納品事例&お客様の声

洗い替え

  • K様より依頼がございまして、お婆さんの桐箪笥を見に行かせていただきました。歴史ある古い旧家に置かれていました。価値あるものなのか?そうではないのか?よくご相談をいただきます。
    早速見に伺いました。古くて傷み具合は相当なものです。しかし洗い修理するには、価値のある桐箪笥です。かなり費用はかかりますが、K様がどうしてもちゃんとした工房で手直しして欲しいとの事で、承りました。その桐たんすが下記のたんすです。

    桐箪笥の洗い前の小袖写真

    かなり状態が悪いです。人間でいうと重症の患者さんです。桐の専門家が判断しないと、普通は捨てられる運命の桐たんすです。でもK様の思いが私に伝わったのでなんとかしますね。

    傷も深くてお婆さんが愛用していた痕跡が残されています。棚もへこみや欠けがあって大変な作業です。

    桐箪笥の洗い前の小袖写真の拡大図

    お婆ちゃんが元気な時は、かなりお使いしていただいていたのでしょう。これほど使っていただいていたのだと思うと逆に嬉しくなります。

    P1120367

    天板にも生活感が表れています。ところどころに水の後があります。

    桐箪笥の洗い前の小袖写真の天板

    鍵座には、有馬家割桐の高尚な鍵座が付いています。おばあ様の出所のお家が想像できますね。

    桐箪笥の洗い前の小袖の有馬割桐の鍵座

    引出しを抜かせていただきますと、

    桐箪笥の洗い前の小袖の引出しを抜いた写真

    棚に粋な判子が押してあります。鶴

    桐箪笥の洗い前の小袖の箪笥の判子

    桐箪笥の洗い前の小袖の箪笥の判子 雪

    花と言うように、すべての棚に綺麗な言葉の判子が押しています。この桐箪笥をお作りした工房がいかにオシャレ心を持った工房であったかが想像されます。

    桐箪笥は気密性や防湿性が高い箪笥で手作りでお作りするため、1つ1つの引出しに目印を付けています。その目印が合わないとその場所に引出しが入らないのです。

    これも桐箪笥ならではの、凄い技術なのです。

    桐箪笥の洗い前の小袖の箪笥の判子 花

    この写真は、引出しの底に押されている 鶴の判子です。先ほどの鶴の箇所にこの鶴の引出ししかはめる事ができません。桐箪笥は、凄い箪笥でしょう。

    桐箪笥の洗い前の小袖の箪笥の判子 鶴

    引出しを判子に合わせて入れて工房へ持ち帰らせていただきます。

    桐箪笥の洗い前の小袖の箪笥の斜め写真

    桐箪笥の洗い修理には、3から5ヶ月かかります。丁寧に丁寧になおさせていただくのが、
    私どものこだわりの桐箪笥の洗い替えです。 弊社以上の洗い修理が出来る工房はないと自負しています。職人や私どもの桐箪笥にたいする熱い思いが他社とは違うからなのです。

    桐箪笥の洗い前の小袖の箪笥の正面写真

    この桐箪笥がこのように、甦りました。出来上がって倉庫で納品前の記念写真です。
    信じられないでしょう?同じ桐箪笥なんですよ。新品の小袖箪笥でしょう。

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥の正面写真

    あの深い傷や傷みが信じられないほど丁寧に美しく洗い修理しています。
    鍵座の有馬家割桐も汚れを丁寧に落として再メッキさせていただいています。

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥の拡大写真

    あの修理前には、あまりわからなかった本体の紫檀も美しく手直ししました。

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥の斜め写真

    新品の桐箪笥と言っても過言ではないでしょう。これが大阪泉州桐箪笥 初音の家具の桐箪笥の洗い修理なのです。

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥の斜め写真 2

    背中も側面も綺麗にさせていただきました。棒通し金具は取り替えさせていただいています。

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥の後ろ斜め写真 

    引出し内部の桐の割れにも丁寧に桐の入れ木を施します。(少し白くなっている部分です。)

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥引出し内部写真 

    さすがに弊社の職人は凄いでしょう。言葉で言うのは簡単ですが、なかなか簡単に出来る技術ではないのです。実際の作業は地味な作業で根気のいる仕事なのです。

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥斜め右写真 

    この古い桐箪笥を制作された時のような輝きをもった桐箪笥に戻してあげれる事が私どもの想いなんです。
    修理費用をいただいていますが、ある意味お金じゃないこだわりの思いがここにあるのです。

