納品事例&お客様の声

桐箪笥の納品

  • 最近 どうしても入魂式やお披露目曳行のお話しブログが多くなって本業の桐たんすについてのご紹介が少なくなってすいません今回は、先日お届けさせていただきました。
    泉佐野市のK様に大阪泉州桐たんす 焼桐天丸5段引出し箪笥の納品事例をご紹介させていただきます。

    新築の明るい和室のお部屋に置いていただきました。

    包装を丁寧に外させていただきました。

    柾目や色にもこだわった初音の焼桐天丸引出し箪笥です。

    焼桐柾目の美しさがご覧いただけます。

    均等で歪みの無い美しさが特徴です。

    伝統工芸士がお作りした桐箪笥は、引出しにも隙間がなくスムーズに開け閉めできます。

    湿度の多い気候なら引出しが湿度を吸ってかたくなり、内部に湿度を入れません。また乾燥する季節は引出しに少しの隙間を作り内部の空気の入れ替えを桐箪笥が行ってくれるのです。

    引出し内部には、伝統工芸士名 と経済産業大臣指定の伝統工芸証紙をご覧いただけます。

    引出し内部に使っている、国産の良質な桐材をご覧ください。

    光沢のある、無漂白の天然自然乾燥で雨 風に1年から2年屋外で乾かした
    桐材のみがもつ艶と光沢がご覧いただけます。

    香りもすごくいい桐材の香りがします。このよな桐たんすに是非 大切な衣類を保管してほしいと願っています。

    こだわりの伝統技法である細かな蟻組手がご覧いただけます。

    天板も杢目のいい厚みのある国産の無垢の桐材です。

    落ち着いた なると金具が付けています。

    引出しは数ミリの隙間もなくお作りしています。

    このようなこだわりのある国産の安心してお使いいただける桐たんすをこれからも職人一同 一緒になって取り組んでいきたいと思っています。

     

    日焼けやほこりから桐の箪笥を守ってくれる緑の無地の油単を掛けさせていただきました。

    房もおとなしい紺色の房をお選びいただきました。

    家具やたんすは要らないと言われていますが、本物の家を探されている方はまだまだいらっしゃいます。

    最近 桐箪笥も中国製桐たんや中国で加工された桐材を使して日本で作られている商品もたくさんございますが、

    そのような桐たんすと本物の桐箪笥とでは全品質が異なります。
    この度はK様 弊社をお選びいただいて本当にありがとうございました。
    これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

    hatsrahashikatsunenn2017掲載

  • 先日こだわりのN様に、大阪泉州桐箪笥の天丸4段幸福草箪笥をお届けいたしました。
    新築のN様のお二階のクローゼットの中に置かせていただきました。

    dsc09071

    N様は本物の気密性と調湿性のある桐箪笥の購入を考えてくれてました。
    そして私どもの桐箪笥をご購入していただき本当にありがとうございます。

    dsc09072

    本物の桐箪笥は引出しに隙間がなく、安心で安全な天然自然乾燥した桐無垢材でお作りしています。何百年と使用出来る唯一の収納箪笥です。

    dsc09073

    この様にクローゼットの中に置いていただきました。
    最近は箪笥は要らないと言われる方がたくさんおられますが、日本の気候風土を考えたら
    絶対に桐たんすは必要だと思います。

