいと言う想いだけです。

    こうすることで、再びお孫さんがお婆様の桐箪笥を大切にこれからも引き継いで使っていただけます。

    これが出来るのが唯一桐箪笥だけです。これが桐箪笥を娘さんに持たせたい理由です。

    また再び甦らせるのが、桐箪笥です、日本の工芸品の文化なんです。

    傷も割れもなんでも治せます。その桐たんすの意義に若い方も気付いて欲しいですね、でないともう本物の桐箪笥は日本で作れなくなります。

    比較写真をご覧ください、この様に拡大写真で詳細にご覧いただけるのも私どものホームページしかないと思います。

    この度もご依頼をしていただけて本当にありがとうございました。
    また1棹、傷んでいた桐箪笥を元通りに甦らしてお使いいただけるお仕事をさせていただきました。

    これからお孫さんが大切に使わせていただきますとおっしゃっていただきました。
    この気持ちに応える工房であり続けたいと願っていますが、これから先 いい職人も本当に少なくなりますし前途は多難ですが、やれるだけやり続けます。

    K様ご依頼ありがとうございました。きちんと手直し出来て喜んでいただいて本当によかったです、これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

    桐箪笥を本当にきちんと洗い修理をして欲しいお客様は是非私ども072-443-8835(代表)にお電話ください。メールやラインでのご連絡ももちろん可能です。古い桐箪笥を捨てないで是非 桐箪笥のプロにご相談してくださいね。

  • 兵庫にお住まいの方からの総桐間箪笥の洗い修理のご依頼をいただき、お引き取りに伺いました。

    大変品質のいい桐箪笥です。

    全体的には大きな傷もなくて、少し汚れていますが大切にお使いになられてた事がよくわかる桐箪笥です。

    このようないい桐箪笥は私どもに依頼していただけて良かったです、技術のない工房だといい桐箪笥が台無しになります。

    私どもで洗ってあげますとこの様に新品同様に手直しができます。

    大きな桐箪笥なので、洗い修理するのは大変なんです。

    左戸の真ん中に横に長い傷も綺麗に手直しできました。

    引出しや棚にも細かな傷や汚れがございました。

    それも私どもの職人にかかればこの通りの出来栄えです。

    内部のお盆もこの通り、中棚もありいい作りをしています。

    美しいとの粉仕上げは私どもの特別な技術で仕上げます。

    洗い替えは大変な作業で、新しい桐たんすをお作りする方がよっぽどやりやすい場合がございます。

    でもこの様に昔の素晴らしい技術を持った職人さんがお作りした桐箪笥を手直しさせていただけるのも職人冥利に尽きます。

    ご依頼をしてくださったお客様が、田中家具さんにお願いして本当に良かったです。と言っていただける事が嬉しくて、
    ほんとに桐箪笥屋でよかったなって思います。

    右側の戸の内部は洋服を吊れるように工夫されています。このような桐箪笥も大変珍しくてお客様が特別にご注文したのでしょうね。

    仕事柄色んな桐箪笥を拝見させていただきます。

    今回もきちんと手直しが出来て本当によかったです。

    桐の箪笥はこの様に何十年や何百年経とうが、美しく甦らす事ができます。

    ですから昔から、箪笥は桐箪笥が一番だと言われてきましたが、桐は良く汚れるとか扱いしにくいとかの単純な理由で家具店からも敬遠され、本当の桐箪笥の良さを教えてあげれるお店が無くなっています。

    桐ほど素晴らしい特質と性質をもった箪笥は世界にありません、日本が世界に誇れる収納家具なのです。

    今回もご依頼していただいたお客様もすごく喜んでいただきました。
    ご依頼ありがとうございました。

  • 先日私の社長ブログでご紹介させていただいた、さすがに松山家具桐たんすは素晴らしいですねの桐箪笥の洗い替えの事例をご紹介させていただきます。

    この様に引戸に梅の蒔絵が入った桐箪笥です。この様な桐箪笥をちゃんと洗える工房は私どもの職人だけだと自負しております。

    こちらが洗い前の蒔絵入り桐たんすです。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    特別な技術で丁寧に洗い修理させていただきますとこの様に美しく甦らす事が出来ます。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    この松山家具製の洗い前の桐箪笥が、

