納品事例&お客様の声

桐箪笥の納品

  • 別注焼桐時代七段引出し箪笥をお届けいたしました。

    お客様の希望のデザインでお作りさせていただきました。

    初音のこだわりの総桐箪笥 焼桐時代箪笥をお届けいたしました。

    重厚な金具をあしらえ、七段引出しでお作りしています。

    綺麗に揃った柾目もすごく細かく美しいです。
    杢目が細かいほど桐材は良い地域で育てられたという証です。

    細かい杢目と気密性の高い隙間のない引き出しは初音の桐箪笥のこだわりです。

    品質の良いこだわりの桐箪笥をこの様にご注文いただけ
    製作させていただける事は、すごく嬉しく想います。

    蟻組の組手は、職人がひとつひとつ、手組で作業を行い
    組んでいきます。

    美しい天板や組手もこの様にご覧いただけます。

    この組手の細かさが大阪泉州桐箪笥の特徴です。

    湿気が多い日には、箪笥本体が湿気を吸収し、中の衣類をお守りいたします。
    天気が悪い日などは、湿気を含むため引き出しがあけにくい事がります。

    昔の日本人の知恵が沢山詰まって作られた桐箪笥なのです。

    すき間のない引出しの仕込みは見事です。

    鍵座にも細かい技術が施されています。

    いつもお客様にお届けさせていただいてお写真を撮らせていただきますが、桐の良さをいつも感じます。

    こだわりをもった、初音の総桐箪笥をお作りしてお届けしています。

    右の引出しをいれれば、左の引出しがスット出ます。

    中は美しい光沢の国産桐材がご覧いただけます。
    素晴らしく美しいでしょう。

    引き出しの底板には幅の広い桐材を使用しています。

    引き出しをあけていただくと、ふわっと香る桐の匂いがすごく落ち着きます。漂白剤などを一切使用していない、
    天然自然乾燥させて雨によくあててあく抜きをした桐材です。

    二年ほどあくぬき作業を行い、やっと桐箪笥に使用できる
    桐材にするのです。

    一人の職人が、一つの桐箪笥を責任を持って製作します。
    ですからこのような気密性が担保されるのです。

    たんすそれぞれには、伝統工芸士のプレートと伝統工芸の証紙が貼られています。初音の証紙も、もちろんホンモノの桐箪笥の証です。

    お客様が大切なものをしまっておくために安心して使用いただける
    桐箪笥です。

    次世代にも受け継がれていく箪笥になっていきます。

    無漂白の良質の桐材が持つ自然の良さをかたくなに追及しています。
    自然なものを活かしているからこそ、香り、艶・手触りが違います。

    ほんまもんの桐箪笥は本当に美しい桐箪笥です。
    この杢目や艶をご覧ください。

    最後にゆたんをおかけいたしました。

    箪笥を使用しないときは、ゆたんを上からかけてこのようにしてください。ほこりやヤケから桐たんすを守ります。

    ご使用の際は、前のゆたんの布を上にあげてください。

    お客様のお蔭でまた初音の桐箪笥を残せることが出来ました。

    別注のご注文をいただきまして、本当にありがとうございました。

    kisaroku2018掲載

  • 滋賀県のF様に初音のこだわりの総桐たんす天地丸七段小袖箪笥袖箪笥をお届けいたしました。

    この桐箪笥は昔からの伝統的な小袖引出し箪笥として何百年も愛されているデザインの桐箪笥です。

    美しい仕上がりのたんすをまた一つお届けすることができました。

    こだわりの私どもの桐箪笥は綺麗な木目が特徴です。

    気密性の高い隙間のない簞笥は、mm単位で調整されています。
    引き出しを開けていただく時も、ゆっくり心を落ち着かせてあけてくださいね。

    気持ちよく引出しが開け閉めできます。
    また和室に置いていただくとより一層絵になります。
    引き出し下の台輪は、下からの湿気からまもってくれる大事な役割をしています。

    初音の家具自慢の美しい光沢のある丁寧な着色のとのこ仕上げがご覧いただけます。

    金具は高級な室町金具をお選びいただきました。

    細かくそろった杢目は、こだわりの材料の証です。
    それぞれの引出しの間にも全くの隙間がないて仕事をご覧ください。

    桐箪笥は一人の職人が最後まで責任もって手掛けます。

    品質の良いこだわりの桐箪笥を、このようにご注文いただけ製作させていただける事をすごく嬉しく思います。出来る限りいい桐箪笥をお作りするためにこだわっているのが初音の桐たんすです。

    初音のこだわりの桐たんすは、安心の国産の桐材(一部北米産)で製作させていただいています。

    室町金具のアップです。
    上品なデザインですが細かいところまでおしゃれな金具です。

    サイドの棒通しの金具には初音の刻印が施されています。

    気密性の高いこの桐たんすで大切な衣類をお守りいたします。

    引き出しの中には、桐たんす製作を担当した伝統工芸士のネームプレートがつけられています。

    引き出しの中からは、桐本来のすごく良い香りがします。この桐の香りをお伝えできないのが残念です・・・・幅の広い杢(中心)のある材料も是非ご覧ください。

    無漂白で、安心な材料をすべてのたんすに使用しています。
    原木から全て選び、1年半から2年の間、屋外で干して雨をあててしっかりアク抜き作業を行います。
    それから桐たんすの材料として使用いたします。

