納品事例&お客様の声

洗い替え

  • 兵庫県O様からご依頼の思い出のある「お母様の桐たんすの洗い」修理の桐箪笥をお届けさせていただきました。

    ご相談をいただいて、O様のお母様がお住まいになっていたお家で洗い替えのお見積りをさせていただいてから桐たんすを弊社に運んできました。その桐たんすは、傷みが激しくて保存状態はあまりよくなかったのですが、私どもの洗い修理の技術の高い職人なら美しく甦らす事ができます。

    dsc03410

    桐たんすのお医者さんなので、何なりとご相談ください。このような状態でも遠慮せずご相談くださいO様は大変優しいお客様で、思い出のある桐たんすをどうしても綺麗に手直しして欲しいので、「田中家具」さんにお願いしました。と言われたので、職人魂が目覚めますね。

    dsc03423

    丁寧に金具を外し 使える金具はメッキなおしをします。それからお湯で丁寧に何十年という汚れをあらって落とします。そして良く乾かしてから、カンナやノミを使い修繕いたします。
    すごく手間暇のいる作業になります。職人の技術の差が歴然と違うのが、私どもの洗い修理です。

    この桐たんすが

    dsc03410

    私どもの洗い替えでこの様に甦りO様のご自宅にお届けさせていただきました。

    dsc00048

    信じられないような美しさで手直しさせていただきます。これも私どもならでわの洗いです。

     

    dsc03417

    このように傷んでいた戸びらや本体がこれほど綺麗に直せるのです。

    dsc00052

    詳しくは比較スライド動画をご覧ください。またこれから先何十年とお使いいただけます。

    これだけ美しく桐箪笥を洗い修理できるのが、私どもの工房ならではです。
    是非 思い出の桐たんすを綺麗にするなら私どもに、ご相談くださいませ。

     

     

    hatsumazikaonekagu掲載2016

  • 昨年の11月22日の社長ブログでご紹介させていただきました。大阪市のI様からご依頼の
    三つ重ね桐たんすの洗い修理が出来上がったのでお届けさせていただきました。

    お見積りに伺わさせていただいた時はこのような状態の桐箪笥でした。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い前

    80年から90年前の桐たんすです。でもこの様な状態でも絶対に桐たんすは捨ててしまってはいけません。

    その家に代々ある大切な収納家具の桐箪笥は是非私どもの工房で、洗い替えをしてあげてください。必ずご相談ください。

    お見積りをさせていただいて、I様のご了解を得て桐箪笥を後日取りに伺って、あらためて倉庫で洗い前の写真を撮らせていただきました。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い前

    この様な桐たんすが私どもの職人によって丁寧に洗い修理をさせていただきますとこの様な新品と見まごうばかりの桐たんすに甦らす事ができます。これが出来るのも本物の桐たんすだからこそです。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い後

    I様もびっくりされるほど喜んでいただきました。洗い修理する前はこの様な状態から

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 上置き 洗い前

    私どものこだわりの洗い修理によりここまで美しく手直しする事が出来るのです。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 上置き 洗い前後

     

    これだけ丁寧に桐たんすを治(直)せる工房は、田中具製作所だけではないでしょうか!
    桐箪笥の引き戸の爪で出来た引っ掻き傷や戸の割れも、私どもの職人が手直しすれば、

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 引戸金具アップ 洗い前

    この様に直せるのです。洗い前と洗い修理後の拡大写真を良くご覧ください。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 引戸金具アップ 洗い後

    金具や引出しもこの様に綺麗に、なおせるのもすごい技術がいるのですよ。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 引き出し金具アップ 洗い前

    新品同様に桐たんすを洗い修理できます。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 引き出し金具アップ 洗い後

    私どもの職人はすごいでしょう。かっこいいとおもいませんか!
    壊れていた台もこの通り

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 台輪 洗い前

    なにもなかったかのように、元通りに手直し修理をします。これだけ丁寧に治すために、
    費用が少し他社よりかかりますが、絶対にお客様にとっては、お得なはずです。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 下台 洗い前

    上置きの内部の洗い前はこのようでした。背中の樅(もみ)の板も大きく割れていて、全体にバラバラになっていたので、洗い修理を機会に背板をすべて気密性と防虫性と防湿性がある桐に替えさせていただきました。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 上置き内部 洗い前

    このように以前の桐たんすより、一層製品的にも品質が良くなりました。お作りになられた時よりも今の方がもっといい桐たんすに替える事ができます。これも私どもの洗いならではです。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 上置き内部 洗い後

    上置きの左側の内部もご覧のとおりです。簡単に背中を取り替えているようにお伝えしていますが、木釘を外し 金釘も使っている古い桐箪笥は、職人の道具が傷んでしまいます。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 上置き内部 洗い後

    新しい桐箪笥をお作りするために道具の手入れをしているので、洗い修理の箪笥を治す時には、自分の道具を傷めないようすごく気を使いながらの作業をします。

    傷んでがたがたの面や引出しもすべて職人が部分交換を行い入れ木したりしてきちんと治していくのです。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 引き出しアップ 洗い前

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 引き出しアップ 洗い後

    引出しの底板の割れも隙間なくきちんと入れ木をして、気密性を高めてあげるのです。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 引出しの底板入れ木修理 洗い前

    簡単にみえますが、割れの部分に隙間なく入れ木をする技術もその職人の腕の見せ場です。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 引出しの底板入れ木修理 洗い前