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    このように美しく再生できます。これが私どもの本物の桐箪笥の洗い替えの技術なのです。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    どのような状態であっても私どもで手直し出来ない桐箪笥はありません、費用はかかりますが必ず治せます。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    その洗い替えが出来る職人がいるからです。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    この様にすき間なく完璧に手直しが出来る工房は他にはないと思います。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    洗い専門の工房ではなくて、
    新しい桐箪笥をお作り出来る工房の職人の技術力が違います。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    この度ご依頼していただいたお客様は本当に桐箪笥を大切にお使いいただいていたので、大きな打痕や傷がなくて最小限で削る事ができました。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    新品のように洗い替えできました。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    蒔絵(絵)の入った桐箪笥をこれだけ丁寧に手直し出来る工房は無いと思います。大阪(関西)の桐箪笥はこんなに華やかさのあるのが特徴です。関東の桐箪笥とはまた違います。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    これも日本の京都(皇室)や大阪(豊臣)天下の台所と言われた商人の町の文化を伝承しているのだと思います。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    この技術を伝承したいのですが・・・・・・
    今の若い方にはその意欲がなくて職人が育たない事が一番の悩みです。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    もうこの様に手直しが出来ない時代がくると思います。
    松山家具の素晴らしい桐箪笥を今回も甦らせる事が出来て本当に良かったです。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    桐の箪笥は昔は、ご婚礼の時に両親が娘のことを思い婚礼タンスとしてご用意してくれました。その当時でもかなり高価なタンスです。でも桐箪笥だけがこの様にまた甦らせる唯一の家具なのです。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    いくら高価な洋家具のタンスも残念ながらこのように再生する事ができません、
    桐箪笥を持ってて良かったとおっしゃっていただける理由がここにあります。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    そして何よりその思い出と作品がいつまでも何百年の受け継げる事が出来るのが桐箪笥だけなのです。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    その事も今は忘れ去られてきて、知らない方が多くて残念です。
    使い捨ての家具が多くなり、本当のいい物がどんどん少なくなってきています。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    1000年以上の歴史がある桐をもう一度見直していただけたらと願っています。

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    松山家具の(桐の松山)蒔絵入りの桐箪笥の洗い替え修理

    今回も洗い替えのご依頼にお答え出来て本当によかったです。
    「こんな工房が日本で1つぐらいなければあかんでしょ!」と言う思いでいつも仕事をさせていただいています。
    これからも桐の事ならなんなりとご質問、ご相談ください、
    丁寧にご説明させていただきますよ。

  • 大阪府のT様から祖母の思い出の桐たんすの天丸三つ重ね洗い修理の依頼がございまして、私どもで洗い修理させていただきました。

    桐箪笥の洗い修理する前はこんな状態でした。

    ご覧の通りかなり傷んだ状態でした。およそ4ヶ月をかけて洗い修理させていただきT様宅へ納品させていただきました。傷んでいたこの桐箪笥が・・・・

    この様に私どもの職人の手で、甦らせました。

    どうですか、この技術!これだけの桐箪笥の洗い替え出来る工房は私どもだけかもしれません。

    この古い桐箪笥がこの様に新しく甦らせるのです。

    この様に比較拡大写真を見ていただければ、一目瞭然でしょう。

    田中家具製作所の桐箪笥への想いを感じていただけるはずです。

    これが、こだわりの私どもの桐たんすの洗い修理です。

    他の工房でこれだけ手直し出来るところはないでしょう。!

    是非 若い方にも知ってもらいたいです。

    これだけ傷んでいた桐の箪笥も愛情込めて職人が生地から手直しして、仕上げ職人が美しい色を塗りますとこれだけ美しく直せます。

    だからきちんと洗い修理して欲しいお客様が
    私どもに依頼をしてくれます。

    新品の納品事例でも絶対に見間違うほどでしょう。

    これだけ手間暇かけて手直しするので、正直あまりもうかりません。

     

    でも喜んでいただけるお客様の為にこのような洗い修理させていただいています。

    適当な桐たんすの洗い修理を少し安価な価格で受けている業者がたくさんございます。その業者様も私どものホームページをご覧いただいてます。
    だから私どものようにこれだけきちんと治して欲しいと、
    ここでアピールをさせていただいています。桐箪笥がかわいそうです。