    たんすの引き出しも、蟻組で全て手作業で製作します。
    機械を使わず職人がひとつひとつ組み上げていきます。ですから長年愛用いただいてもがたがたにならずにすいてきません。

    こだわりの材料・技・職人で作り上げている桐箪笥です。
    一つでも欠けてしまうともうお作り出来ません。

    桐たんすは何十年後もまた洗い替えをし、
    綺麗に甦らせる事も可能なたんすですが、ほこりやヤケなどからも守ってくれる”ゆたん”も一緒にご購入いただきました。

    普段使わないときはこのように、ゆたんをかけていただきますと
    ほこりやヤケから守っていただけます。
    使用する時は前をあげていただくと引き出せるようになっています。

    藍色のゆたんに朱房がとてもアクセントになっています。

    初音の桐たんすをお選びいただき、ほんとうにありがとうございました。

     

    この箪笥がF様のお家の想い出の桐たんすになりますように、
    何十年後も大切にしていただけたら幸いです。

    遠方よりお買い上げいただきまして本当にありがとうございました。

    kaozifu@hatusne2018掲載

  • こだわりをお持ちのO様に大阪泉州桐箪笥
    焼桐天丸板目杢五段引出し箪笥をお届けいたしました。

    遠方よりわざわざご来館いただいてお選びいただきました。
    私どものこだわりの桐たんすです。

    大阪泉州桐箪笥 焼桐板目杢五段引出し箪笥

    上の引きだしから5番目のひきだしまで杢目を揃えるのが、私どものこだわりの桐箪笥です。

    大阪泉州桐箪笥 焼桐板目杢五段引出し箪笥

    引出しの高さでこのような杢目をとるのも非常にいい桐材が必要になります。
    だんだんと良質な寒い産地の桐材も少なくなる一方です。

    大阪泉州桐箪笥 焼桐板目杢五段引出し箪笥

    1棹1棹手作りのため、2つと同じ杢目がないのも、工芸品ならでわの味わいでしょう。

    大阪泉州桐箪笥 焼桐板目杢五段引出しタンス

    このような桐箪笥は今後 貴重な桐箪笥になってくると思います。

    天板と側面の桐材の無垢板をしっかりと組み上げています。1枚無垢板の証の組手がご覧いただけます。この手組みの蟻組手の細かさも私どもの特徴の桐箪笥です。

    斜めからも本物の寒い国産材の桐箪笥の良さを感じてください。

    角度をかえて

    初音の焼桐板目杢五段引出しタンス

    正面上から

    大阪泉州桐箪笥 焼桐板目杢五段引出しタンス

    使用している桐の杢目(板目)の良さをご覧ください。

    大阪泉州桐箪笥 初音の焼桐板目杢五段引出しタンス

    伝統工芸士 美光の作品です。桐たんすは生きています、そして呼吸をしてるのです。

    内部の良質な無漂白の天然自然な桐材をご覧ください。
    桐の本来のほのかな心安らぐ香りをお伝え出来ないのが残念です。

    大阪泉州桐箪笥 焼桐板目杢五段引出しタンスの内部

    天然自然乾燥で、屋外で雨にあてて2年間そして屋内で乾かした美しい桐材です。

    大阪泉州桐箪笥 焼桐板目杢五段引出しタンスの引出し

    いい桐箪笥は底板は幅の広い板目の桐材を使用しているのです。
    前板の組手もご覧いただけますが少し見えずらいですね。

    このように、桐材の幅が広く 中心の(もく)の部分を使った桐たんすは最高品質の証なのです。(柾ばかりの桐材と異なります。)

    焼桐板目杢五段引出しタンスの良質な桐材

    この桐材の光沢感と艶は初音の大阪泉州桐箪笥が誇れる品質の証です。
    こだわりの私どもの工房でしか手に入らない桐箪笥です。

    本物だけがもつ桐本来の優しい香りがします。

    焼桐板目杢五段引出しタンスの良質な桐材です

    お着物や衣類等を収納していただくのには、最適な本物の桐たんすです。

    引出しにも1mmの隙間のなく、職人技がご覧いただけます。

    すごく気持ちよく引出が出し入できます。是非この感触を体験していただきたいですね。

    焼桐板目杢五段引出しタンスの良質な板目

    お部屋の湿度が多ければ、湿度を桐材が吸って引出しがおもくなります。

    焼桐板目杢五段引出しタンスの良質な板目

    逆に、湿度の少ないお部屋なら引出しにほんの小さな隙間を桐箪笥自体が作って、
    内部の空気の入れ替えをします。それが本物の桐箪笥なのです。

    こだわった日本の桐たんす作るにはその思いを持った職人魂が必要なのです。

    焼桐板目杢五段引出しタンスの良質な桐箪笥

    最後の最後にこの日本で残るのが、本物の桐箪笥だけだと信じています。

    人気焼桐板目杢五段引出しタンスの良質な桐箪笥

    ずっとご覧いただいていても飽きない優しい収納家具です。

    日本の美学が宿っているのが、桐のたんすです。

    側面の美しい杢目もご覧いただけます。

    手組の技の蟻組の良さをご覧ください。いつまでも丈夫で決して外れない強度がございます。桐無垢材で組み上げられてる箪笥は桐箪笥(本物)だけです。

    これも昔の日本人の知恵と工夫で進化した技なのです。
    手で組むほど丈夫な組手はありません。何年経っても隙間が出来にくいのが手組みです。

    こだわられるO様にお買い上げいただきまして、本当にありがたいです。

    最後に先染めの紺色で、紺房の桐たんすのカバー(油単)を掛けさせていただきました。

    こうすることで、より大切にお使いいただけます。

    何十年、何百年もお使いいただける唯一の収納家具は本物の桐箪笥だけです。
    是非その良さを少しでも知っていただけるように、HPでも納品事例をご紹介させていただきます。
    これからもこだわりのほんまもんの桐箪笥作りに励みます。
    皆様 これからもよろしくお願い申しあげます。