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥正面写真 2

    私どもに相談いただけなかったら、捨てられていた桐箪笥が、このように綺麗になります。

    昔の日本人の桐の箪笥に対する想い(ずっと何百年使えて大切に出来る)を受け継がなければなりません。またその心がお客様の心の中にさえあれば、このように甦らす事ができます。

    私どもは小さな工房でも、その仕事を出来るこだわりの職人集団の桐箪笥屋でありたいのです。

    K様のマンションにお届けさせていただきました。

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥納品写真

    すごく感動していただき喜ばれて、感謝のお言葉も賜りました。ありがたく思える瞬間です。
    本当は、納品は職人と伺いたいのですが、工房での仕事があるので、私が職人にお客様の感謝の言葉をお伝えしています。

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥納品写真 2

    お部屋に入れていただきますとより一層桐たんすと良さが引き立ちました。

    桐箪笥の洗い修理後の小袖の箪笥納品写真 3

    K様 弊社にご依頼していただきまして、ありがとうございました。
    お陰様でまた昔のいい桐箪笥を甦らす事が出来ました。
    本物の桐箪笥はこの様に洗い修理が出来ます。

    今 本物の桐箪笥が少なくなってきています。手直し出来ないまがいものの桐たんすが堂々と販売されています。消費者の方はもっともっと賢くなって欲しいです。

    中国 上海で作られた桐箪笥が国産表示で販売されていたり、価格の高い桐箪笥であっても中国桐材の無垢や貼りあわせの桐材料が使われてあったり、組手も機械でお作りする時代です。そのような桐箪笥を判断できるようにもっと桐箪笥を勉強して下さい。分からなければその道の専門店に相談ください。桐箪笥の事ならなんなりとご相談くださいね。

    今 洗いのご依頼が沢山ございます。工房からは、納品事例を控えるように言われていますが、この思いをお伝えしたくてまた掲載させていただきました。この匠の技術があるからこそ今まで長く95年続けてこれたのです。

    桐箪笥専門のこだわりの工房の桐たんすの洗い修理の納品事例のご紹介でした。

  • 岡山市M様からご依頼がございまして、兵庫県にあるお婆さんの桐小袖箪笥の洗い修理のご相談をいただきました。

    お婆さんが大切にしていた桐箪笥なので、是非 田中家具さんで直して欲しいと言うご依頼です。
    早速お引き取りに伺いました。右の方を綺麗にされます。すごく価値のあるいい箪笥です。
    これは、是非とも綺麗にしてあげたい桐たんすです。

    桐小袖箪笥の洗い修理

    車の荷台に乗せて、洗う前のお写真を撮らせていただきました。

    桐小袖箪笥の洗い修理 2

     

    P1060508

     

    桐小袖箪笥の洗い修理 3

    工房へ持って帰って、丁寧にお湯で洗い汚れを洗い落とします。薬品どは、一切使用いたしません。何度もあらって、何週間も良く乾かします。それから修理させていただきます。

    するとこの様に綺麗になります。割れている桐の背板に桐の入れ木を施します。

    桐小袖箪笥の洗い修理工房での途中写真

    引出しもこの様に綺麗に仕上げます。この行程もすごく重要で、欠けや傷みのある個所を職人がなおしていくのです。かなり時間のかかるお仕事になります。

    桐小袖箪笥の洗い修理工房での途中写真 2

    下の引出しの色の白い部分は、桐の木を差し換えいます。

    桐小袖箪笥の洗い修理工房での途中写真 3

    新しい桐箪笥の生地に見えるぐらいに綺麗にするのが、初音の桐たんすの洗い替え修理なのです。

    桐小袖箪笥の洗い修理工房での途中写真 4

    割れていた引出しの底板にも、丁寧に入れ木を施します。

    桐小袖箪笥の洗い修理工房での途中写真 5

    少しの欠けの引出し角も丁寧に修理致します。

    桐小袖箪笥の洗い修理工房での途中写真 6

    生地がきれいに、修理を終えると、仕上げるまで時間をおきます。そして伝統工芸士の手により仕上げ塗装を施します。今回は、M様のご希望で、普段でも手垢がつかずに、汚れにくく使いやすいように、天然自然オイル仕上げで仕上げさせていただきました。

    桐小袖箪笥の洗い完成した写真

    横側(側面)もこのように美しくなります。

    桐小袖箪笥の洗い完成した写真 2

    天板も新品のオイル仕上げの桐たんすの様でしょう。

    桐小袖箪笥の洗い完成した写真 3

    まるで、60年前の桐のたんすには絶対に見えません。

    桐小袖箪笥の洗い完成した写真 4

    現在でも十分にお使いいただける人気のサイズとデザインの桐たんすです。

    桐小袖箪笥の洗い完成した写真 5

    写真より実物はもっと落ち着いた仕上がりです。新品同様に出来上がりました。
    この桐たんすも喜んでくれているように感じます。

    桐小袖箪笥の洗い完成した写真 6

    今回もきちんと手直しする事ができました。私どもの職人の技術の高さを証明する事ができました。
    本当にきちんと手直しを希望されるお客様は、古いたんすでも是非ご相談ください。