    傷んでいた前飾りの金具もこの様に甦らします。

    同じ金具とおなじ桐箪笥なんですよ、・・・・

    傷を生地から手直しします。時間がかかる仕事です、場合によれば新しい桐たんすをお作りする方が楽かもしれません。

    この様に美しく取手や鍵座も元もままに復元させるのです。

    引出しも隙間なく仕上げるのです。そして和タンスの内部も・・・

    見事に美しくいたします。

    戸の裏のカビや傷も

    全て美しく再生する事が出来ます。
    是非私どものこの取り組みを少しでも分かって欲しいです。

    この様な事が出来るのも桐箪笥だけなんです。

    内部のカビ臭いにおいも出来る限り洗って落としてあげます。

    背板の割れも入れ木をして気密性を持たせるが最も大切です。

    完璧に手直し出来るのが、田中家具製作所の技術です。昔ながらの技術を頑なに伝承しつづける工房だから出来る仕事です

    お金儲けだけに走っているような工房は絶対にこの様な仕事ができません。

    だから私どもの工房の建物は古くて昔のまんまですが、職人の技術も昔ながらの手抜きをしない仕事のまんまです。(笑)

    傷んでいた桐箪笥もこれほど綺麗に手直しできるのです。

    皆さんが思われるほど金額は決して高くないですよ、ほとんどが職人の手間代ですが、
    昔の思い出のある桐箪笥をどうにか本当に治してあげたいと言う想いがあるからなのです。

    この納品事例をご覧いただける方から、桐箪笥の洗い修理のご依頼が増えてきました
    私どもの古い思い出のある桐箪笥を捨てないで欲しいと言う願いが少し伝わっているのでしょうか?

    お客様もすごく喜んでいただきました。その笑顔が仕事の活力になります。こんな工房が日本に1つぐらいないとだめでしょう。

    美しく洗い修理させていただいたので、新しくグリーンの油単(桐たんすのカバー)をお作りさせていただきました。かわいい朱房付きです。

    古い桐箪笥は戦前から戦後へと日本の歴史を経てきました。
    だから傷んでいるのです。

    この度依頼をしてくれました、T様ありがとうございました。

    このように古い桐箪笥を捨てるないで、引き継がれるお客様のやさしさや想いがある方なら是非 洗い替え修理に出してください。

    でも業者を選ばないといい桐箪笥も台無しになる事を覚えておいてください。

    必ずお客様の責任で業者をお選びいただく事です。
    私どもは自分の生きた証を桐箪笥に込めています。

    時代を受け継ぐのは桐箪笥です。

    古い桐箪笥の修理や洗い替えのご依頼やご相談は、
    072-443-8835までご連絡ください、
    丁寧にご説明させていただきます。

  • 今回ご紹介する洗い替えの事例は、おばあちゃんが使っていた桐のたんすを、若い男の子のお孫さんからその桐箪笥を使いたいので直して欲しいと依頼されました。

    私どもに依頼されるほとんどのお客様は女性の方ですが、若い男性の方からの依頼はすごく珍しく、今どきこんな優しい考えをされる若い人もいらっしゃるのだと、凄く感動しました。

    心のない年配の方でも、「こんな古い汚い桐箪笥すててしまえ」と平気におっしゃられるこの時代に・・・・・・この様な考えの若い方がいてくれるのですから。

    早速その古い桐箪笥を置いている家に見に伺いました。その箪笥が下記の写真です。

    この様にかなり傷んでいました。色んな事があったんでしょうね。
    これは手間暇がかかりますが・・・・・

    お見積りをさせていただきまして、ご納得していただいてご注文いただきました。
    K君まだ大学を出て就職されてまもないのに、その彼の給与を考えれば洗い修理代金は、とても高いはずです。

    でも自分のお金で支払をしてまで祖母の思い出の桐箪笥を直して欲しい!
    そして、自分が大切にこれからも使いたいという言葉に

    感動しました。

    なんとかその気持ちに応えるべく工房に持ち帰りました。

    丁寧に洗い、よく乾かし、何十日かけてこの桐箪笥を手直しさせていただきました。
    この桐箪笥を洗い修理させていただいた、田中家具製作所のこだわりの桐たんす再生がこちらになります。

    男の子のお住まいのマンションにお届けいたしました。
    このかなり傷んでいた祖母の桐箪笥がこの様に甦らせます。

    是非 洗い修理前と洗い修理後の比較写真をご覧ください。

    これだけ手直し出来るのが私どもの田中家具製作所の工房です。

    もう余計な言葉(文章)は要らないでしょう。

    私どものこだわりの技術はこれらの写真が証明してくれています。

    普通の方は信じれないと思います。これが誰にも真似の出来ない日本一の桐箪笥の洗い修理を出来る田中家具製作所の工房の職人技です。

    良くこれだけ綺麗に直せるものでしょう。これが桐箪笥の良さです。

    何百年と使い続ける事ができます。

    この桐箪笥の良さを是非お伝えしたいです。(今は偽物の桐箪笥がたくさんございます。)洗い修理も出来ない桐箪笥が販売されています。

    この様に、手直しできるのが本物の昔の桐箪笥です。

    桐箪笥の背中の板の割れも

    この通り

     

