職人ブログ

箪笥職人が工房からお届けします

一棹、300メートル!

2014年7月8日 | 工房だより | コメント:0

こんにちは。
初音の桐たんす工房より発信いたします。

 七夕もすぎ、ここ岸和田も梅雨真っ盛り。
この時期は、湿度が非常に高く桐たんす造りも非常に
やりずらい毎日ですが、そこは熟練の桐たんす職人たち
空を見ながら、ボチボチとやっております…。

 

さて、今回の工房だよりは、

一粒、ならぬ

「一棹、300メートル!」

300メートルのなんなのか?

 

答えは、こちら、

紐-1

それぞれの職人の仕事場に必ずあります。

紐-2

使わないときは、こうやって丸めてしまっています。

紐-3

答えは、紐(ひも)です。

大阪泉州桐箪笥、
伝統的な桐たんす造りには、
紐は欠かせません!

特に桐たんすの木地づくり、
面材(化粧面)を張り付けるのに使用します。
紐-8

接着剤をぬって、キュッキュッと紐で接着します。

紐-7

紐-6

この単純な作業にも熟練の技が要求されます。

紐-4

このような大きな面材も張り付けることもできます。

紐-11

見習いの頃、あまりに原始的なやり方に大変驚いたものです。

紐-10

 また、胴丸型の桐たんす天板の オビ という一本物の
面材を
貼りつける場合などは、こんなに巻まきです!

紐-9

美しい!

大阪泉州桐箪笥、伝統の巻き方です。

見習いの頃

「紐の巻き方でその職人の腕がわかる」

と教えられたものです。

あと、衣裳盆を作るときなどにも

ひもを使用します。

image

箪笥一棹を作るのに
いったいどの位、ひもを使うのかざっくり計算したところ
箪笥の構造大きさ、にもよりますが、のべ200から300メートル
の紐を使用します。
「一棹、300メートル!」
ちょっとながなが、としたお話でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

さとふる

ふるさとチョイス

桐箪笥をはじめテーブルや食器棚などあらゆる家具を品揃えしております。

大阪泉州桐箪笥「初音の家具」

お問い合わせはコチラ

ショールーム・本社
【ショールムーム・本社】 〒596-0004
大阪府岸和田市荒木町2-18-5
TEL.072-443-8835
FAX.072-443-8837
定休日:毎週火曜日・第三水曜日

地図を見る

工房
【工 房】 〒596-0002
大阪府岸和田市吉井町1丁目19-8
TEL.072-443-5691
FAX.072-443-5692
定休日:日曜・祝日

地図を見る

アクセスマップはこちら

標準 特大