    桐小袖箪笥の洗い完成した写真 7

    口頭では簡単に表現していますが、洗い替え修理の工程は、なかなか大変な時間と手間がかかる作業です。ネット上で、良く受け付けてられる15万程度の安価な価格の洗い修理では出来ない手間暇をかけた技術がここにあります。

    日本で1社ぐらいこんなこだわりの桐箪笥の会社がある事を知っていただければ、幸いです。

    S様も大変お喜びいただきました。

    桐箪笥専門のこだわりの工房の桐たんすの洗い修理の納品事例のご紹介でした。

     

  • 大阪狭山市のI様からの桐たんす洗い替え 修理のご依頼がございました。
    I様のお婆様がお使いになられておられる桐箪笥です。

    今回、お婆様の桐箪笥を洗い替えして、お孫さんにお譲りされるとの事で、弊社にご連絡がございました。

    御自宅の二階に置かれていましたので、まずは洗いが出来るかどうかの鑑定に伺いました。
    引出しを抜かせていただいて、隅々まで見せていただきましたが、いい桐箪笥をお買い求めなさっておられました。

    P1090660

    この桐たんすは、洗い替え 修理をしても、費用かけても十分に価値ある桐箪笥なので、
    その場で費用のお見積りをさせていただいて、早速持ち帰ってきました。

    桐箪笥の洗い替え修理をする前に、台車にのせて写真を撮らせていただきました。

    P1090662

    P1090665

    良く見れば、所々汚れや傷が沢山ございます。

    P1090666

    昔の金具も良い物が沢山ございます。金具はすべて洗う前に外させていただいて、汚れを丁寧に磨いて、再メッキ塗装を施します。

    P1090667

    この桐の箪笥が弊社の工房で丁寧に洗い替え 修理をさせていただきますと、3ヶ月後には、
    この様にすごく綺麗に仕上がります。

    P1130755

    すばらしいでしょう。見違えるように完成します。
    これが㈱田中家具製作所の初音の桐箪笥の洗い替えです。

    P1130758

    初音の工房では、桐箪笥がお作りした当時以上に美しく甦らす事ができるのです。

    P1130760

    桐箪笥の洗い修理をしている会社は、全国で沢山ございます。
    でもこのような、こだわりの桐箪笥の洗い替え 修理が出来る工房は少ないと自負致しております。

    P1090668

    この鍵座や傷がこの様に、綺麗にする事が出来ます。

    P1130759

    すごく上品な前飾りが付いていましたので、当時のまま時間をかけてメッキ直しをさせていただきました。

    P1130761

    この桐箪笥をお届けさせていただいた時のお客様の反応が気になりますね。

    P1130765

    すごく綺麗に出来上がりました。匠の職人たちに感謝です。

    早速 神戸のお客様のお孫さんのマンションにお届けさせていただきました。
    包み紙を開けさせていただくなり、驚かれ正に新品の桐箪笥のように綺麗になった とお喜びいただきました。

    P1140645

    私のカメラでは限界がございますが、出来栄えを少しでもお伝え出来れば幸いです。

    P1140648

    本当に綺麗にする事が出来て、開き戸の中もこのようになりました。

    P1140657

    お客様のお婆様 お母様 お孫様もびっくりなさっておられました。

    P1140655

    この度、桐箪笥の油単は新しく新調していただいて、この桐箪笥の鍵座と同じご紋の雪輪に撫子の御紋でお作りさせていただきました。

    P1140664

    桐箪笥の油単を掛けて、お写真を撮らせていただきました。

    P1140672

    やはり本物のよい桐の箪笥は、丁寧に手間暇をかけてあげれば、この様に手直し出来ます。

    P1140663

    再度、油単を上げて記念にお写真を撮らせていただきました。
    ほんと、新品ですね。

    P1140674

    お客様も本当に喜んでいただきました。この事を職人にお伝えするのが、社長の務めです。

    お客様からお費用をいただいて、この様に桐箪笥の洗いをさせていただきますが、
    本当にすごくお喜びいただける事は、こだわりの桐箪笥屋であって良かったと思う瞬間です。

    桐箪笥を購入した時のように手直しする事は、その時作ってくれた職人も職人さんも喜んでくれていると思いますね。

    弊社の洗い替えのお費用は、他社に比べてお安くはございません。
    しかし私は決して高くもないと思っています。
    安価では、決してこのような洗い替えは出来ないでしょう。