    dsc09084

    クローゼットに置いていただきましたが、将来外に出していただく事もできます。

    dsc09088

    小振りな人気のあるデザインです。

    dsc09090

    かわいい桜草の金具を採用させていただいています。

    dsc09091

    伝統工芸士の名前と国の工芸品指定の証紙がご覧いいただけます。

    dsc09092

    引出し内部の透明感ある艶とほのかないい香りが私どものこだわりの桐たんすです。

    dsc09093

    小さな桐たんすも大きな桐たんすも同じように丁寧に作り込んでいきます。

    dsc09095

    この気密性と防湿性や防虫性を是非ショールームでご覧いただきたいですね。

    dsc09097

    小さくても本物の桐たんすです。

    dsc09098

    引出しの組手もこだわりの技法で組み上げています。

    dsc09099

    柾目や仕上げの美しさも私どものこだわりの桐たんすならではだと思っています。

    dsc09100

    すき間のない引出しは、中身をずっとこれから先何十年何百年と守ってくれます。

    dsc09101

    大阪泉州桐箪笥の初音の総桐たんすの思いが少しでもお伝え出来れば幸いです。

    dsc09105

    N様本当にありがとうございました。この様にお使いいただける事が大変嬉しく思います。ぞうぞこれからもよろしくお願いいたします。

    YouTubeで動画もアップしております。
    そちらの方も一緒にご覧ください。

  • 大阪府のK様に焼桐板目時代箪笥をお届けさせていただきました。
    こだわりの桐たんすです。YouTube動画でもご覧ください。


    ご覧ください桐の板目も良くそろったこだわりの逸品です。

    色も落ち着いた焼色です。

    引出しには隙間なくびっしり引出しを仕込んでいます。

    金具も時代風の存在感ある重厚な金具を採用しています。

    これだけ拡大したお写真をご覧いただくのは、作品に自信がある証なんです。

    本体天板の桐無垢板も素晴らしく目の込んだ寒い良質な桐材を使用してお作りしています。

    職人が手組みしてお作りする蟻組手は細かで隙間なく丁寧に時間をかけて作っているのが、大阪泉州桐たんすの初音の桐たんすの特徴です。

    角度を変えて全体の拡大写真をご覧いただきます。

    丁寧に作り込んでいるでしょう。

    他社の納品事例はこれだけ詳細には紹介してないと思います。

    お客様からは、桐箪笥に対する想いが伝わってきて大変良く分かります。
    とおっしゃっていただけます。

    気密性と防湿性 調湿性 防虫性を兼ね備えた本物の焼桐たんすです。

    職人の代わってその思いを伝るのが、私の納品事例です。

    お使いいただければさらにこのタンスの良さが実感されると思います。

    文章を細かに読まれる方はほとんどいませんが、本当は良く読んで欲しいですね。

    伝統工芸士のプレートと証紙が品質を証明させていただいています。

    組手や前板の使い方もきちんと仕込まれています。

    内部の桐板も良質な国産桐で、無漂白で安心で、艶や透明感に優れているのが、私どもの自慢です。

    なかなか市場でもお目にかかる事が出来ないと思っています。実物はもっと美しいですよ

    さらに この桐の香りが最高にいいのです。心安らぐ落ち着いたほのかな香りがします。

    ここに収納されるお着物は必ず喜んでいただけるはずです。ほんとに
    この香りがお伝え出来ないのが残念です。

    いま よく売られている 少し嫌な においのする桐箪笥とは全然違います。

    肌の弱い方やアトピー性皮膚炎の方でも安心してお使いいただけるのが、
    このような本物の桐たんすなのです。

    贅沢なぐらい幅の広い美しい桐材でお作りしています。

    私は、このような良質な桐の無垢材でお作りした桐たんすが大好きなんです。

    この色艶といい 杢目といい 二つと同じものはこの世に存在しません。
    これが伝統工芸品なんです。K様だけの焼桐箪笥なのです。
    是非 後世まで大切にしてあげてください。

    傷んでも手直しが出来る日本の伝統工芸品なのです。
    最後にグリーンの無地の油単を掛けさせていただきました。

    こうする事でほこりや紫外線から 桐箪笥を守ってくれます。

    この度は弊社のこだわりの焼桐たんすをご購入いただきまして、誠にありがとうございました。
    K様も本当にこだわりをお持ちのお客様でしたので、すごく気に入っていただいたのだと思っております。K様に出会えて本当に有難く思います。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 大阪府のK様からご依頼されました、大阪泉州桐たんす 天丸盆七杯衣装箪笥を京都にお届けいたしました。

