社長ブログ

桐たんすの社長ブログ 古い桐箪笥の洗い修理 は、本当にお湯で洗わないと綺麗になりません。

2019年4月7日 | 社長ブログ | コメント:0

古い桐箪笥の洗い修理 は、私どものように
このように本当に、洗わないと綺麗になりません。

初音の洗い替えの桐たんす

熱いお湯で何十年のよごれを桐の柾目にあわせて
丁寧にこの様に洗います。
何十年間の箪笥の内部の汚れもすべて洗い流せます。

これが洗いの原点なのに!

初音の洗いの桐たんす

今費用の安い業者は

この大切な最初の洗いの工程すらしません!

洗いの桐たんす

濡れたタオルで吹き上げて、少し汚れをとって終わりです。
洗いの費用が安いところはこうして簡単に請け負います。
その事も皆さんご存知ないのが現実です。

電話では洗いますよと言います)だまされるはずですね。

お客様がもっとお調べして騙されないようにしないと、
いつまでもそのような業者は無くなりませんね。
むしろ、そのような業者に依頼する人が多くて悲しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

さとふる

ふるさとチョイス

標準 特大