    丁寧に手間暇かけないとなりません。
    他社との差別化した桐箪笥の洗いをご希望のお客様は是非ご連絡いただければ、幸いです。

    このように、沢山の桐の箪笥の洗い替えを承っておりますが、工房からは、完成事例を出来るだけ載せないように言われています。

    なぜなら全国からの洗い替えのご注文で、工房が忙しいからです。
    でも また今回もホームページで、ご紹介させていただきました。

    工房の制作責任者様、忙しいのにごめんなさい。

     

  • 吹田市のK様から桐手許箱の修理洗いのご依頼がございました。
    見に伺いましたら、かなりひどい状態でした。

    壊れています。

    P1120380

    天板が割れて欠けています。前の面張りもありません。なにか強い力がかかったのでしょう。

    P1120385

    でも品物自体はいい桐の手許箱です。

    P1120381

    全面には、チーク材をあしらったすごくいい品物です。これは、ちゃんと治さなきゃ
    職人魂がゆすぶられました。

    P1120384

    普通のお客様ならもう諦めて、ほかされる(処分される)のでしょうが、

    K様は、弊社に修理依頼の連絡をいただきました。使っておられた方の思い出の品だそうです。

    P1120379

    テープの後もなぜか痛々しい感じが致します。

    P1120383

    でもこの桐の手許箱が、弊社の職人の手にかかれば、この様になるのです。

    P1150210

    どうですかこの仕上がり・・・・感動しませんか?

    あの天板がこの様になるのですよ。割れやテープの後なんて全く消えてしまってます。

    P1150203

    あの桐の手許箱がこの様になりました。信じられますか?

    P1150206

    新品同様でしょう。洗い 修理のした製品とは思わないでしょう。

    P1150207

    これが、私どもの技術力なのです。

    P1150204

    早速 修理 洗いができたので、K様にお届けさせていただきました。
    すごく喜んでいただきました。

    P1150308

    なかなか他社では、これだけ完璧に手直しする事は出来ないと思います。

    P1150309

    この仕事へのこだわりだけが初音の自慢です。

    P1150310

    お客様から費用をいただいて、修理依頼を承りますが、
    お客様が感動していただいて、喜んでいただける事が最も私どもの励みになります。

    この感動がある限り、本物の洗い 修理を追求していこうと思います。

    いい品物は絶対にほかさないで(処分)弊社にご相談ください。
    昔の職人の技術と作品を是非とも甦らせましょう。

     

     

  • 社長ブログの2月4日にご紹介させていただいた。 堺市のT様からのご依頼の洗い修理の桐箪笥がようやく出来上がりました。 最近わざと桐箪笥の洗い替え事例のご紹介を控えておりましたが、久しぶりにご紹介させていただきました。

    5ヶ月をかけて綺麗に洗い修理をさせていただきました。 58年前にお買いになられた桐箪笥が使用された月日によってこの様に汚れてしまってました。T様宅の前でお写真をとらさせていただきました。

    P1120293

    この様に綺麗に丁寧に洗い修理をおこない仕上がりました。

    P1130703

    さすがに弊社の桐箪笥の洗い替えの技術は自ら言うのもおかしいですが、 素晴らしい出来栄えです。 洗い修理前の桐箪笥の上台です。

    P1120296

    この様に仕上がります。との粉の色や艶もごらんいただけます。

    P1130705

    P1120298

    このように綺麗に直すのが弊社の使命なのです。

    P1130743

    P1120303

    P1130721

    この汚れて傷のある桐箪笥が

    P1120300

    このように美しくなります。

    P1130711

    以前の金具も丁寧に取り外して、再度汚れを落としてメッキ直しをします。

    P1120306

    昔の金具は、いい物が沢山ございます。仕事が面倒だからといって、すべて今の簡単な金具に交換してしまう事をしないのが、弊社のこだわりの洗い替えなのです。

    まるで新品の金具のようになります。

    P1130720

    初音の洗い替えは、出来上がりや工程にこだわりの技や技術がございます。 大切な思い出の桐たんすを、「きちんと丁寧に手直しして欲しい」と思われるお客様のご要望にお答えいたします。