    この桐箪笥の洗い替え修理の事をたくさんの日本の人に知ってもらいたいのです。

    これだけ直せる工房は日本で他に無いと自負してます。

    桐箪笥の洗い替え修理は新しい桐箪笥をお作りする以上に大変な作業になる事も御座います。

    一見捨てられるような桐箪笥を再び甦らせるこの技術は継承するのがとても年々難しくなってきます。

    桐箪笥は日本が世界に誇れる唯一の収納家具です。

    彼の気持ちに応える為に私どもの持てる技術を全て出して手直しさせていただきました。

    私もK君の事は決して忘れることはないでしょう!

    一人住まいのマンションにお届けさせていただいて、すごく喜んでいただきました。

    私どもをホームページで探していただいて、彼の思いに答える事が出来て本当によかったです。

    使い捨て等と言われている時代、桐箪笥なんて時代遅れで必要ないもの とか言われている時代に・・・

    若いK君からあらためてこの桐の仕事を続けないといけないと力をもらえました。

    「本当にありがとう!」

    これからも彼のような、思い出のある古い物を大切にすると言う、お考えをされる若者がたくさん増えて欲しいです。

  • 品質のいい桐箪笥で漆塗りのお花の蒔絵入り 2本揃え 洗い替えのご依頼をいただきました。
    たくさんの業者さんのから私どもの技術を信用していただいて、ご依頼がございました。