  • 大阪府のN様からご注文いただきました。総桐天丸型衣裳箪笥を滋賀県にお届けさせていただきました。

    総桐天丸型衣裳箪笥は大阪泉州桐箪笥の最も基本的なデザインの衣装箪笥になります。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    お二階の和室のお部屋に置かせていただきました。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    扉の中のお盆がご覧いただけます。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    引出しの桐の柾目の良さや、隙間の無い気密性の高い桐たんすは本物の証です。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    扉を付けている金具(兆番)は戸と本体を職人がノミで丁寧にはめ込んでいる、いい桐箪笥だけが施されている両欠き込みの技によって、しっかりと取付されています。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    このように、本体と戸びらの両方を落とし込んで金具を埋めることにより、何百年も狂わないように使える事ができる桐箪笥独自の技なのです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    内部の透明感のある日本産の良質な桐の杢目がご覧いただけます。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    私どもの品質の証の証紙もご覧いただけます。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    背板の桐材も美しい杢目を使用いたしております

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    引き手金具や私どもの美しい柾目の桐箪笥です。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    艶のある美しい赤味のあるとの粉仕上げは関西の桐たんすならでわの仕上げです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    左側の内部の棚は背の高いものも収納いただけるように稼働式で取り外してお使いいただけるようにしています。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    菊唐草の前飾り金具も上品で美しい金具です。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    下の銀色の座と金銀房の組み合わせも大変美しくてお勧めです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    この光沢のある上質な艶と杢目もご覧ください、蝋引きさせていただいていますが、その仕上げにも伝統工芸士の技術の高さがご覧いただけます。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    1mmの隙間のない、気密性のある、本物の桐箪笥はこの様に美しいのです。
    光に映えて桐本来の良さを感じていただけます。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。  

    お着物だけではなくなんでも大切な物はすべて桐箪笥に収納ください。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    引出し内部の底板もこの様に美しいいい香りのする日本の桐材で丁寧に組み上げてお作りしています。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    伝統工芸品でもこだわりの私どもでしかお作りできない桐箪笥です。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    細かな蟻組手も職人が手間暇かけて組み上げています。どうかこのホームページをご覧の皆さまにこの桐たんすに対する熱い想いが伝われば有難いと思っています。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    こだわりを持った桐箪笥を本当にお作り出来る工房はそうありません。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    この平成30年の時代でもまだこれだけ日本の桐にこだわった桐箪笥をお作りしている工房がある事を是非分かっていただきたいですね。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    桐たんすの昔からある基本的なデザインの衣裳箪笥です。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    安心して何百年のお使いいただけるのが私どものい桐たんすです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    桐たんすはお作りしている工房によって、全く品質が異なるのです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    先染めのブルの朱房付きの油単もご注文いただきました。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    埃や紫外線から桐箪笥を守ってくれます。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    このように私どものこだわりの大阪泉州桐箪笥 初音の桐箪笥をお買い上げいただいて本当にありがとうございます。
    そして私ども職人を育てていただいてありがとうございます。

  • 今回も弊社のこだわりの桐たんすをお作りする事ができました。
    ほんとうにありがとうございます。

    盆6杯と引き出し三段の天地丸別注小袖衣裳箪笥をご注文していただきました。

    との粉仕上げのとても美しい仕上がりでしょう。
    関東からのこだわりのお客様からの依頼でお作りさせていただいた逸品です。

    関東へ送るので、倉庫で検品をしてから梱包させていただいてお届けさせていただきます。
    私どもの桐箪笥は職人が全て手作業で行い、伝統技法の蟻組で組み上げていきます。
    少し製作には時間がかかりますが、本物の日本の桐箪笥です。