    P1130708

    T様もすごく喜んでいただきました。

    洗い修理が完成したこの桐箪笥は、油単を作らせていただいて、娘さんのお住まいの関東方面に私どもから直接お送りさせていただきます。

    桐箪笥の洗い修理されるお店は沢山ございますが、弊社の職人の高い技術を是非感じていただければ幸いです。

  • ホームページをご覧いただいてご依頼がございました、
    神戸市のY様に洗い修理させていただいた桐たんすをお届けさせていただきました。

    神戸市のY様は、以前社長ブログでご紹介させていただきました
    神戸家具のすばらしい洋家具をお使いになられているお客様です。

    一度別の業者様に洗われた桐の箪笥がございました。あまり良心的な業者ではなく、私どもからすれば、ひどい桐たんすの洗いをされておられました。

    拝見させていただきましたが、洗いをお断りしたかったのですが、なんとかお願いされて引き受けさせていただく事にしました。その傷んでいた桐の箪笥です。

    P1080055

    ひどい洗い替えで、20年しか経っていないのに、この汚さです。下地処理があまりにも悪すぎます。

    P1080059

    この程度の仕事で、お金をいただいている方がおかしいです。

    P1080058

    桐たんすが本当に可哀想になりました。このような業者は、ただちに廃業すべきです。
    桐たんすを洗ってなくて、汚れをきちんととらずに、上から簡単に砥粉を塗っただけですね。

    初音の仕上がりをご覧ください。

    P1100037

    新品同様の桐たんすの洗いです。

    P1100040

    これだけ技術が違います。

    P1100041

    同じ桐たんすなんですよ。

    P1080061

    P1100035

    丁寧に洗って、その後きちんと鉋で削り、傷んでる箇所の桐を交換して仕上げます。

    P1080327

    よく乾かしてから、着色致します。

    この様に綺麗になるのです。

    P1100039

    細かな作業がたくさんございます。いかに手間暇をかけているかごらんください。

    P1080328

    着色も三度繰り返して、桐たんすならではの、美しい砥粉仕上げを行います。

    P1100054

    傷んだ台や地板もすべて新しいものと交換致しました。
    簡単に思われますが、職人ならではの、匠の技がいるお仕事です。

    P1080333

    台も美しく仕上がりました。

    P1100056

    工房で大修理した生地のままのY様の桐たんすです。

    これだけ綺麗に汚れや傷をなおすのが、

    初音のこだわりです。

    P1080334

    昔の古い桐の箪笥を甦らせます。

    P1100053

    他社には真似の出来ない技術なんです。

    P1080326

    だから私どもの存在価値があると思っています。

    P1100037

    お客様が本当に喜んでくれる事が一番嬉しいです。

    P1080336

    P1100044

    P1100043

    P1100042

    倉庫で、お写真を撮らせていただきました。その後Y様のマンションに、丁寧にお届けさせていただきました。

    P1100063

    P1100064

    P1100060

    P1100061

    お部屋のお写真は、お撮り出来なかったのでご紹介させていただく事ができませんが、
    本当に喜んでいただき、後日 桐箪笥用の油単も新しくお作りさせていただけるようご注文をいただきました。

    Y様ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

     

  • 朝 晩 爽やかな、秋の風が吹いてきましたね、以前からブロぐでも紹介させていただいておりました、高級な蒔絵入りの和棚の洗い替え修理がようやく完成いたしました。

    ご依頼をいただきました宝塚市のY様にお届けさせていただきました。
    洗い修理に4ヶ月かかりました。

    お預かりさせていただいた和棚は、下記写真の状態でございました。

    古い桐の和棚の修理前写真

    それが、私どもの工房で、丁寧に洗い替え修理をさせていただきまして、下記のように美しくななりました。

    洗い修理の完成した、桐の和棚のお届け写真

    どうですが、この仕上がり!

    修理前のかなり傷んだ、桐の和棚です。

    古い桐の和棚の修理前写真  2

    これだけ美しく修理できるのが、私どもの技術です。

    洗い修理の完成した、桐の和棚のお届け写真 蒔絵部分

     あの和棚がこのように甦るのです。

    古い傷んだ修理前の和棚 写真

    新品同様の出来栄えでしょう。

    洗い修理の完成した、桐の和棚の天板写真

    Y様もびっくりされて、すごく喜んでいただきました。

    古い傷んだ修理前の和棚の天板 写真

    天板の割れや傷も入れ木をして、全くわからなく修理できます。

    工房で修理洗い後着色させていただいた天板写真

    工房での修理途中の写真もごらんください。

    綺麗に手洗いをさせていただき、永年の汚れを落としたあと、よく乾燥させていただいて、
    工房で、丁寧に棚を削った後、割れやはがれに桐を入れ木して手直しします。