    この様にお花の蒔絵が施されたの二棹揃えの桐箪笥でした。

    初音家具 こだわりの洗い・修理 納品事例

    二棹とも大きな傷や打痕が比較的少なくでいい桐たんすでした。

    小袖衣裳の引出し箪笥との揃えです。

    初音家具 こだわりの洗い・修理 納品事例

    二棹とも引き出しの下段にかわいいお花をあしらった蒔絵が施されています。

    衣裳箪笥には開き扉の上にも蒔絵が施されています。
    なんとも粋な桐たんすです。

    このような桐箪笥は普通の洗い業者では洗い替えできません。
    蒔絵を生かして洗えて修理する技術がないからです。

    こだわりの

    むかしからのこだわった桐箪笥をお作りする会社だからこそ、
    そのタンスにあった洗い替え・修理を見極めれるのです。

    開き戸の中は少しカビが見られました。

    桐箪笥にカビが生えるのは、箪笥を開け閉めしたりお部屋の空気を入れ替えたりしなかった事が原因ですが、
    桐材は、自ら湿気が多い時は水分を吸収してくれます。

    桐たんすにカビがつきますが、中になおしている衣類を守ってくれます。

    扉裏にもカビがはえていました。

    数か月お預かりして、弊社のこだわりの洗い・修理をさせていただきます。

    金具も上品な粋な金具です。このような金具は今はお作りできません。その当時の方が品質のいい桐箪笥がたくさんあるのです。

    お預かりして、洗い修理を丁寧に行いあらためてお届けさせていただきました。

    うす汚れてくすんでいた桐たんすがこの様に見事に綺麗に美しくする事ができました。

    これが私どものこだわりの桐箪笥の洗い修理です、ご覧ください新品のように甦えらす事ができました。

    金具も全て取り外し、汚れを落とし再メッキ加工をさせていただきました。
    昔の金具を大切に再メッキする方が手間暇と費用がかかります。

    このような上品なおしゃれな金具は今では手に入りません。

    美しい仕上がりでしょう、その当時のいい職人の手によって作られている桐箪笥でした。是非これからも大切になさってあげてください。

    台輪も綺麗に洗い仕上げています。

    こうしてお届けさせていただける事がすごく嬉しくなります。

    私どもの技術を選んでいただきお届け出来る事が本当に嬉しいです。

    引出しも隙間なく気密性を持たすことができました。この柾目も本当に美しいこだわりの桐箪笥です。

    洗いの修理でもこの様に引出しのまわりが丸くならないのが、サンダーを一切使わないで鉋がけで木地を手直しするからです。

    本当にちゃんと手直しする事ができました。

    前飾りも以前のままで、粋なシンプルなデザインです。

    漆塗りの蒔絵は濡らすとダメになるので、細心の注意を払って洗いました。

    すごくかわいい漆塗りの蒔絵です。昔の職人の遊び心が感じられるとっても粋な桐箪笥です。

    内部もこの通り

    新品同様に洗い替えをさせていただきました。

    扉のカビも完全に除去しています。

    桐のたんすは本当によく考えられた日本独自の伝統工芸品の収納家具です。

    このような中国桐を使用してない、本物の桐箪笥だけが日本で最後まで残る収納家具です。

    私どもの桐箪笥の高い洗い替えの技術を感じていただければ幸いです。

    昔からのいい桐箪笥は、金具の付け方も、両欠き込みで、固定棚の中棚もございます。

    柾目も美しく、艶だしの蝋ひきも丁寧に施しています。

    またこれから 先 何十年 何百年とお使いいただける貴重な桐たんすです。

    私もほとんどこのようなデザインの漆蒔絵を拝見させていただく事は珍しい桐箪笥でした、ご依頼していただきましたお客様本当にありがとうございました。

    まだ 私どもの職人がこの様に綺麗に洗い替えが出来る事を是非知っていただきたいです、
    安価な価格で粗悪な仕事をする桐箪笥の洗い専門業者が無くなるはずなのですが・・・・

    これからも思い出の桐箪笥を丁寧に甦らせるように頑張ります。
    桐たんすのことなら、072-443-8835までなんなりとご相談ください。

  • 私どものホームページを良くご覧いただていたお客様から
    桐の和棚の洗いのご依頼がございました。

    すごく傷んでいたわけでもないですがやはり傷や汚れはございました。いい桐の和棚です。

    たいへん良い品物でした。この様な桐の和棚をお持ちの方はすくないです。

    私どもの職人の手にかかれば、新品のように手直しができます。

    桐の和棚は軽くてすごく上品な日本の和家具を代表する品物です。
    この出来栄えを是非ご覧ください。

    和棚は桐箪笥に比べれは小さいのですが、仕上げはやりにくく難し作業になります。

    比較写真をご覧いただければ私どもの技術を感じていただけると思います。

    今このような金具付の房がございません。新しくなって古い房をそのままつけるとすごくそこだけが目立ちすぎるので、

    この様な傷も手直しできます。

     

    この様に穴を埋めまして、房なしで再生させました。
    どこが穴があったかもわからないように埋めることができるのが、
    私どもの技術です。

    この囲まれた部分ははけが入りにくく仕上げが難しいのですがこの様に美しくできる。

    ビフォー アフターをしばしご覧ください。

    和棚本体の側面も

    良く見るとへこみや傷があるのですが、それをすべて手直ししてからとの粉仕上げをするのです。

    和棚の裏側も

    この様に綺麗にします。

    以前以上に美しく仕上げるのが私どものこだわりの桐の洗いです。

    この様に、桐の意匠の紋を透かし彫にしている粋な桐和棚です。

    昔の職人の技術の高さを感じます、この技術を継承しているのが私どもの職人です。

    下の引き戸には引出しが仕込まれていました。

    紋のまわりをにじませない塗装の技術は私どもの職人のこだわりです。

    簡単にみえますが、とても難しい技術なのです。

    こういう特別な技術があるからこそ全国から依頼がございます。

    田中家具製作所の洗い替えの職人の技術を理解してご覧いただきたいです。

    これだけ治せる工房はないと自負しています。

     

    この欠けてる部分も洗った後 生地の時にすべてやり替えします。

    ですからこの様に元通りに治せるのです。

    傷は一度面を張り替えます。この技術も普通の洗いの工房ではできません。

    だから手間暇と時間がかかるのですが、・・・・・・・・
    一部のお客様は見積りの段階でお断りになられます、たいへん残念な事です。
    少しぐらいの費用の差であれば私どもに依頼された方がきちんと治せるのにといつも思いますし残念です。

    桐の事なら是非ご相談して欲しいですね。

    写真は合成写真や編集したお写真ではありません。

    私(社長)が自ら撮って掲載しています。

    洗い替えの事例を掲載するのは、一番手間暇がかかります。

    治す時間(期間)が長く、比較写真の構図を出来るだけ同じにするのが大変な作業です。へたすれば1日かかります。

    この様に比較写真を大きく掲載する工房は日本でも私どもだけだでしょう。
    それだけこの私どもの職人の技術を一般のお客様に分かっていただきたいと言う思いだけです。

    丁寧にきちんと桐を洗えて修理出来る私どもの工房の気概です。
    これもすべて私どもに依頼してくれたお客様が喜んでいただけるようにとの思いがあるからです。

      