    前飾り金具もしだれ藤の花の高級前飾りをお選びいただきました。

    美しい金具で、細かいところまでこだわったものになっています。

    隙間のない気密性に優れた引き出しは、中の湿度を保ち衣類をお守りする証となっています。こだわりの大阪泉州桐箪笥の初音の職人の技を感じていただけると思います。

    引出しの柾目も厳選した桐材を選んでお作りさせていただきました。
    引き出しの金具も、取っ手と揃いの高級感漂う藤金具です。

    桐箪笥の側面の重ねの部分の棒通し金具には、初音の桐箪笥の証である鶯のブランドマークと刻印をあしらえています。

    天地丸の前板も従来の桐板の厚みより重厚な厚みの材料でお作りさせていただいています。これから先にもお作りする事が難しくなる桐箪笥です。

    小ぶりなデザインですが収納性はすごくあります。
    お客様のご要望で、開きの部分にはお盆を六杯入れさせてお作りさせていただきました。

    おぼんにも丸みをつけた、高級感と気品あふれる作り出しのデザインで仕上げています。

    もちろんお盆の底板も幅の広い良質な国内産の桐材を使用しています。
    この光沢感と艶は私どもの桐箪笥ならでわです。

    桐箪笥には、工芸士のネームプレート、伝統的工芸品の証紙、初音の証紙を貼らせていただいています。

    伝統工芸士 敏光の作品になっています。引出しの底板の幅の広い良質な桐材をご覧ください。

    香りのいい桐本来の美しい手触りも特徴です。私どものこだわりの桐材を伝統的な技法で職人がひとつひとつ丁寧に桐箪笥を作り上げていきます。

    この手組も簡単にみえますが、桐箪笥ならでわの職人が手造りで作り上げた桐たんすです。

    この私どもの大阪泉州桐箪笥 田中家具製作所の美しい桐箪笥を是非
    ショールームでご覧いいただきたいと願っています。

    今回 関東からわざわざ大阪にお越しいただいて、私どもの大阪泉州桐箪笥に共感していただいてこのような桐箪笥を作らせていただきまして、本当にありがとうございました。職人一同喜んでいます。
    桐たんすはどこでも同じだと思われているでしょうが、お作りする工房によって全く違うのです。
    ですからその事を見極めれる目を是非持っていただきたいのです。
    詳しくお教えさせていただきたいのですが・・・・私どもの桐たんすやわたしどもの社長ブログを良く読んでいただければなんとなくお分かりになられると思います。
    今回お世話になりまして、本当にありがとうございました。これからも大切にお使いいただけたらと願っています。