    古い桐の和棚の修理途中の写真

    傷んだ箇所を修理するのに、すごく手間暇のかかる作業です。

    古い桐の和棚の修理途中の写真

    天板の丁寧に削りなおしています。

    古い桐の和棚に入れ木の修理途中の写真 2

    中天や引き出しの前も面張りをして、新品のように、入れ木をします。
    素晴らしい昔の蒔絵を大切に残さないといけないので、職人は苦労いたします。

    古い桐の和棚の蒔絵の扉の修理途中の写真

    割れている扉にも、入れ木している部分がごらんいただけると思います。

    工房で、仕上がった和棚の写真です。

    洗い修理の完成した、桐の和棚の工房での写真 

    このようにコツコツ大切に丁寧に手直しするのが、私どもの洗い替え修理のこだわりです。

    洗い修理の完成した、桐の和棚のお届け写真 2

    金具もメッキ直しさせていただいて、その当時の金具をそのまま使用させていただきました。

    洗い修理の完成した、桐の和棚の金具写真 

    凄く お値打ちのある金具です。その当時の職人のこだわりが感じられます。

    洗い修理の完成した、桐の和棚の鍵座写真

    Y様の強いご希望で、お引き受けさせていただいた修理ですが、

    弊社をお選びいただいて、本当に喜んでいただけました。

    お客様から感謝のお言葉をいただいた時、このお仕事をさせていただいている事に、やりがいを感じます。

    これが、初音の㈱田中家具製作所の、

    匠の技の洗い修理です。

    Y様宅は、環境のいいオシャレな高層マンションの一室にございました。
    これからも、どうぞよろしくお願い申しあげます。

    P1080901

    P1080904

  • 快晴の日に、春にお預かりさせていただいておりました、
    堺市のN様に桐たんす(三つ重ね衣装箪笥)の洗い替え修理を、お届けさせていただきました。

    洗い修理に伺った桐たんすの写真は、下記の通りです。

    P1060257

    すごく状態も悪く、一度洗い業者に洗いをかけられていて、大変修理する事がむずかしい状態でした。

    P1060258

    製作されて100年経っている桐の箪笥です、かなり歴史を感じました。

    その桐の箪笥を、私どもの技術により下記のように、綺麗に洗い修理をさせていただきました。

    掛けている部分や傷んでいる板をすべて取り換えさせていただきました。
    P1080872

    100年経った桐箪笥をよみがえらせました。

    すごく綺麗に丁寧に手直しさせていただきました。

    P1080870

    背中の板も、もみの材料から、N様のご希望により、桐の板にお取替えさせていただいました。

    みちがえるほど美しく洗い修理させていただいております。

    引出しや、扉にも深い傷が沢山あり、修理するのに、相当な時間と手間暇がかかりました。

    P1060261

    これだけ美しくなおす事が出来る工房は少ないと自負しております。

    P1080886

    背板の桐の材料も幅の広い国産桐材を使用いたしております。

    この光沢と色艶も、初音のこだわりです。

    P1080896

    これだけ、傷や汚れがあった桐箪笥です。ご依頼された時は、お引き受けする事を躊躇いたしましたが、N様の強い要望で、修理させていただく事にしましたが、・・・・

    普通ならお断りさせていただいている桐の箪笥でした。

    P1060262

    職人泣かせの桐箪笥の修理でした。でも私どもの高い職人の技術により、甦らせました。
    割れている底板にも、桐の木を入れ木させていただいております。

    P1080893

    100年経った桐の箪笥を再び、再生させていただきました。同じ箪笥だと思えないでしょう。

    P1080882

    N様も本当にびっくりされており、すごく感動されておられました。
    職人に対して、感謝のお言葉をいただきました。

    洗い修理を担当した職人に伝えてさせていただきます。

    今回、初音の桐箪笥の技術の高さを実感していただく事ができました。

    元の桐箪笥以上に桐箪笥によみがえらせて、

    あげるのが、
    私どものこだわりの桐箪笥の洗い替え、修理なのです。

    これが、私どもが、長年このお仕事をさせていただいている存在価値なのです。

     

     

     

  • 貝塚市のS様よりご依頼がございました。総桐小袖箪笥を、
    手垢や、取扱いのしやすいオイル仕上げの、小袖箪笥に、洗い替えをさせていただきました。

    取りに伺った時の箪笥の状態です。

    貝塚市のS様の洗い替え前の小袖箪笥
    表面も油単をかけておられなかったので、焼けや変色がひどく、傷もあって、すごく傷んでおりました。

    貝塚市のS様の洗い替え前の小袖箪笥の内部

    内部のお盆や扉や引出しには、カビが発生していて、そのままお使いいただくには、難しい状態です。箪笥自体は丁寧に作られた柾目や桐の材料のいい作品でしたので、当 工房で時間をかけて、丁寧にお直しさせていただきました。

