桐箪笥の最高峰、初音の総桐箪笥

初音の桐箪笥 ここにしかない伝統と品質

江戸時代中期、日本で最初に桐たんすが広まった『大阪』。その大阪・泉州の地に、衣装・財産の保管に優れた、桐たんすの一大産地が形作られました。
良質の桐材を用いた大阪泉州桐箪笥は、産地としての生産量は少ないものの、代々受け継がれてきた技により、丹精こめて作られています。
組手の数が多く、重厚さの中にも気品のあるその姿は『桐箪笥の最高峰』とも称されております。

伝統的工芸品証紙&岸和田ブランドマーク

伝統証紙、ブランド認定は、品質の証

大阪泉州桐箪笥は、経済産業大臣より国の『伝統的工芸品』の指定を受けており、また、岸和田市からは、第1号となる「岸和田ブランド」の認定を受けています。
「初音の桐家具」には、伝統証紙と共に製作にあたった伝統工芸士のプレートを打ち、品質の証としております。

過去の更新情報はこちら

標準 特大