  • 大阪泉州桐箪笥 別注焼桐時代七段柾目たんすを納品させていただきました。
    K様からのご注文でお作りさせていただきました。

    ご覧ください。焼桐の柾目板の杢目の桐箪笥です。

    K様の洋室のお部屋に置いていただきましたが、伝統工芸品は和のテイストとおもわれがちですが、このような洋室でも映えます。

    空気の逃げがなく少し重たいぐらいにゆっくりと開け閉め出来る引出しです。

    内部にも国産の良質な桐材を使用して、桐のほのかな香りがいい桐箪笥です。

    このように透き通る木肌と幅の広い板目が入った桐材料をご覧ください。

    桐たんすでもなかなかこのような材料を使用している工房はどんどん無くなってきています。

    小さな引出しも出し入れの調子がよく左側を押し込めば、右側の引出しがすっとでてきます。

    左 右がスムーズに交互に動くのもいい桐たんすの特徴です。

    最高級の桐材を使用させていただいています。

    桐の匠 の朋光の制作の証と伝統工芸品の証紙がご覧いただけます。

    本当にいい桐箪笥をお作りする事ができました。

    今 たんすは要らない要らないとよく言われますが、この様にこだわりの桐たんすだけが欲しいと言われるお客様がいらっしゃるのです。

    そしてこのタンスは使い込むほど味が出てきて、なた何十年や、何百年先でも手直しできて、洗い修理して長く使えるのが本物の桐たんすなのです。

    重厚な金具もご覧ください。

    気密性のある職人技が冴える桐箪笥です。

    本当にいい桐箪笥のご注文ありがとうございました。

    焼桐の柾目杢も上品でいいでしょう。

    側面の桐の無垢板も寒い産地の良い桐材を使用させていただいています。

    天板と側面の無垢の桐材の蟻組手の接合部分も良くご覧いただけます。

    なかなかお作りするのに時間と手間暇がかかります。

    コンセントやスイッチも桐箪笥に合わせたかのように配置されていますね。

    使い勝手のよい焼桐たんすです。着物以外でも普段使いでもお使いしていただけます。

    最後にグリーンの無地の先染めのゆたんをかけさせていただきました。

    お使いいただく時はこの様に前側の油単を天板の上に上げていただきます。

    私どもはお客様からの要望をお聞きしてどのような別注も出来ます。
    価格も別注であっても高くはなりません。

    本物の桐箪笥が欲しい方は、是非私どものショールームにお越しくださいね。
    なにが違うのかをご説明させていただきます。

    油単は普段はこのようにしていただいて、埃や紫外線から桐箪笥を守ってくれます。

    壁のクロスとも良く似合っててほんとうに、美しかったです。

    K様ご依頼本当にありがとうございました。これからも大切にご使用していただけることと思います。この度はお世話になりまして、本当にありがとうございました。

  • 今日ご紹介する桐たんすは、初音の大阪泉州桐箪笥の
    オリジナル総桐胴丸小袖衣装箪笥をお届けいたしました。

    正式には胴丸小袖室町衣裳箪笥といいます。
    こだわりのお客様からのご注文でお作りさせていただきました。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    桐箪笥の両側の胴体の角が丸くなっているのが胴丸という形です。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    上下には紫檀巻であしらえています。
    紫檀を使うたんすは、弊社でもわずかな職人だけです。
    紫檀材はすごく硬くカンナも桐材とは違うカンナを使用するからです。
    桐たんすで、このような紫檀材が使われている桐箪笥は最も高品質な桐箪笥になります。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    加工が難しくて、紫檀を扱えたら一流の桐たんす職人です。
    ピタリと隙間なく箪笥や扉が作られているのがご覧いただけます。
    この隙間のないたんすが気密性を保ち中の衣類を守ってくれるのです。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    桐箪笥は、防虫作用もある収納家具です。。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    美しい天板もご覧いただけます。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    桐材そのものを活かしたとの粉仕上げが、桐箪笥の価値をより一層高めます。
    この美しさ、光沢は他ではなかなか出せません。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    引き出し三段でオリジナル製作いたしました。
    お客様のご希望に合わせて、引き出しの数なども変更していただけます。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    小振りな桐箪笥ですが、職人のこだわりがたくさん詰まったいい桐箪笥なのです。
    扉はいい桐箪笥だけが伝承している職人技の両欠きこみ技法でつけています。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    扉を開けると、扉と本体と両方にしっかりかきこんで付けてあるのが
    桐たんす職人がお作りした手作りの桐箪笥の作り方です。

    金具は室町の前飾り金具をつけています。
    シンプルですがすごく華やかなデザインになっています。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    上品なとの粉仕上げのたんすと銀の座と金色がすごく似合っています。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    細かなデザインも

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    引き出しの金具も揃えの室町金具をお選びいただきました。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    美しく揃った田中家具製作所自慢の桐の杢目も良くご覧いただけます。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    紫檀材の角にも隅飾り金具があしらわれています。

    胴丸型の美しいカーブもすごく技術がいります。
    胴丸型のデザインは、大阪泉州桐箪笥が発祥とされています。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    お盆の数も特別に、五杯で製作させていただいています。
    最高品質の壷盆と言うデザインの丸く削りだしたお盆でお作りしています。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    お盆の三段目の下の棚板は、中棚といいます。ほんまもんの桐たんすは必ずこの中棚がございます。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    お盆を支えるタイコも分厚い桐板を丁寧に削りこんでいます。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    この様に手の込んた作りの桐たんすです。
    お客さまの色んなご希望で桐たんすをお作りすることができます。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    すごく桐本来のいい桐の香りがする桐たんすです。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    お盆の一つ一つに、上ばにこの様に紫檀(お盆の上)をあしらっています。
    最高級品の証です。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    ご覧ください。お盆の桐材は厳選した美しい桐材を使用しています。
    田中家具製作所のこだわりの桐材そのものの美しさがご覧いただけます。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    桐が本来持っている美しさをこのように十分に引き立たせてあげるのが
    桐箪笥職人の仕事ともいえます。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    丸みのあるお盆は分厚い桐板を組んでそれを削りあげてこの様な壷のような形に作っていきます。すごく手間暇と職人技が必要になります。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    材料・職人・技 全てが揃わないと初音の桐箪笥は製作できません。
    こだわりを追及した総桐箪笥となっています。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    引き出し内部にも幅の広い良質な桐材のみを厳選して使用しています。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    安全で安心してお着物をお納めください。この桐箪笥なら何百年と保管できます。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    桐本来の光沢と艶がご覧いただけます。この桐材にするのには月日と手間暇が必要なのです。材料を良さを生かした職人の技が冴えます。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    伝統工芸士 敏光の作品です。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    初音の桐箪笥はひとつひとつを一人の職人が手作業で作ります。
    世界に一つだけの桐箪笥になります。

    胴丸小袖室町衣裳箪笥

    素敵な桐箪笥をお届けする事ができました。
    弊社の箪笥をお選びいただき本当にありがとうございました。
    このような桐箪笥はいつまでお作りできるかわかりませんが、
    出来る限り続けていきたく願っています。

    何十年か先には手に入らない作品となっていくと思います。
    ご注文いただきました。N様本当にありがとうございました。

     

  • 大阪府のT様のお買い上げの総桐天地丸二つ重ね仙徳衣裳箪笥をお届けいたしました。

    少しだけ小さな桐箪笥で今人気のあるデザインです。
    T様の洋室のお部屋に置かせていただきました。

    桐タンスの金具は、T様のご要望で、仙徳金具をお付けさせていただきました。
    兆番と桐たんす本体も両欠き込みの技法で取り付けさせていただいています。

    天板も側板も桐の無垢材を手組みての蟻組で組み立てています。
    扉と本体にも隙間がない丁寧な職人仕事が施された伝統工芸品の桐たんすです。

    引出しは長い引出しが2段で、鍵付きにさせていただきました。

    扉の柾目の桐も厳選した桐材を使用させていただいています。

    前飾りも落ち着いた仙徳金具で、上品さと伝統のデザインが特徴の金具です。

    引出しの金具も同じデザインの仙徳金具でお作りさせていただきました。

    私どもの職人は時間をかけて丁寧な仕事をさせていただいています。
    桐たんすの気密性にこだわり、1つ1つ今出来るいい桐タンスを後世に残すための努力をしています。