    その思いだけで100年あまり続けてきました。
    そしてこの綺麗になった桐の和棚をお客様にお届けさせていただきました。

    出来栄えに、たいへん喜んでいただきました。感謝のお言葉をいただけるのがこのお仕事をさせていただいていて、ほんとうに有難い事です。

    実際に置いていただくとさらにいいですね。以前のあの天板が

    この様に美しくなるのですから。

    このようにお客様のご自宅に置いていただけると和棚の喜んでいるように感じました。

    今回、私どもをお選びいただいてほんとうにありがとうございます。

    たくさんの昔の桐の作品に出会えるのもすごく勉強になります。

    この日本の伝統を大切に守り続けて欲しいです。

    日本の家具の文化は桐のたんすだと信じています。

    これほど優れて考えられた家具は桐だけです。

    再生や手直しが出来て、湿度や気候に順応するのが、唯一 桐だけです。

     

    今は外国製の桐製品を日本製と信じて買ってられるお客様が沢山多すぎて悲しいかぎりです。

    本当の日本の桐を是非 知っていただきたいです。中国の桐とは全く異なります。
    その日本の桐の良さを分かっていただく事はすごく難しくなってきていますが・・・・・・。

    私どもはこれからも精一杯お伝えいたします。
    納品事例をご覧の共感していただけるお客様はどうかSNSで私どものHPをご紹介してくだされば有難いです。

    昔の和棚というよりは、新しくお作りさせていただいた桐の和棚のようでしょう。

    少し洗い替えの事例を掲載する時間がかかってしまいましたが、
    このような品質の良い桐の和棚を大切にされたお客様、ご依頼本当にありがとうございました。

    また1つ日本のいい品物を甦らす事ができました。何十年何百年と受け継いでいって欲しい事を願っています。

  • 2018年のゴールデンウイークの5日子どもの日にご紹介する桐箪笥の洗い替え事例は、昨年2017年9月2日に社長ブログでご紹介させていただいた昔のいい桐たんすの洗い 修理のご依頼をの桐箪笥です。
    その時のブログはこちら

    その桐箪笥の洗い修理が完成して、S様にお届けさせていただきました。
    工房で金具を外す前にこの様な状態でした。

    その桐箪笥は私どものこだわりの桐箪笥の洗い修理でこの様に甦らす事ができました。右 左は逆になっていますがこれほど美しく甦らせるのが私どもだけだと自負しています。

    蒔絵(絵)の入った桐箪笥を丁寧に手直しして甦らす技術は、他の工房では受け継がれてないかもしれませんね。すごくいい蒔絵が施されていました。

    その当時にこの様ないい桐箪笥が作られていたのです、その桐箪笥の修理を私どもに依頼していただけて本当に有難く思います。

    梅と月の蒔絵で、絵のバランスも良くて、2つの扉全体に書かれている蒔絵は
    すごく貴重で手間暇のかけられた蒔絵なのです。

    房付きの金具は開け閉めしにくいので、蒔絵の雰囲気を損なわないように、そして
    これから先に使いやすく開け閉めしやすくするために、ハンドル型の取ってに替えさせていただいています。

    へこみや傷の生地を治してこの様に手直しできるのが私どもの桐箪笥の洗いです。

    作家はわかりませんが・・・・厚みのあるいい蒔絵です。

    この様に繊細な部分も甦らします。一度との粉を塗ってしまってから表面を綺麗に甦らすのには、時間のかかる失敗の許されない作業工程になります。

    この技術は他工房には負けません。職人の技術の違いがあるからです。
    この様に完全に甦らせる工房がないと悲しいでしょう。

    いい桐たんすですね。

    費用は他の工房よりは少し高いかもしれませんが、是非桐たんすの事なら私どもにご相談ください。

    写真では分かりにくいかもしれませんが、何十年もお使いいただいてなかったので、傷や痛みが激しかったです。

    でも私どもの職人の手にかかれば・・・・これだけ手直しできます。
    洗い替えや修理は手間暇がかかり仕事としては儲かる仕事ではないのですが、昔のいい桐箪笥にまた新しい命を吹き込んでその当時の桐たんすがまたこれから先何十年 何百年 とお使いいただける手助けができればと思って、変な正義感だけでやらせていただいています。