    この様に全体が傷だらけの桐箪笥でも時間と手間暇をかけてあげれば、新品同様に直してあげれるのが私ども初音の工房です。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い前

    この様にきちんと手直しが出来ます。職人の作業も根気とやる気のいる作業で、どこまでも手直しするので、時間がかかります。これほど丁寧に直してあげれる工房はないでしょうね。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い後

    桐箪笥の洗い修理を知らない方なら絶対に処分されるような桐箪笥でも

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い前

    私どものような桐箪笥にこだわる工房ならこの様に治せます。
    まさに「桐箪笥の名医」でしょ。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い後

    棚の傷や引出しの傷まで

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 引き出しアップ 洗い前

    すべてこの通りに洗い修理を行います。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 引き戸 洗い前

    数か月前にこんなに傷んでいた思い出の桐たんすが、

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い前

    この様に甦らす事ができました。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い後

    これが、私どもの桐箪笥の洗い修理です。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い後

    I様のお部屋にお届けしてお写真を撮らせていただいて、元の場所に入れさせていただきました。

    大阪市I様 三つ重ね桐たんす 洗い後

    ホントに、「田中家具さんにお願いして良かったと」嬉しそうなお顔でおっしゃっていただけて、この仕事をさせていただいているやりがいを感じます。

    本当は、桐たんすを綺麗に直してくれている職人と一緒にお届けしたいのですが、
    工房でも仕事に追われてなかなか工房から出れません。

    お客様の「ありがとう」の思いを職人に伝えるのも私の仕事です。
    今回もご用命いただきましたI様、誠にありがとうございました。
    これからも、処分されそうな昔の桐箪笥を出来るだけ助けてあげれるように頑張りたいです。

  • 阪南市のY様からご依頼の三つ重ね桐衣装箪笥の洗い修理の桐箪笥をお届け致しました。
    ご自宅にお見積りに行かせいただいた時はこのような状態で使用されていました。

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥

    桐タンスの洗い修理を依頼する業者を探されていたところ、私どものホームページをご覧いただいてお見積り依頼をしていただきました。「ここならきちんと直してくれそう」と思われたそうです。

    引き手の傷もこんな感じでよく傷んでいます。

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の引手

    引出しの取手の部分も昔から良く使っていただけた証があって嬉しく思います。

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の引出し

    お見積りをさせていただいて、後日引き取りに伺いました。数週間後にお預かりさせていただいて、倉庫で洗い修理前の写真を撮らせていただきました。

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の写真

    よく傷んでいます。でもご用命をいただいたので私どもの技術で丁寧な洗い修理を行います。

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の写真2

    傷や打痕も多くて時間がかかりりそうですが、美しくなるでしょう。

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の写真3

    台の側面も壊れています。でも桐の箪笥は日本人が考え抜いて作られた最も優れたたんすで、何十年何百年と経った後でも、再生が出来るようにちゃんと考えて作られているのです。

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の写真4

    今 現在販売されている桐箪笥の多くは、再生が出来ない桐箪笥です。この意味を良く考えて欲しいですね。ほんまもん 本物の桐たんすは再生出来ると言う事です。

    この桐箪笥が3ヶ月後 私どものこだわりの洗い修理でこの様に甦らせる事ができY様にお届けさせていただきました。ご覧ください。この桐タンスが

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の写真

    この様に甦らす事ができました。これが私どもの本物の桐たんすの洗い修理なのです。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の写真

    これだけ傷んでいた引手の傷も

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の引き戸

    この様に信じられないように、美しく手直しするのです。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の引き戸

    どうですかすごい技術でしょう。私どもの職人の技術は本当に素晴らしいと思っています。
    この傷んでいた引出しも

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の引出し

    この様に新品と見まごうばかりに、美しく直します。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の引出し

    この様な拡大した写真を見ていただくと

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の天丸写真

    同じ洗い専門の同業者との差を感じていただけるはずです。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の天丸写真

    洗い替え前の扉の前飾り金具です。昔のいい金具を丁寧に外して、汚れを落として磨きなおして、再メッキを施します。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の前飾り写真

    するとこの様に甦らす事ができます。松と鶴の文様が浮かびあがり甦りました。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の前飾り写真

    戸の中のお盆や扉の裏に付いたカビや汚れも職人が丁寧に手直しします。

    桐たんすの洗い替えまえの三つ重ね桐衣装箪笥の戸びら内部

    この様に美しくなるのです。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の戸びら内部

    この様にかけたりへこんだりして傷んでいた重ねの部分も

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の重ね部分

    これだけ綺麗に手直しします。これが桐たんすにこだわる私どもの洗い替えです。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の重ね部分

    洗い替え前の拡大した写真と

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の戸びら

    この様に洗い修理した後の拡大写真をこれだけ載せる事が出来るのが技の証です。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の戸びら

    写真は嘘をつきません。(今は加工する技術があるらしいですが)

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の上置き

    正直に分かっていただけるように載せています。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の上置き

    引出しもこの通り

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の下台

    あの古い桐箪笥をここまで直せる工房はあまりないと思います。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の下台

    壊れていた台も、私どもの職人で直してあげれば

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の台

    新品同様になります。この技術は私どもが創業以来100年余り積み重ねてきた本物の技術なのです。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の台

    戸の中も美しく綺麗に直させていただきました。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥の戸の中

    この様な古く傷んだ桐たんすも絶対に捨ててはなりません。

    桐たんすの洗い替え前の三つ重ね桐衣装箪笥の中台

    ちゃんとした桐箪笥の専門の工房に洗い修理を依頼されれば、これほど綺麗に手直しが出来るのです。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥

    古い傷んだ箪笥でもこの様に是非 甦らせてあげてください。なたこの先何十年 何百年使える日本の文化的な箪笥なんです。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥と油単

    今回もY様がたいへん喜んでいただきました。せっかく綺麗になった桐箪笥を長くほこりや紫外線から守るために、桐箪笥のグリーンのゆたんを新しくお作りしてくれました。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥と油単2

    桐たんすの新品の納品事例と言っても過言ではないかなと思います。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥と油単3

    桐たんすはこの様に洗い修理が出来て再生が出来る事をもっと沢山の方々(特に若い方)に知っていただきたいです。お婆様やお母様のお使いになられてた桐の箪笥で本当にいい物が沢山ございます。

    桐たんすの洗い替え後の三つ重ね桐衣装箪笥とグリーン油単

    でもそれらが、粗大ごみとして捨てられている現状はなんとも悲しい限りです。
    今回もご依頼いただきましたY様本当にありがとうございました。
    綺麗になって喜んでいただけて本当によかったです。Y様のようなお客様がいらっしゃってこそ私どもの職人を育てていただき、この技術を伝承する事が出来ます。

    ありがとうございます。

    hatsuekoyonekagu2016掲載

  • 大阪狭山市のI様からご依頼された小袖箪笥の洗い修理をさせていただきました。
    お知り合いのご紹介で弊社に依頼されました。お婆さまが婚礼の時にお持ちになられた7段引出しの小袖箪笥です。今でも大変人気のある桐箪笥です。

    洗い前の天丸七段引出し小袖箪笥

    この桐箪笥が私どもの工房の職人によって丁寧に桐の洗い修理をさせていただくとこの様に美しく甦らすことができます。

    洗い後の天丸七段引出し小袖箪笥

    今回、お孫さんに譲るために洗い修理をされました。桐の箪笥はこの様に何代にも受け継ぐ事ができる唯一の家具です。本当に日本独自の物を大切にする文化がここにございます。

    洗い前の天丸七段引出し小袖箪笥引出し拡大写真

    この様な傷や汚れも、本物のこだわりの洗い修理をさせていただくとこんなに綺麗に甦らせます。

    洗い後の天丸七段引出し小袖箪笥引出し拡大写真

    新品の桐箪笥にする事が出来るのも、私どものこだわりの洗い修理です。

    洗い前の天丸七段引出し小袖箪笥引出し金具写真

    以前付いていた金具も丁寧に取り外し汚れを落として、再び再メッキを施します。

    洗い前の天丸七段引出し小袖箪笥引出し紋入り鍵座金具写真

    このような貴重な古い金具を大切に引き継ぐ事が私どもの使命です。粗悪な桐箪笥の洗い修理の業者は、安価な金具に交換してしまいます。その方が簡単で安価で費用がかからないからです。

    洗い後の天丸七段引出し小袖箪笥引出し金具写真

    今回も見事に甦らす事が出来て、大変嬉しく思います。金具のお色はお客様で選んでいただけますが、私どもはこのシブイチ色と言われるお色をおすすめしています。

    洗い後の天丸七段引出し小袖箪笥引出し紋入り鍵座金具写真

    この様に比較出来る拡大写真できっちと出来栄えをご紹介している納品事例は他社ではないと思います。それだけ私どもの桐箪笥に対する想いや愛情を出来栄えの写真で感じて欲しいとです。

    洗い前の天丸七段引出し小袖箪笥斜め拡大写真

    桐の箪笥は古くて汚いからといって絶対に簡単に処分してはいけません。
    昔の箪笥の方が本当にいい仕事をしている桐箪笥が沢山ございます。

    洗い後の天丸七段引出し小袖箪笥

    今の桐箪笥のほうが、貼りあわせてあったり、中国桐を使用したり粗悪な桐箪笥が沢山ありすぎて、この様な洗い修理が出来ない桐箪笥がたくさんございます。

    洗い前の天丸七段引出し小袖箪笥の欠け

    こんなに引出しがかけていてもきちんと元通りに手直し出来るのが私どもの職人です。

    DSC00912

    桐箪笥は昔の日本人が考えた理にかなった収納家具です。

    洗い前の天丸七段引出し小袖箪笥

    今回もI様に「新品同様本当に綺麗になって、田中家具さんで洗いをお願いして本当によかったです。」と大変喜んでいただきました。

    洗い後の天丸七段引出し小袖箪笥

    これだけきちんと直せる工房は日本でも少ないと自負しています。
    最後に新しい紋入りの紺色の美しい油単を新調していただきました。

    天丸七段引出し小袖箪笥の紋入り油単

    油単は紫外線やほこりから桐箪笥を守ってくれます。この様に前側だけめくり上げる事もできます。

    天丸七段引出し小袖箪笥と紋入り油単

    I様ご用命をいただき本当にありがとうございました。お喜びいただいた事はしっかりと私から職人にお伝えいたします。どうぞこれからもご贔屓賜りますよう宜しくお願い申しあげます。

    hatsudeineoosa2016掲載

  • 泉佐野市のA様からのご依頼の桐小袖箪笥の洗い修理が出来上がりお届けさせていただきました。この桐小袖衣装箪笥は今から約80年前のもので、長く蔵で保管されていました。

    以前の社長ブログで紹介させていただきました。時間をいただきましたが、この度洗い修理のご依頼をされましたので、お伺いさせていただいて、3~4ヶ月かけて綺麗にさせていただきました。