    1mmの隙間のなく桐の良さを感じていただける仕事です。

    扉の内部はこのように、お盆が4杯と上部は小物入れと夫箱になっいます。

    伝統工芸品の証である、証紙と伝統工芸士の良光がお作りさせていただきました。

    手作りの桐箪笥なので、決して100%完璧なタンスは作れません、完璧に作るための努力はおしみませんが・・・・

    桐タンスの背板の材料もごらんください。幅の広い美しい桐材を使用させていただいています。私どもの天然自然乾燥させた桐材の特徴です。

    いい桐の自然な香りがするので、心がやすらぎます。

    お盆とお盆の間には、固定棚の中棚がご覧いただけます。
    この中棚は本当の手作りの職人が作った桐タンスの証です。

    ブル(紺色)の無地の油単をかけさせていただきました。

    こうしてお使いいただくと、いつまでも紫外線やほこりから桐箪笥を守ってくれます。

    この様に全面の油単を天板にあげれば桐たんすの開け閉めができます。

    この度は私どもの桐たんすの良さをご理解いただきました、ご注文いただきましてたT様本当にありがとうございました。

    これからも沢山お作りする事はできませんが、本当の日本の桐箪笥が欲しいと言われるお客様のために頑張っていきます。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。応援ありがとうございました。

  • 本日2018年の節分にご紹介する桐箪笥は、
    大阪府S様の別注天丸四段衣装箪笥の桐たんすです。
    こだわりのお客様で、私どもを探してください、ご注文をいただきました。

    色んな桐たんすを見られたのですが、その中で私どもの作り方に共感していただけて依頼されました。そしてご注文の通り作らせていただいたのが、この桐箪笥です。

    本物の桐箪笥の良さを是非ごらんください。

    コンパクトな幅に高さも抑えた上品な桐箪笥をご希望されました。
    展示の商品に引出しを1杯多めに付けさせていただいて、4段引出しでお作りさせていただきました。

    金具も高級金具の層雲をお選びしていただきましたが、残念ながらもうこの金具を作れる職人がいないために最後の納品事例になります。

    落ち着いた品のある金具なのですが、どんどんと高級金具は需要が減ってきて、
    金具職人も生活できないのが現状です。

    細かな柾目の桐を厳選してお作りさせていただいています。
    すき間のない職人のこだわりの仕事を感じていただける桐たんすです。

    美しい光沢と艶のある、私どものとの粉仕上げの桐箪笥を是非感じていただければ幸いです。

    桐たんすと言えばたくさんあるように思われますが、手造りのこだわった桐箪笥はそうありません。

    他の工房とは差別化した作品を作る事が私どものこだわりの桐たんすです。
    内部も丁寧にお作りさせていただきました。

    美しい日本の桐はかけがえのない材料です。

    この肌触りとほのかな香りは、写真では伝わりにくく残念です。
    是非 ほんまもんの桐の良さに触れていただいたいですね。

    いつまでこの様な桐箪笥をお作りできるかわかりませんが、支持していただけるお客様がいる限り残しいきたいです。

    このような桐材で、作られた桐たんすはそうないと思います。
    それだけ大阪泉州桐箪笥の初音の家具の桐たんすは最高峰の桐たんす作りを目指しいます。

    呼び方は同じ桐たんすでも、品質に関して大きな違いがある事を是非
    知っていただきたいですね。

    引出しのまわりにも隙間が一切なく、少し重く感じる引出しですが、桐たんすの良さを感じていただけます。

    桐たんすの柾目もとってもいい、世の中に1つしかないのが桐箪笥の良さです。

    本当に美しい丁寧な仕事で作る事が出来るのも私どもの職人のお蔭です。

    気密性 防虫性 防湿性に優れた桐たんすは大阪泉州桐箪笥です。

    綺麗な桐たんすです。

    引出しの桐の柾目の美しさを是非 ご覧ください。

    伝統工芸士の良光がお作りさせていただきました。

    職人は一生でそれだけたくさんの桐たんすを作る事はできません。
    その中で自分が生きた仕事を残せていく事ができるのが、桐たんす職人なのです。

    桐箪は価格が高いとかと言われますが、お作りさせていただいている私どもからすれば本物の桐たんは、価格が安すぎるほど手間暇がかかります。

    これだけの材や職人技にこだわった手間暇のかかった桐たんすを残すには苦労いたします。

    桐箪は地震にも強く、扉や引出しが簡単に開かないので、転倒しにくいのです。
    地震ですぐに転倒するのが、和家具(桐)でなく、洋タンスなのです。

    この様に幅の広い美しい桐材もいつまで日本でとれるのか、本当に危機感がございます。粘り強く割れに強い日本の桐は希少価値があるのですが、皆さんが知りません
    本当に残念な事です。このような国産の桐材料を使用せずに中国桐を使用すれば儲かるのですが・・・・・・それが田中家具製作所なのです。

    丁寧の組み上げた職人の組手をご覧ください。桐たんすは1つの工芸品だと言う訳がお分かりになると思います。

    桐たんすでも日本の工房で、簡単に中国桐でつくられて、機械で組まれた桐たんすが沢山ある中で価格競争にまきこまれて、このようなこだわった本物の桐たんすがなくなってきます。

    とても悲しい事ですが、そのような桐たんすでない本物の桐たんすが欲しいお客様に応援していただいてなんとかこの技術を伝承していますが・・・・

    これから先、ますます難しくなってくると感じています。

    最後に油単をかけさせていただきました。

    何百年と受け継がれる桐たんすをお作りさせていただいて本当にありがとうございます。

    S様のようなお客様の巡りあえて、励ましのお言葉をいただいて本当にありがとうございました。S様からまた元気をいただきました。
    なんとか出来る限りこのような桐たんすを残していけるよう頑張っていけるだけやります。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 大阪府のD様へ大阪泉州桐箪笥 人気の天丸焼桐四段引き出し箪笥をお届けいたしました。
    お客様のお二階の洋室に置いていただきました。