    新築のおしゃれなお家に置かせていただきました。
    私どもの職人が丹精込めてお作りした桐たんすをどうぞご覧ください。

    ご注文をいただいた桐たんすが置けるように、ご自宅の桐たんすの置き場所を設計していただいていました。すごく有難い事です。

    DSC04420

    丁寧に包装紙を外させていただきました。

    DSC04419

    落ち着いてセッティングさせていただいた、大阪泉州桐たんす 初音の家具 の天丸盆七杯衣装たんすです。

    DSC04422

    他の工房との桐の柾目や桐の色艶の違いがご覧いただけると思います。
    この場所にずっと置いていただけて、私どもの桐箪笥も喜んでいるように思います。

    DSC04424

    こだわった本物の桐たんすの品質を守り続けていくことは本当に一言ではいい表せないような努力が必要となります。
    材料 技 仕上げ 金具 すべてが揃わないといい桐箪笥をお作りできません。

    DSC04428

    でもK様のような、本物の桐たんすが欲しいと言われるお客様によって、
    私どもが続けてきた伝統工芸の技と職人を育てていただいています、本当に有難い事です。

    DSC04429

    今ではこの様な、すき間のない気密性 防湿性 防虫性に優れた桐たんすをお作り出来る工房は少なくなっています。

    DSC04431

    前板の桐の柾目も均等によく揃った杢目を使わせていただいています。
    桐の樹齢で言いますと50年以上寒い地方で育った桐材が必要となります。

    DSC04433

    この度 お客様のご注文により、引出しはすべて長引出しでお作りさせていただきました。

    DSC04434

    職人のこだわりを感じていただければ有難いです。

    DSC04435

    本体と戸にも隙間なく、桐箪笥の伝統技法の両欠き込みで戸びらを取り付けています。
    いい桐たんすはすべてこのようにして作られます。

    DSC04426

    前飾りも上品なシンプルなデザインをお選びいただきました。

    DSC04425

    引出しの金具も前飾り(戸)の金具とお揃いの金具です。

    DSC04430

    天板もい材料で、角は手組み手の蟻組みで本体を組み上げています。

    DSC04427

    K様のご要望で、すべてお盆にさせていただきました。たくさんの置物を収める事ができます。

    DSC04437

    お盆にも、良光の落款が付けています。

    DSC04438

    DSC04451

    DSC04450

    国産の良質な細かな杢目のお盆の底板も是非ご覧ください。

    DSC04440

    光沢のある 透き通るような桐材は、田中家具製作所 初音の家具のこだわりの桐材です。

    DSC04442

    このような、無漂白の桐が本来持っている美しさを引き立たせてあげるのが、桐たんす職人の使なんです。

    DSC04441

    お盆を1杯抜いた背中の桐材もご覧ください。美しい幅の広い良質な材料でお作りしています。他社の桐たんすとの違いを分かっていただければ幸いです。

    DSC04443

    引出しの側板に、伝統工芸士のプレートと伝統工芸品の証紙と私どもの初音の証紙を本物の品質の証として、貼らせていただいています。

    DSC04446

    DSC04447

    引出し内部の美しい光沢と透明感のある最高級の桐材も是非ご覧ください。

    DSC04449

    手触りも抜群です。ホームページではお伝えできませんが、香りもほのかにいい桐の香りがするのです。

    DSC04452

    本来は私どもの様な桐たんすに何十年 何百年とお着物をなおしていただけるような、桐たんす作りをしなければならないのですが・・・・・今 現在 市場で売られている桐たんすは?です・・・

    DSC04453

    K様 ご依頼をいただいて本当にありがとうございました。

    DSC04455

    最後に先染めの ブルーの油単 をかけさせていただきました。

    DSC04462

    朱(オレンジ)房をお選びいただきました。

    DSC04463

    DSC04460

    弊社の桐の箪笥をお選びいただいて、本当にありがとうございました。
    これから先も安心してお使いいただけるように、お作りさせていただきました。

    これからのこの様な桐たんすを残していけるように頑張ります。

    hatsudanedaneiyu2017掲載

  • 兵庫県のN様からのご注文いただいた大阪泉州桐箪笥(たんす) 天地丸小袖衣装たんすをお届けさせていただきました。

    この桐箪笥のスライド動画製作いたしました。こちらをご覧ください。

    写真もご覧ください。N様からご依頼をいただいたこだわりの小袖衣装たんすです。

    DSC04313

    厳選した桐の柾目と最良の国産材でお作りさせていただいた、お勧めの逸品です。
    このサイズは今すごく人気がございます。何百年と変わらぬデザインが特徴の、日本の桐箪笥を代表する意匠です。