    桐たんすの洗いを専門にしている会社ではこれだけの洗い修理をする事は不可能でしょうね。

    私どもは今の時代でもお作り出来るこだわりの桐箪笥を作っている工房だから出来る仕事なのです。

    S様がこの桐箪笥を治してあげたいとの思いがなければ、捨てられる運命であったとおもいます。でもご縁があって私が見に伺ってた時にこの箪笥は私どもで治して欲しいとお願いした桐たんすなんです。処分されるにはとっても惜しい桐箪笥だったので、

    小袖衣裳箪笥の全面外側には、紫檀(色の黒赤い部分)があしらわれています。
    これは最高級の腕の持つ職人が制作した証です。

    何十年と経つとこの様に黒びかりするぐらい汚れます。

    ただその汚れも丁寧に何度も洗い、薄くカンナをかけて削ってあげてなおす事ができるのです。

    この当時とすれば気密性があり、柾目も良く通っている本当にいい桐箪笥です。

    内部もカビがきていましたが、

    何度もあらってカビをとるとこの様に美しくなります。これができるのが桐の箪笥だけです。洋家具にいくらお金をかけても手直しできませんが、桐箪笥は再生できます。

    昔のいいたんすには、固定棚(中棚)や 扉と本体の兆番を埋め込む。両欠き込みの技法がご覧いただけます。これもその当時の技術の高い職人でしか作れなかった技なのです。

    桐箪笥の仕事をさせていただいていたら、その時代の職人の思いや、
    当時の道具(婚礼)に対するご両親さんの思いが伝わってきます。

    このような桐箪笥を助けてあげれる事が出来るのが、嬉しいです。

    この技術をいつまでも残していきたいのですが、安価な洗い業者の存在と、お客様の箪笥に関する思いが変化してきており、職人を育てていく事がどんどん難しくなってきているのが現状です。

    戸と桐たんす本体を埋め込んで金具がつけられているでしょう。これが昔ながらの最高級のこだわりの桐箪笥だけに施された伝統に技法なのです。

    この金具の付け方さえみれば、桐箪笥の良さが判断できると言っても過言ではないと思います。

    引出しの天地丸紫檀巻き七段箪も同じように傷んでいましたが、

    この様に美しく甦らす事ができるのです。写真をみれば簡単に治せそうにおもわれるでしょうが、すごく手間暇と時間をかけないとこのようには治せません。

    桐たんすとは本当に奥の深い良く考えられた日本人の知恵がいっぱい入った収納家具です。

    手直し出来る技術があれば、この様に再生出来ます。

     

    この様な傷んでいる部分も洗った後に職人が生地の時に張替ます。

    そうしないで、そのまま、との粉仕上げをしたらかたが言ってにじんでしまいます。

    1つ1つ丁寧に傷を治していくので、時間と費用がかかります。
    適当に手直しすればいいのでしょうが、私どもの職人はそのような仕事を好みません。

    自分でしか出来ない仕事だからこそ価値があるのです。

    職人はあまりしゃべりませんし、直接お客様と出会う事が少ないです。
    わたしが代わりに代弁したり、その仕事の内容をこの様に紹介しないと、
    この技術を誰にも分かっていただけません。

    手直しをする職人の技術力の差が出来栄えを左右します。
    私は日々その仕事について皆さんにお伝えしたくて、
    この納品事例をアップしています。
    同業者さんも良くご覧になっておられますが、洗いなんて・・適当でも・・・・
    とお考えになられているのでしたら辞めていただきたいと願います。

    これが私ども田中家具製作所の桐たんすの洗い替えなのです。

    今回もご縁をいただいてこの様にいい桐箪笥を甦らせてあげる事ができて大変感謝いたします。綺麗になったので、埃や紫外線から桐たんすを守る為の布(油単)もお作りしていただきましたS様ありがとうございました。

    昔の古い桐箪笥を簡単に処分しないでください。桐のことなら、
    私ども072-443-8835までお気軽にご連絡ください。
    ラインでのお問い合わせもこちらのQRコードを読み取っていただければすぐに登録できます。

     

