社長ブログ

「桐の松山」とも呼ばれた大阪 堀江の松山家具の桐箪笥の洗い(修理)の依頼

2014年7月16日 | 社長ブログ | コメント:0

大阪 堀江に桐箪笥ですごく有名な「松山家具」と言う家具店様がございました。
歴史と伝統のあった大阪で老舗の有名なお店でしたが、約20年前にサポニティーイタリアの輸入家具に手をだして経営がうまくいかずに残念ながら閉店を余儀なくされました。

「桐の松山」とも言われ、本物のこだわりの桐なら松山で購入するというほど有名なお店でした。
関西の桐箪笥ではほんとうに有名なお店でした。「松山の桐箪笥」を買いに遠方からもお客さまがお越しになられた程のお店です。

店の販売員さんも桐箪笥の事を良くわかっておられ、材料や作り方にもすごく精通しており、桐たんすをお作りさせていただく私どもにも難しい注文や依頼がございました。

私どもも先代や 先先代も創業時より松山家具様には、桐お仕事の関係で大変お世話になっておりました。

私も堀江の本社になんどもお伺いさせていただいた事を懐かしく思い浮かべます。

その松山家具の桐たんすをお持ちのお客様からの弊社に桐箪笥の洗い修理のご依頼がございました。長い事湿度のあるお部屋においたままにしてあったそうです。

松山の桐箪笥

なかなか安心できる洗いの工房が見つからないのでそのままにしていたのですが、私どもの桐箪笥をご購入いただいたお客様のご紹介でご依頼がございました。

松山家具の棒通し金具のネームがごらんいただけます。湿気のためにすごく汚れています。

松山の桐箪笥 下台

台から湿気が上がってきておりカビの原因になります。しっかりした桐箪笥なので中のお着物を守っていたのでしょう。他のたんすでは、守る事ができませんね、これが桐箪笥の本当の良さなのです。

松山の桐箪笥 下台のシミ

昔から重宝された桐ならでわの特徴ですね。この他に桐の小袖箪笥もございました。

松山の桐の小袖箪笥

2棹を洗い修理させていただきます。

松山の桐の四尺箪笥

「松山の桐たんすなら、まちがいない」とまで呼ばれた程の桐たんすです。

ほんとにさすが松山の桐箪笥です、よくお作りされています。
材料も国産で、柾目も良く揃っていて組手も手組で本当にいい桐箪笥です。
弊社に洗い替えのご依頼をいただいてよかったです。

このような本物の箪笥は、丁寧に直してあげたいのです。

新品同様に綺麗に致します。是非出来上がりを楽しみにしてください。
このように昔の桐箪笥は、いい品物がたくさんございます。
今の桐箪笥は、・・・・・・・・・ちょっと考えさせられますね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

さとふる

ふるさとチョイス

標準 特大