    新品同様のオイル仕上げの総桐小袖箪笥になりました。
    仕上がった小袖箪笥を倉庫で、お写真をとらさせていただきました。

    貝塚市のS様の洗い後のオイル仕上げ小袖箪笥

     

    傷等も入れ木をして、丁寧に手直しさせていただいております。

    貝塚市のS様の洗い後のオイル仕上げ小袖箪笥の内部

     

    内部の汚れやカビを洗い落として、丁寧にカンナをかけて、オイル仕上げの塗装を施しました。

    黒い斑点のカビがよくご覧になれます。

    P1040875

    気密性のある本物の桐の箪笥は、箪笥自体カビますが、中のお着物には、カビがいかないように、調湿をするのです。ですからS様のお着物もカビが付いておられませんでした。

    本物の桐箪笥の良さは、ここにあるのです。

    P1060773

    綺麗になっているでしょう。これから安心して使っていただくように致しております。
    洗う前の背板の汚れもこのような感じでした。

    P1040880

    洗い替えをさせていただきますと、このように綺麗になります。

    P1060780

    小袖箪笥の側面もこのように、汚れていましたが、

    P1040882

    金具も交換させていただき、このように、綺麗に仕上げることができます。

    P1060778

    本日 お届けさせていただいて、S様のマンションのご自宅に、
    このように、置かせていただきました。
    S様も「新しい小袖の桐箪笥を買ったみたい」とおっしゃっていただき、
    本当に、喜んでいただきました。

    P1060785

    また これから何十年とお使いいただけます。
    これぞ、日本の伝統工芸品の桐箪笥ならではです。

    手間や時間、費用もかかりますが、丁寧に桐箪笥の洗いをさせていただくのが、
    私ども、初音の工房のこだわりです。

    P1060787

    オイル仕上げの小袖箪笥なので、砥粉仕上げの桐箪笥とちがい、手垢などに気を使うことなく使用することができますね。

    S様大切にお使いくださいませ、ありがとうございました。

     

     

  • 泉大津のO様の総桐洋服箪笥をオイル仕上げに洗い 替えのご依頼がございまして、
    仕上げさせていただきました。

    総桐箪笥の洋服箪笥です。傷や、汚れがありまして、
    お母さんの形見なので、丁寧に手直しして欲しいとのご依頼です。

    P1000412

    今回は、手垢や汚れに強く、普段遠慮なく使えるように、天然オイル仕上げの、ダークウォールナット色で、仕上げさせていただきました。

    P1000838

    すごく時間がかかりましたが、丁寧に手直しさせていただき、新品同様の洋服箪笥になりました。娘さんも大変喜んでいただきました。

    娘さんのご自宅の箪笥のお部屋に置いていただきました。総桐の洋服箪笥なので、
    お洋服を保存するには、最適です。

    P1000857

    「初音さんお願いして、よかった」とおっしゃっていただいたのは、すごく嬉しいお言葉で、
    励みになりますね。

    ホームページをご覧の皆さま、是非古い桐の箪笥でも、安易に捨てないで、私どもに手直し等のご相談いただければ、本当にいい品物であれば、洗い 替えをお勧めいたします。

  • 本日泉大津市のK様に、洗い替え(修理)の小物桐タンスを、お届けさせていただきました。昨年より洗い修理をさせていただいた桐のたんすです。

    かなり傷んでいたので、お時間がかかりましたが、すごく綺麗に手直しさせていただいております。

    洗い替え前の小物引出し桐箪笥

    洗い替え後の小物引出し桐箪笥

    鍵座金具は、取れている箇所に、小判金具をお付けいたしました。

    取っ手金具もすべて古い金具は、メッキ直しできなかったので、同じようなデザインの金具を
    お選びして、交換させていただきました。

    洗いによってこんなに綺麗になるので、しぶいち色の金具のお色をおすすめさせていただきました。

    P1040832

    再びよみがえらせていただきました。また何十年とご使用していただけますね。

  • 昨年の8月8日の社長ブログに載せさせていただきました。箪笥 修理の記事です。

    今日泉大津市のK様に、お母様がお使いになられていた、
    楢材の間箪笥の修理 洗い替えの箪笥を、いただきに寄せていただきました。修理前の楢の間箪笥

    修理した楢の間箪笥

    かなり使い込まれてて、傷み具合も悪い状態ですが、年末までに、綺麗にお直しします。

    汚れを落とし、パーツの交換、背板桐に替えます。金具もお取り換え致します。

    楽しみにお待ちください。初音の大阪泉州桐タンス工房の職人の腕の見せどころですね。
    この記事の箪笥が、わたしども工房で、手間暇かけて、手直しさせていただいて、