    焼桐の板目の杢が美しい小振りな桐たんすです。

    しっかりした桐箪笥で安心して衣類を守れる桐たんすが欲しくて弊社をお選びしていただきました。

    昔ながらの作り方で、丁寧に作られた桐たんすをお探しになられていました。
    この様にすべて桐の無垢板を使用して、職人が手組みてで、お作りしたほんまもんの桐たんすです。焼桐は取扱いがとの粉仕上げより楽で、汚れが付きにくいのが特徴です。

    杢目の板目がよく揃っているでしょう!
    これだけ綺麗に杢目を揃えるのは本当は難しいのです。

    わたしどもの桐たんすは1つ1つこだわってお作りしています。ネットで売られている同じような桐箪笥と呼ばれている商品とは、全く違う別物です。

    気候の寒い細かな国産の桐材の良さをご覧いただけます。

    金具は唐草の二重座の引出し金具をお付けしています。

    引出しと引出しの間隔にも隙間などがないことがご覧いただけると思います。

    これだけ しっかり職人が組み上げて鉋で丁寧に引出しを仕込んでいるからこそ出来る技です。

    今 この様な小さくても本物の桐たんすが欲しいと言われるお客様から沢山のご相談をいただきます。

    日本の風土や気候に適応して、着物や衣類を本当に守れるのは、ほんまもんの桐たんすだけなのです。

    そのほんまもんの桐箪笥は年々作ることが難しくなってきています。
    桐のいい材料も少なくなってきますし、作り手の職人も少なくなってきます。

    この時代に桐たんすの職人を育てる事は本当に難しくなりつつあります。

    いつまでいい桐箪笥をお作りできるかわかりませんが、大量生産されている桐箪笥では絶対に出来ない、本物の桐箪笥だけが持つ特性があります。

    この桐たんすすべてに使われている桐材の良さもご覧ください。

    幅の広い透明感と光沢のある桐材を使用した桐たんすは本物の証なのです。

    何百年の残していける 次の世代でも引き継げる桐たんすは、大阪泉州桐箪笥 初音の桐たんす です。

    是非 一度は本物の桐たんすの良さをお店で体験していただければ幸いです。
    今回 お世話になりました、D様 本当にありがとうございます。
    これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

     

  • 今年もこだわりの納品事例をお届けします。天丸三つ重ね室町衣装箪笥のご紹介です。こだわりのお客様がご注文下さいました。
    ご期待に沿えるために丁寧にお作りさせていただきまいた。
    初音のこだわりの桐箪笥です。

    是非 ご覧ください。

    クローゼットの中にこの様に置いて頂きました。
    昔の家と違って、今は収納スペースがついたお家がほとんどです。
    クローゼット中に私どものこだわりの桐箪笥をお求めいただいて、
    お使いいただけるのは、すごく嬉しい事です。

    私どもの桐箪笥を置けるように、初めから設計していただいていました。
    大切な貴重品やお着物を直していただくのは、ほんまもんの桐箪笥が一番です。
    今回も初音のこだわりの桐箪笥をご注文いただき、本当に感謝しています。