    お預かりした時の写真がこのような状態でした。

    P1200351

    丁寧に弊社のこだわりの工房で洗い修理させていただきますとこの様に、甦るのです。
    お届けさせていただいた写真をご覧ください。

    P1220600

    どうでしょうか!こだわりの桐箪笥の洗いは、この様に美しく手直し出来るのです。
    この技術を是非 皆様に知っていただきたくて、今まで続けてきました。
    詳細写真も是非ご覧ください。天丸の角の紫檀材がかけた状態の写真です。

    P1200354

    この様に直せるのです。弊社のこだわり職人の丁寧な仕事をご覧ください。

    P1220607

    壊れていた台輪や汚れも

    P1200355

    この様に美しくします。このような比較出来る拡大写真をご覧いただく事が出来るのも弊社の洗い納品事例の特徴です。

    P1220610

    80年の月日を経て変色して、錆びがきた金具は

    P1200356

    この様に交換いたします。

    P1220612

    開き戸に付いた傷や汚れも

    P1200353

    新品と見間違うほど綺麗に手直しできました。この桐タンスは蔵で保管されていたので、特に状態が良くてこの様に綺麗に仕上げれます。

    P1220607

    内部はカビと埃で汚れていましたが、

    P1200361

    丁寧に洗ってあげて再びとのこ仕上げを施しますと新品同様にできます。

    P1220597

    洗い修理をする工房は沢山ございますが、これほどこだわって時間を掛けて丁寧に手直しできる工房はないと自負いたしております。その分費用は他工房よりは、少しだけ高いでしょうが、お仕事させていただいている私どもからすれば、安価だと思っています。

    P1200364

    内部の引出しもご覧ください。

    P1220593

    古い金具を再メッキしなおすのです。すると新しい発見が・・・・・

    P1220594

    昔の金具職人さんは粋ですね、この様に松の彫を1つ1つに彫っています。

    P1220595

    今では、手に入らない金具です。その金具を大切に甦らす桐タンスの洗いが私どもの洗い修理です。こんないい金具を古いからもう使えないと言って簡単に、今の新しい金具に取り替える工房もございます。その方が手間暇がかからないからです。

    P1220598

    開きの金具やご紋も昔の金具そのままメッキ直しして再度甦らせて取付します。

    P1220599

    ぜったいに古い汚い桐たんすだからと言って、簡単にほかさないでください。
    桐たんすは、私どものような工房なら再びこの様に甦らす事ができます。

    P1200366

    昔の桐箪笥の方が、今の偽物の桐箪笥よりいい品物が沢山ある事を知ってください。
    今の桐箪笥は外見はいいのですが、中身や使用されている材料は中国の偽物の桐材が多く洗い修理も出来ないものが沢山ございます。

    P1220613

    汚れて傷のいってた天板も・・・

    P1200358

    この様に美しく洗い修理できるのが、田中家具製作所のこだわりの桐たんすの洗いです。

    P1220614

    この様にこれから先も何十年とお使い出来る状態に手直しさせていただきました。
    この様な古い桐箪笥を簡単に処分される方がおられますが、捨てる前に私どものような専門店に是非ご相談いただけたら幸いです。

    P1220591

    桐タンスを手直しする技術は、工房によって様々です。私どもは本当にきちんと洗い修理をご希望されるお客様に選んでいただけるように、このホームページを通じて、私どものこだわりの洗い替えの技術を少しでもお伝えできるようにこれからもご紹介させていただきます。

    今回ご依頼していただいたA様も本当に喜んでいただきました。

  • 岸和田市のY様からご依頼のございました。桐たんすの修理 洗い替えが完成してお届けさせていただきました。Y様のご実家の兵庫県のマンションから引き取らせていただいた桐箪笥です。以前に社長ブログでもご紹介させていただきました。

    この洗い前の状態の桐箪笥が・・・・・

    DSC00330

    私どもで洗い修理をさせていただいたら、この様に甦らせてあげることが出来ました。

    桐たんす

    Y様のご主人様のご実家のある奈良県にお届けさせていただきました。

    桐たんす

    Y様のお母様が使っておられた桐たんすですが、戸びらの内側にもカビがきていましたが、

     

    DSC00332

    まったく心配いりません、これだけ美しくさせていただけます。私どもの職人は凄い技術を持っているのです。

    桐たんす

    この通り 美しく手直しできるのが、わたしどものこだわりの洗い替えの技術です。

    桐たんす 桐たんす

    引出しや扉にも長年の傷や汚れが付いていましたが・・・・・・・・

    DSC00334

    このように美しく出来上がりました。

    桐たんす

    傷も汚れも完璧に手直ししています。この技術は私どもでしか出来ない技がございます。

    桐たんす

    戸びらの前飾り金具もこの様に新品に甦らします。

    桐たんす

    細かな細工の鍵座もこのように、美しく甦らします。これが私どもの洗い修理です。

    桐たんす

    ひきだしの金具もこの様に直します。

    桐たんす

    戸びらの兆番の金具も新品同様になおす事ができます。

    桐たんす

    本当に手間暇かけて綺麗に丁寧になおさせていただきました。

    桐たんす

    桐たんすの持っている気密性や防湿性も甦らせていただきました。

    桐たんす

    少しカメラの露出が高くてちゃんとお伝えできているか心配ですが、実物はもっと綺麗になっています。亡きお母様も天国で喜んでいただいていると思います。

    桐のたんすは例えこのような状態になっていたとしても、本物のプロの工房で洗い修理をさせていただくとこの様に美しく再生する事ができるのです。

     