  • 優しいお客様から「なんとかお母様の思い出の長持ちを使っていただいて家具ができませんか?」と私どもにご相談がございました。

    早速ご実家に伺いお話しをお聞きして、その長持ちを見に行かせていただきました。
    お母様の思い出のある長持ち箪笥をどうにか生かして、欲しいとのご相談です。

    任してください、桐に関しては私どもに出来ない仕事はありません。
    このような優しいお考えのお客様には全力でお答えいたします。

    樅(もみ)の長持ちですが、前板などは薄くて厚みが必要な箪笥本体にやり替える(リメイク)のはむずかしいので、
    天井の綺麗な樅の板を使って桐の前板として使用して2段の引出し箪笥をお作りする事を提案させていただきました。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    昔はみんなこの長持ち箪笥に布団を収納していたんですね。傷や板の反りが合って少し大変な作業になります。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    今では、ほとんど見かけなくなってしまった長持ち箪笥です。
    でも、お客様にとってはたくさんお母様の思い出が詰まっていた長持ち箪笥だったんでしょうね。ただ処分してしまうのは偲びないと思われたので、ご相談いただきました。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    最近では、押入れ収納スペースもなく
    長持ち箪笥を置く場所さえ少し困ってしまいます。捨てるのはもったいないし、、、
    と思っている方も多いでしょうね。

    職人と相談して、一番いい杢目の部分を箪笥の前板に木取りする事にしました。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    やはり杢目が一番で、その長持ちの一番いい部分を使う事が私どもの仕事です。
    古い長持ちもこの様に再び甦らす事が出来るのも、昔の家具ならでわです。

    今の洋家具ではこの様に甦らす事はできません、・・・・・

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    これからどんな風にリメイクされるのか、、すごく楽しみでしょう。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    そしてこの長持ちをお預かりしてから、ついに完成致しました。
    二段の引出し箪笥として製作いたしました。こちらがその桐箪笥です。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    この様にリメイクができました、本当に綺麗に仕上がっています。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    引き出しの前板には長持ちたんすの樅の模様のいい場所を使用しています。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    金具は、唐草の金けしの金具を付けさせていただきました。
    すき間のない職人のこだわりの桐箪笥に甦らす事ができました。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    天板や本体は私どものこだわりの桐材を使わせていただいています。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    小ぶりな箪笥ですがとっても輝いていて存在感があると思いませんか?

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    箪笥がとても、いきいきしたように見えます。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    お母様の思い出の長持ちでお作りした桐箪笥だからでしょうね。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    前板も綺麗に仕上がっているのがご覧いただけます。なかなか樅の材料は仕上げが難しいのです。側面もご覧ください。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    組手の前に樅の材料がご覧いただけるでしょう。
    このように使わなくなってしまった長持ちのたんすもリメイクすれば
    引き出しの桐箪笥として再び甦らせて使うことが出来ます。
    もちろん前板以外は私どもの総桐ですので安心して衣類をなおしていただけます。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    簡単に思われますが、すごく手間暇のかかる作業になりますが、私どもの職人はよくやってくれました。樅は硬くて職人泣かせの材料なのです。
    引き出しの中はこのように美しい光沢の桐材を使用しています。これから何百年も安心して使える桐箪笥に甦らす事ができました。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    引き出しの中も幅の広い良質な桐材がご覧頂けるでしょう。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    写真ではお伝えでませんが、いい桐の香りがするのです。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    きっと亡くなられたお母様も絶対に喜こんでいただけるはずです。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    ものが溢れている時代で、なんでも捨ててしまう断捨離が流行っていますが
    いいものを大切にずっと使用し、使えなくなったものを利用してまた思い出のたんすとしてずっとお使いしていただける事を嬉しく思います。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    そんな技術がこれからも残せていけるように、皆様にお分かりいただけるように今日もこの納品事例でご紹介させていただいています。
    広く沢山の方にそして若い人にもこの想いが伝わればいいなあ、、と思っています。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    ほんとうに素敵な箪笥のご依頼をいただけたお客様の感謝いたします。本当に甦らせてあげる事ができてよかったです。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    この様にお家にあるボロボロのたんすも和家具であれば自分だけの
    タンスに生まれ変らえる事が出来るのも私どもの工房なのです。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    自分だけのこだわりの思い出の詰まったオリジナルのたんすを作ることができます。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    私どもの職人がひとつひとつ手作業でこのように桐たんすを製作していきます。
    伝統の手組で組まれた蟻組もご覧いただけます。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    このように生まれ変わった樅の前板の桐たんすをお作りする事が出来ました。

    初音の家具 長持ちたんすをリメイク

    お母様の大切な思い出の長持ちを使って桐たんすのご依頼をいただきまして、本当にありがとうございました、お客様の優しいお考えに共感できて少しでもお力になれてよかったです。私どももほんとうにありがとうございました。
    これから先まで、何百年も大切に使っていただける事だと思っています。
    このブログをご覧の皆さま、是非 この技術や内容を知っていただけたら幸いです。

標準 特大