    まずは、下台から置かせていてだきました。

    三つ重ねの桐箪笥なので、お住まいのどこでも安易にお運こびすることができます。
    天板と側面の桐の組手がご覧いただけます。

    たんすの側面についている金具は棒通しといいます。初音の鶯のマークと名前が刻んでいます。何十年か経っても価値のある桐たんすの証です。

    中置 上置きと重ねさせていただいて、搬入できました。

    美しい桐の柾目がご覧いただけるでしょう。この様な柾目も大変貴重な材料になってきました。

    金具は、上品なデザインの金具をお付けしています。

    気品のある細かなデザインがとても素敵です。

    前飾りは、室町前飾りと言って、高級な金具をお選びいただきました。
    お客様の金具に対するこだわりも半端ないです。

    お部屋の照明のかげんで、カメラでは少しお色がでませんでしたが、
    職人の面の取り方もご覧ください。

    この様に引出しも隙間なく仕込んいます。これが湿気から衣類を守ってくれる証です。引出しの桐柾目も厳選した材料でお作りさせていただきました。

    手作りのこだわった桐たんすでしょう。

    背板も桐の幅の大きい 伸縮に強い初音の国産の桐材でお作りしているのが、ご覧になると思います。

    香りもほのかにいい天然の桐の香りがします。製作した職人の雅号と伝統工芸の証紙もご覧いただけます。

    何百年も残せる収納家具は桐たんすだけです。

    重ねの側面の部分はこのような棒通し金具と初音の刻印金具をあしらっています。

    角度を変えて写させていただきました。

    この写真でご覧いただくよりもっと実際は美しい色艶をしています。
    照明の影響で黄がかっています。

    開き戸の柾目も細かくバランスいい材料をご覧ください。

    引出しも隙間のない気密性のあるほんまもんの桐たんすでしょう。

    面も几帳面という両左右を落とした独自のデザインを施しています。

    クローゼットの中に入れていただいていますが、こだわりの桐箪笥をお買い求めいただきました。

    お着物や大切な物を収納していただけるには、桐たんすほどいい収納家具はございません。開き戸の内部には、引出しが3つ仕込んでいます。

    扉も伝統技法の両欠き込みの桐箪笥独自の技法で取り付けています。

    お盆とお盆の中に中棚がございます。これもいい桐箪笥の証明です。

    引出し内部の桐もこだわりの美しい幅の広い桐材を使用致しております。

    桐の香り豊かな材料です。

    桐箪笥 大好き人間の私どもだけが出来る仕事です。

    組手にこだわり、また金具もこだわっています。

    これだけの仕事と材料にこだわった桐たんす屋は、全国で希少価値のある工房だと思います。

    桐箪笥 = 高級 と思われいますが、決して作り手から言いますとそれ以上の手間暇とこだわりがたくさんかかっていて、決して価格の割に高いものではありません。

    引出しの細かな柾目もご覧ください。

    なかなかこれだけの仕事ができる職人も少ないですよ。

    これほど 拡大写真を撮れる納品事例も私どもならでわです。

    他の工房との作品の差別化をお分かりいただくためです。

    桐たんすの伝統技法の両欠き込みの兆番の付け方が下記の写真でご覧いただけます。

    高級な前飾りの金具です。

    最後に紺色の油単をかけさせていただきました。

    油単の両側には、朱色の房をお選びいただきました。

    油単をかけていただく事によって、紫外線や埃から桐箪笥を守ってくれます。

    全面の油単をこの様に上にめくりあげて、ご使用できます。

    今年 一番の納品事例をご紹介させていただいたO様本当にお買い上げいただきましてありがとうございました。何十年か先にはお作り出来なくなるかもしれません、O様は、これから先も大切にお使いいただけると思っています。
    本当にお世話になりましてありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 今年最後 クリスマスイブにお届けする桐たんすの納品事例は、
    初音のこだわりの胴丸小袖衣装箪笥です。小振りな桐箪笥ですが、
    品質の高い七段引出しのこだわりの小袖箪笥です。

    大阪泉州桐たんすの初音のオリジナルの逸品です。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    箪笥の本体の端が丸みを持たせた美しいカーブのデザインです。
    シルエットがとても綺麗です。重厚感と気品あふれる意匠は洋室にも映えます。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    私どもの隙間のない引き出しが気密性を高めます。
    長年、桐箪笥と向き合ってきた職人技なのです。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    金具も四君子があしらわれた高級な金具をお付けしています。
    細かな桐の柾目を是非ご覧ください、棚板と引出しの隙間がなく杢目も揃っているのがお分かりいただけると思います。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    この技術がむずかしいんです。胴丸型は大阪泉州桐箪笥が発祥のデザインで、大阪泉州桐箪笥を代表する桐たんすです。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    鍵座も取手と同じ四君子の彫が細かく細工されております。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    綺麗に揃った細かい杢目は、大阪泉州桐箪笥の初音の桐の最高の桐材を選んでいるからです。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    材料・技・仕上げ・金具、すべてにこだわった逸品です。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    1つ1つ職人が手作りでお作りしているので、2つと同じのもが存在しません、
    この桐箪笥の表情はこの桐たんすだけです。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    大切な衣類を長期間保存する桐たんすはしっかり見極めて、ご購入しなければいけません。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    このような良い品質の桐材料も年々少なくなっていく一方です。
    そして、伝統工芸士が作る手作りの桐箪笥もこれから非常に少なくなるでしょう。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    私どもは、今出来る最高の品質の桐たんすをお作りさせていただいています。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    美しいとの粉仕上げは、初音の総桐箪笥の1つのこだわりです。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    光沢と艶も大阪泉州桐箪笥 田中家具製作所の自慢の逸品です。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    本物の桐箪笥を求めてくださるお客様がいてくれるからこそ
    弊社の技術や職人が生かされているのです。本当に感謝しております。
    丁寧な組手や桐材の細かさもご覧いただけます。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    伝統技法の蟻組も職人が今でも手組でお作りしています。
    この様に 引出しの底板の幅の広い美しい底板は品質のよい高級な桐箪笥の特徴です。いい桐たんす本来のほのかな香りがします。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    伝統工芸士のプレート、伝統工芸品の証紙、初音の証紙を本物の品質として
    貼らせていただいています。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    箪笥を大切にお使いされるにあたって、ゆたん(桐たんすのカバー)を一緒にご購入いただきました。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    たんすをご使用の際には、このように前方部分をあげてお使いください。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    たんすを使用しないときは、前の布を下までおろしていただければ
    紫外線のやけや埃からも守っていただけます。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    綺麗なグリーンのお色に朱房がついています。
    五三桐と名前を染め抜きさせていただいた高級な油単です。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    私どもの初音の桐箪笥をお選びいただきまして、T様本当にありがとうございます。
    お客様の大事な想い出と衣類をお守りすることをお約束いたします。

    初音のこだわりの胴丸小袖箪笥をお届けいたしました。

    ご注文ほんとうにありがとうございました。桐のたんすだけが時代を越えても持ち続けられる唯一の日本が世界に誇れる収納家具なのです。
    是非 ブログをご覧の皆さまその事を誰かに伝えてあげてください。

    今年もたくさんの桐たんすの納品事例をご紹介させていただきました。それぞれ大変思い出のある桐たんすです。お買い上げいただきましたお客様本当にありがとうございました。来年も皆様にいい桐たんすをご紹介できるように精一杯職人一同頑張りますので、宜しくお願い申しあげます。

標準 特大