    DSC00330

    ご依頼されたY様の「お母さんの思いでの桐箪笥を綺麗に手直しして欲しい」との思いを叶えてあげれるように、職人一同協力して作業させていただきました。

    後日Y様が奈良のご実家でこの桐箪笥をご覧いただいて、お喜びいただきました。
    本当にありがとうございます。お客様のお礼のお言葉が私どもの仕事の糧になります。

    Y様もご主人様の転勤のご予定があり、岸和田を離れてしまわれ寂しくなりますが。これからも家具の事でなにかございましたら、是非 ご相談していただきますようこれからもどうぞよろしくお願い申しあげます。こどもさんの成長も楽しみですね。

    Y様お世話になりまして、本当にありがとうございました。

  • 和泉市のN様から、この手許箪笥を綺麗にしたいので一度ショールームに持っていかせていただきますと言う事で拝見させていただきました。

    こりゃかなりの痛み方です。でもデザインも粋で、いい金具が付けています。

    桐たんすの洗い前の手許箪笥

    これはこのままにしておくには、もったいないです。桐のプロにお任せください。
    洗い修理のご説明させていただいて、お預かりさせていただきました。4ヶ月かけて丁寧に手直しさせていただいたら、私どもの工房で熟練の職人によって手直しさせていただいたら、このようになります。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥

    どうですか、この技術!これがこだわりの桐たんすの工房の洗い修理です。

    長年使い古した傷や汚れが

    桐たんすの洗い前の手許箪笥の鍵座

    この様に直せるのが、私どもの技術です。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥の鍵座

    昔の腕のいい職人がお作りした金具を、

    桐たんすの洗い前の手許箪笥の引き手金具

    このように再生し、桐の部分も美しく削って傷を治すのです。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥の引き手金具

    この様に傷んでいた桐箪笥が・・・

    桐たんすの洗い前の手許箪笥の戸びら

    凄いでしょう!

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥の戸びら

    戸びらの裏の黒カビも・・・・

    桐たんすの洗い前の手許箪笥の戸びら裏の黒カビ

    わたしどもでは、こんなに美しくなおせます。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥の戸びら裏

    この天板の板が、

    桐たんすの洗い前の手許箪笥の天板

    この様に直します。見事でしょう!

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥の天板

    洗い修理する前の桐側面はこの様なありさまでした。

    桐たんすの洗い前の手許箪笥の側面

    でも私どもで手直しさせていただくと、この通り 新品みたいでしょう。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥の側面

    ボロボロの面や深い傷も丁寧に直します。

    桐たんすの洗い前の手許箪笥の小引出し

    新しい力を与えるのです。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥の小引出し

    初音の桐箪笥の洗いは、他社と違う技術がございます。

    桐たんすの洗い前の手許箪笥の小引出し2

    汚なかったこの桐箪笥がこのように甦らすのが、田中家具製作所の職人です。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥の小引出し2

    小さい箪笥ですが、かなりの時間がかかりました。台輪や棚引出しの深い傷も全く分からないように手直しするのです。

    桐たんすの洗い前の手許箪笥の小引出し戸びら

    今回の比較写真の、拡大写真も良く皆様に分かっていただけると思います。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥の小引出し戸びら

    これだけ拡大して見て頂ける事で他の工房との差があらためてお分かりいただけるでしょう。
    安い洗い替えの価格では、このように綺麗に手直しはできません。

    N様の和泉市のご自宅に納品させていただきました。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥2

    以前の箪笥と比べていただければ、歴然とした差がございます。

    桐たんすの洗い前の手許箪笥2

    すごく驚かれていました。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥3

    感謝のお言葉を頂戴しますと、本当にこの仕事を続けてきた甲斐がございます。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥4

    この記事をとおして、内の職人にもお伝えします。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥5

    また1つの日本の伝統家具を甦らす事ができました。

    桐たんすの洗い修理した後の手許箪笥6

    和泉市のN様のおばあちゃんへの思いを形にする事が出来て本当によかったです。

    桐箪笥の洗い修理した後の手許箪笥7

    またこれから先も何十年 何百年と受け継いでいってほしいと思います。

    桐箪笥の洗い修理した後の手許箪笥8

    日本のいい桐箪笥には、人の思いが伝わります。

    このように美しく綺麗に、再生出来る家具は、唯一桐箪笥だけです。
    本当に昔の日本人が考えた、すごい知恵が沢山詰まったのが桐箪笥なのです。

    和泉市のN様 この度は私どもにご依頼していただき本当にありがとうございました。
    これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 先日の社長ブログでご紹介させていただいた、堺市のM様の桐の間箪笥の洗い修理が完成したので、お届けさせていただきました。

    以前の間箪笥がこの状態でした。

    堺市のM様の桐の間箪笥の洗い修理

    1度他社で洗い修理に出されていたので、修理するのがしにくくてかなりの時間がかかりましたが、なんとか私どもの職人が丁寧に手直しさせていただきました。このようにさせていただきました。

    堺市のM様の桐の間箪笥の洗い修理の完成

    どうですか、少し写真が明るくなっていますがお分かりになれるでしょうか!これが私どもの洗い替えの技術です、他工房より費用は高いでしょうが、それだけ費やす時間や技術が違います。