    修理前の楢の間箪笥の背中

    修理して桐材を張った楢の間箪笥の背中

    お預かりさせていただいた時の状態は、すごく傷んでいて、はじめは、洗い修理を、

    お断りさせていただきたいような状態でした、ただK様の強いご要望がございましたので、お受けする事になったのです。

    この箪笥は、桐の箪笥ではなくて、楢材の箪笥です。仕上げは、オイルのウォールナット色のオイル仕上げが最も最良であると判断して、お話しさせてその内容ですすめさせていただく事になりました。

    修理前の楢の間箪笥の内部

    開きのなかのお盆もはずれていて、また扉や引出しもがたついて、開け閉めすら容易でない状態で、金具もない箇所もあり、すごく悪い状態だったので、わたしどもの職人も箪笥の状態をみるなり、少し頭を抱えるくらいでしたが、K様の想いを伝えなんとかするのが、私どもの使命(役割)なので、日にちは、かかりますが、手直し 洗い 修理をさせていただきました。

    背板も板が反り返り、割れもすごくて、このような状態で、ところどころにテープを貼ってお使いになられておられました。最初に金具をすべてはずしますが、
    それが、なかなか錆びついてとれません、職人も悪戦苦闘です。その後、洗ってから、
    本体を良く乾かし、背中(背板)は入れ木をできる状態では、ないので、全部桐材に張り替えをしなければなりません。

    慎重にはずしてから、釘を丁寧に抜いていくのですが、これも大変な作業です。
    割れがきていた扉も桐の材料に交換して、引出しすべての調整や、引戸の調整、
    開け閉めの調整や、盆の作成やお盆を支える太鼓の作成など、大修理です。
    キズを丁寧に入れ木や、削っていく作業の楢材が固くて大変でした。

    最後にオイル塗装をして、金具も新品に交換させていただき完成です。

    工房で、約4ヶ月かかりこのように綺麗になりました。

    あの様な状態の箪笥が、このように、綺麗に修理出来ました。

    修理した楢の間箪笥

    どうですが、この仕上がり、手前味噌ですが、「さすが当工房の技術」です。
    なかなかこんなように、修理 洗い できる工房は、ないとおもいます。
    お日様の日差しが明るくて、少し本来の色が写真で出ていませんが、箪笥が蘇りました。

    修理した楢の間箪笥の内部

    背中もこのように、綺麗に、桐材に交換させていただきました。
    綺麗でしょう。
    下台の真ん中の空間は、この箪笥の場合空いているのです。

    本日、泉大津のK様のご自宅にお届けさせて、いただきました。

    泉大津市のK様ご自宅

    K様は、どのように箪笥が、綺麗になっているのかは、ご存知御座いません。
    泉大津市のK様の箪笥を置くお部屋

    ちゃんと箪笥を置く場所をお二階に、ご用意していただいておりました。

    包装をあけて、設置させていただくたび、「いゃー綺麗になってる」とおっしゃっていただき、
    親戚の方もたくさんおられて、感嘆の声をいただきました。

    泉大津市のK様の箪笥を置くお部屋設置途中

    泉大津市のK様の修理した楢材の間箪笥

    どうですが、この仕上がりは、少し自慢の洗い 修理です。

    泉大津市のK様の修理した楢材の間箪笥2

    綺麗です、こうやってお部屋に置いていただくと、「70年前の箪笥が、本当に喜んでいるように、感じます。」お客様から、感謝のお言葉をいただき、私ども90年以上、箪笥作りをしてきて、よかったなって、思える瞬間です。

    この箪笥の修理をさせていただいた、職人も納品に立ち会って、
    直接お客様よりお礼のお言葉を頂戴いたしました。

    このことで、人と人の縁(つながり)の大切さを、感じさせてくれます。

    泉大津市のK様の修理した楢材の間箪笥の内部

    職人も自分が手間暇かけて、修理した箪笥が、ここでまた何十年もお使いいただく事を、誇りに思い。また、同じような箪笥に対しても、今後も丁寧な仕事をさせていただこうと言う、意識が生まれるとおもいます。昔の職人が作った品物を今の職人が手直しして、よみがえらす。
    凄くいい事ではないでしょうか。

    今回は、泉大津のK様が、お母さんの思い出の箪笥を、是非綺麗に直したいという強い思いがあってこそ、お引き受けさせていただきました。

    母の箪笥が「こんなに、綺麗になって本当によかったです。初音家具さんに頼んでよかった」とおっしゃっていただいた事が、なによりの仕事の励みとなります。

    これからも宜しくお願い申しあげます。

     

     

標準 特大