    堺市のM様の桐の間たんすの洗い修理まえの写真

    この様に洗い修理させていただきました。

    堺市のM様の桐の間箪笥の洗い修理の完成 2

    汚れてカビが発生した内部の洗い替え前のお盆がご覧いただけます。

    堺市のM様の桐の間たんすの洗い修理まえの開き戸 内部

    その内部のお盆が私どもの洗い替えで、このように美しくする事が出来るのが、私どもの工房の技術です。

    堺市のM様の桐の間箪笥の洗い修理のお盆 完成

    この桐たんすの背板は全部 樅(もみ)材が使用されていました、

    堺市のM様の桐の間たんすの洗い修理まえの背板内部

    割れていた部分を以前の粗悪な洗い業者は、裏からガムテープでごまかしています。
    なんともお粗末な仕事です。びっくりしますね職人ではない方が修理したのでしょう。

    堺市のM様の桐の間たんすの洗い修理まえの背板

    その背板をすべて桐に取り替えさせていただきました。するとこの様に綺麗になります。
    これで気密性や防湿性が格段と上がります。

    堺市のM様の桐の間箪笥の洗い修理の背板交換 完成

    なんと上置き内部の夫婦箱(2つの引出し)には、プラスチック製の安物のつまみ金具に交換されているではありませんか、なんという洗い修理でしょうね。驚きました。

    堺市のM様の桐の間たんすの洗い修理まえのつまみ金具 

    今回こちらの落ち着いたつまみ金具に交換させていただきました。

    堺市のM様の桐の間箪笥の洗い修理のつまみ金具交換 完成

    こちらの引出しもこのような状態で、3つ引出しの真ん中はなぜか色が違いました。

    堺市のM様の桐たんすの洗い修理まえ写真 

    この様になおさせていただいています。

    堺市のM様の桐の間たんすの洗い修理 完成

    堺市のM様の桐タンスの洗い修理まえ写真 

    これが私どもの大阪泉州桐箪笥 初音の家具のこだわりの洗い修理なのです。

    堺市のM様の桐タンスの洗い修理 完成

    拡大写真でより一層綺麗に直している事がお分かりになられると思います。

    堺市のM様の桐タンスの洗い修理拡大写真 完成

    桐箪笥の洗い修理でもこのようにこだわりの専門の工房との技術の差をお分かりいただければ幸いです。

    堺市のM様の桐タンスの洗い修理拡大写真引出し 完成

    堺市のM様の桐タンスの洗い修理まえ写真 

    堺市のM様の桐タンスの洗い修理拡大写真お盆 完成

    堺市のM様の桐タンスの洗い修理拡大引出し写真 完成

    M様も大変喜んでいただいて、本当によかったです。100%完璧な洗い修理もできませんが、私どもはその桐箪笥が制作された頃のような桐たんすに出来るだけ甦らせてあげれるように、丁寧にこだわりの洗い修理をさせていただいています。

    言葉では簡単ですが、その作業は手間暇と根気のいる作業になのです。
    時には、新しい桐箪笥を制作する方が時間がかからない場合もございます。

    でも、お客様の願いをかなえる事が出来る技術をこれからも残していけるように頑張らないとなりません。それが、私どものこだわりの桐箪笥の洗い替えです。

  • 高石市のN様からのご依頼の桐五段引出し箪笥の洗い修理をお届けさせていただきました。
    N様がご来館いただきまして、洗いのご相談をお受けさせていただきました。

    ご自宅にお伺いさせていただいて、お見積りをさせていただき、洗い修理をさせて頂く事になりました。その桐箪笥がこちらです。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前

    なぜかグレーのお色をしていて、一度洗い替えに出された桐箪笥かもしれません。
    粗悪な洗いの仕上げを行っているように思います。

    私どもの工房で4ヶ月のお時間をいただいて、丁寧に手直しをさせていただきました。
    完成した桐たんすをお届けさせていただきました。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理後

    どうでしょうか、この出来栄えをご覧ください。いつも桐箪笥の洗い修理の実例をアップさせていただいておりますが、私どもの職人のこだわりは凄いでしょう。

    この様になっていた箇所も

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前

    これだけ綺麗に直せるのです。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理後

    傷付いた引出し金具も・・・・

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前 金具アップ

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前 金具アップ

    少しピントがずれてしまいましたが、おわかりいただけますか?
    上台と下台の間の桐の欠けてる箇所も・・・・・

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前

    全くわからないように、職人が入れ木を施しています。(左の重ねている部分です。)

    桐五段引出し箪笥 洗い修理後

    昔の五三桐の鍵座は、N様の希望で、今回蔦(つた)の鍵座にかえさせていただきました。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前 鍵座アップ

    こちらが新しく替えていただいた、蔦(つた)のご紋の鍵座です。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理後 鍵座アップ

    粗悪な洗い業者さんの仕上げと仕事をされた桐たんすだったんですが、下記の写真のように
    この桐箪笥の前板は桐の無垢で作られていたので、削る事が出来て綺麗に直せました。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前

    昔の桐たんすは本当にいい桐箪笥がたくさんございました。今のお客様はなんでもかんでも古い箪笥を平気でほかして(処分)しまうばちあたりなお客様がおられます。

    今のまがいものの桐たんすの方が、全然価値のない商品です。昔の桐箪笥を大事にして欲しいです。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前

    天板もこの通り、美しく甦らせます。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理後

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前

    これだけ美しく手直しできます。私どもの伝統工芸士の技術の高さをご理解ください。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理後

    洗い替えは、ほんとに少し経験のある者やパートやアルバイトでも簡単なやり方さえ習得すれば出来ます。

    しかし、わたしどものような本物の職人が一人でコツコツ手直しさせていただく洗い修理とは、全く異なる事を是非知ってほしいです。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前

    このような仕事をさせていただけるお客様のご依頼があるからこそ、この技術を残せています。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理後

    こだわって洗える工房が必ず必要であると信じてお仕事させていただいています。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理前

    今回もご依頼いただきました、N様本当にありがとうございました。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理後

    すごく綺麗になったので、喜んでいただきました。追加でこの桐箪笥の油単のご注文もいただきました。

    桐五段引出し箪笥 洗い修理後

    こうして、昔の先代がお使いになられていた桐箪笥を綺麗になおさせていただける事は、大阪泉州桐箪笥の製造元として、本当に有難い事です。

    何十年前のいい桐箪笥を甦らす責任が私どもにございます。ですから絶対に業者選びを間違えると本当にいい桐箪笥も台無しになる事を知っておいてください。

    N様お世話になりましてありがとうございます。心から御礼申しあげます。

     

     

     

  • 堺市のM様からのご依頼の桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い修理をさせていただきました。桐の松山と言う老舗のお店が大阪の堀江の家具通りにございました。

    約20年前に倒産したのですが、本当に素晴らしい桐箪笥を製造販売していたお店です。
    私どももお世話になっていて、弊社の製品も良く買って下さいました。

    日本で1番の桐たんすのお店にすると言う先代の社長の心意気でお付き合いさせていただいておりましたが、2代目さんが輸入家具に力を入れてから経営が傾き店を閉めることになってしまいました。

    その桐の松山の桐箪笥を今回堺市のお住まいのM様からの洗いのご依頼を受けました。
    大切のお使いしていた桐箪笥なのですが、下台に水がかかってしまって、・・・・・

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前

    この様な状態で汚れていました。どこに洗いに出すか悩んでおられたのですが、私どもの納品事例をご覧になりご相談をいただきました。

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前

    工房に持ち帰り私どものこだわりの洗い修理をさせていただきました。M様にお届させていただきました。

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い後

    この汚れが、

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前 引き出しアップ

    このように綺麗にします。

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い後

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前

    小さな傷も綺麗になおします。

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い後

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前

    新品の納品事例にみがまうばかりでしょう。

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い後

    桐の松山の桐箪笥は、さすがにいい仕事をしています。兆番も両欠き込みの桐たんすの伝統技法で作られていて、お盆の間に中棚(固定棚)もご覧いただけます。

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い後

    兆番の両欠き込みのお写真です。

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い後 中アップ

    こんなに汚れていた引出しも

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前 引き出しアップ

    このような傷も

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前 傷アップ

    爪の形やへこみも、

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前 傷アップ

    打痕も、私どもで洗い修理させていただいたら

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前 傷アップ

    この様に美しくなります。どこが傷んでいたのかわからないように手直しします。

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い後 下段アップ

    これぞ、㈱田中家具製作所のこだわりの洗い修理なのです。

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い前

    この桐箪笥のご縁があって、一度私どもで洗ってほしかったんでしょうね。!

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い後 上段アップ

    綺麗になって、桐たんすが喜んでいるように感じます。新品とミマ違い

    桐の松山製の総桐三つ重ね衣装箪笥の洗い後

    こんなに綺麗に手直し出来る家具は、本物の桐たんすだけです。

    昔から日本人が考えた日本の知恵が沢山詰まったたんすが桐たんすなのです。
    日本の伝統の文化をお伝えして、今の方に続けてお買い求めいただけるようにしていくのが、私どもの役目ですね。

    今回 依頼していただきましたM様本当にありがとうございました。これからもいい桐箪笥を大切にお使いください。本物の桐たんすは価値ある日本文化です。

  • 泉南市のW様からのご依頼の三つ重ねの桐衣装箪笥の洗い修理の桐たんすをお届けさせていただきました。6月前にご依頼がございまして、お見積りに伺った時の桐箪笥は下記のお写真です。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前

    この様に置かれていました。かなり傷みも激しくて、手直しするには少しお時間がかかる桐箪笥の洗いのご依頼でした。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前

    どうしても洗い修理をして欲しいとのご依頼で、6ヶ月かけて下記お写真のように綺麗に直させていただいたのが、下記の仕上がり写真です。

    どうですが、こだわりの大阪泉州桐箪笥の初音の洗い修理は・・・美しいでしょう。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後

    この様になおせる工房はなかなかないと思います。この様に傷んでいた引戸も

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 引戸アップ

    この様に直すのです。金具も昔の金具でいい物がたくさんございます。それをまず汚れを丁寧に落として、再メッキ直しをします。簡単に安い新しい金具に取り替える方が手間暇かからないのですが昔のままで洗い替え修理を行うのがこだわりの洗いです。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 引戸アップ

    この様に傷や汚れで傷んでいた上置きの桐箪笥も、

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前

    どうですがこの技術!納品事例の拡大写真を細かに丁寧に載せれるのも私どものホームページの洗いの箪笥の実例の特徴です。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後

    この様に手直しさせていただくのが、私どもの工房の職人です。汚れていた時は気づかなかった金具にもこの様な鶴の絵柄が入ってたんです。昔の職人さんは粋ですね。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 金具アップ

    中置きの開き戸にも汚れや傷がたくさんございました、

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前

    開き戸の定木と言う部材も割れています。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前 破損 アップ

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前

    私どもの職人で丁寧なお仕事をさせていただいたらこのようになるのです。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後 正面アップ

    凄いとおもわれませんか。これが私どものこだわりの桐箪笥の洗い修理なのです。
    他社とりは費用は高くつきます。でもこれほど綺麗になおせる工房はないと思います。
    その費用でも手直しさせていただいている私どもでは、安いと思っています。
    それだけきちんとなおすのには、時間と手間をかけているからなのです。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前 開け戸内部

    新品の桐箪笥をお届けしたような納品事例でもわからないとおもいます。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後 開け戸内部

    壊れていた引出しの鍵座も引出しの痛みも傷も手直しします。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前 引き出し アップ

    どうですが、この仕上がり・・・他の工房には真似の出来ない技術がございます。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後

    今回のご依頼された桐の箪笥は背中(背板)は樅(もみ)材で作られていました。昔の桐箪笥は桐の材料自体が高級で希少価値があったため、この樅材を桐の代替えとして多く使用したのです。でも樅材は硬くて収縮性に劣るためにこのように、割れて隙間ができました。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前 上段 アップ

    今回ご依頼をしていただいた、W様にご説明させていただいたところ、背板を桐で交換させていただく事になりました。これでこのい桐箪笥の気密性や防虫性が格段に上がりました。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後 上段アップ

    背板の板が樅(もみ)材から桐材の変わっているのがご覧いただけるでしょう。

    このように、洗い修理の事例は比較のお写真を比べていただく事でより見やすくお客様に判断していただける材料になりますね。

    上置き内部や引出しにもカビがきていました。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前 カビ

    安心くださいこのように美しく手直しさせていただいております。カビのいやな臭いもいたしません。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後 上段

    開き戸の内部もこのような傷みかたでした。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前 開け戸内部

    でもこんなに綺麗に手直します。新品同様?の出来栄えです。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後 開け戸内部

    この汚れた背板をすべて新しい良質の桐に替えさせていただきました。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前 背板

    取手が壊れていてもなおします。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前 引戸破損アップ

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後 引戸破損アップ

    桐たんすの洗い修理をする業者は沢山ございます。でもこれほどこだわって綺麗に手直しする工房はなかなかないと自負いたしております。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前

    これでまた大切にお使いしていただけます。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後

    W様も本当に喜んでいただきました。その驚かれてるお顔とお礼を言っていただけるお言葉が私どもの励みになります。

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前

    本当にこの技術を残していくためにこれからも精進しなくては、・・・・

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後

    必ず喜んでいただけるお客様のために・・・・・・・

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い前

    そして昔のいい桐箪笥を甦らせてあげるために・・・・・

    初音家具 こだわりの桐箪笥洗い 三つ重ねの桐衣装箪笥 洗い後

    こだわりの洗い修理は、私どもの桐箪笥に対する思いが違うからなのです。私どもは桐が大好きでこれほど素晴らしい材料は世界にないと思っています。 古い傷んだ桐箪笥でも、手間暇かけてきちんとなおさせていただいたらまたこの先何十年何百年と使えるように出来るのが、桐たんすなのです。

    この桐たんすに対する愛情をご理解していただけるお客様がおられる限り続けていかなくてはならない仕事だと思っています。

    昔の桐箪笥を本当に綺麗に直したいお客様は是非ご相談ください。

  • 大阪市のK様から胴丸小袖衣装箪笥の桐洗い修理のご依頼がございました。
    大阪に別の納品が終わってから、K様宅にお伺いさせていただきました。

    すごく品質のいい桐箪笥です。お母様が婚礼の時に持たせていただいた桐箪笥なんですが、
    二階に置いておられたのですが、雨漏りにあって汚れてしまっています。
    これは、残念で、こんなお仕事のいい桐箪笥は是非私どもの工房で直させていただきたく、お見積りさせていただいて、後日ご連絡がございまして、洗いをさせていただきました。

    洗い前のお写真が下の写真です。

    P1220453

    P1220458

    P1220465

    この桐たんすが私どもの工房で約4ヶ月かけて丁寧に手直しさせてお届けさせていただきました。工房で仕上がった写真の方か綺麗に写せているのでご覧ください。

    P1230526

    あの汚れていた桐箪笥が私どもの工房で丁寧な洗いをすれば、新品のようになります。
    これが私どものこだわりの桐たんすの洗い替えです。

    P1220453

    お写真を比較していただければ、私どもの洗いに関しての思いが伝わっていただけると思います。

    P1230525

    P1220465

    P1230540

    P1220462       P1230532

    P1220465

    P1230536

    P1230537

    お届けさせていただいて、お二階に設置させていただきました。

    P1240150  P1240151

    光の関係で少し写真写りが悪いですが実物はもっと綺麗なお色で仕上げさせていただいています。

    P1240156

    P1240164

    P1230553

    昔の桐箪笥が新品同様に生まれかわらす事が出来るのが、私どもの職人の技です。
    この美しさや技術は他社ではなかなか出来ないと思います。

    それだけ桐箪笥に関して熱いこだわりがある工房なのです。
    ご依頼いただきましたK様も本当に喜んでいただきました。
    K様のこの桐箪笥は品物がとっても良くて、本当に目に見えない何かのご縁で私どもにお声をかけていただけたのだろうと思います。

    この様にいい桐箪笥を再び新品のようにさせてあげれる事が嬉しく有難く思っています。
    また末永く大切にお使いいただければ、幸いです。ありがとうございました。

標準 特大