    DSC04315

    上品で気品のある出来栄えは、私どもの自慢のこだわりの桐たんすです。
    シンプルで落ち着いた金具はN様がこだわってお選びいただきました。
    落ち着いていて本当に良く似合います。

    DSC04316

    戸と本体を取り付けている丁番金具は桐たんすだけの伝統的両欠き込みの技法で取り付けをしているこだわりの桐たんすならではの技です。

    DSC04317

    DSC04326

    戸の兆番もこの様に3枚でしっかりと何百年緩まぬように彫りこんでつけています。

    DSC04325

    戸の細かなバランスの取れた桐の柾目と仕上げの伝統工芸士のとの粉仕上げの着色は本当に私どもならではの美しさがございます。

    DSC04320

    このお写真でお伝え出来れば幸いです。

    DSC04321

    どうか、他社の桐箪笥と是非比べていただければ違いがお分かりいただけると思います。

    DSC04318

    天地丸の手組みての蟻組手も細かくて丁寧に組み合わせています。
    天板の桐の無垢板もすごくいい杢目を使わせていただいています。
    油単をかければ見えないですが、後世に残していけるいい桐たんすをお作りしている証です。

    DSC04319

    小袖衣装たんすの内部はこのように、お盆が6杯と内小箱引出しが3つございます。

    DSC04341

    もちろんお盆の間には、固定の中棚もご覧いただけます。この中棚がとても重要な板なのです。

    DSC04342

    また今回お盆に使用している美しい桐材も合わせてご覧ください。

    DSC04338

    良質な透明感の艶のある桐材は私どもでしか手に入らない今では貴重な天然自然乾燥をした桐材です。

    DSC04339

    この桐の美しさを是非感じていただきたく職人一同 日々努力しています。

    DSC04330

    1つお盆を取り出して、お写真を撮らせていただきました。

    DSC04329

    私どもの桐たんすに入れていただけるお着物が喜んでいただけるようにお作りしています。
    内引出しもご覧ください。

    DSC04327

    丁寧に仕込んでいます。さすが私どもの伝統工芸士です。(自我自賛)・・・・すいません。

    DSC04328

    気持ちいいほどの艶と透明感とカンナがけの木肌は最高の手触りです。
    さすが伝統工芸士 敏光の作品です。彼の作品は本当にいい出来栄えです。

    DSC04332

    やはり桐に対して妥協をしない姿勢が作品に出ています。

    DSC04336

    1つの引出しをいれれば、ほかの引出しがすっとでてきます。空気の逃げが全くない素晴らしい引出しの仕込みをしています。わたしも頭が下がります。

    DSC04337

    最後に桐たんすの油単(先染め)グリーン色をかけさせていただきました。

    DSC04345

    油単をする事によりほこりや紫外線から桐たんすを守っていただけるのです。

    DSC04344

    最後に品質の証としての保証書を置かせていただきました。

    DSC04324

    N様ご依頼いただいて本当にありがとうございました。
    当日もすごくお喜びいただきまして、桐箪笥をお作りしている遣り甲斐を感じる事ができました。
    一般ではなかなか手に入る事が少ない(生産量が少ないので)大阪泉州桐箪笥をお買い求めいただきまして誠にありがとうございます。

    何百年も使える桐たんすで、後世にも自慢していただけるようにお作りさせていただいています。大切にお使いいただけたら嬉しいです。職人 敏光にお気持ち お伝えしておきます。ありがとうございました。

     

    haturiranushininengai2017掲載

  • 大阪市のT様に、大阪泉州桐箪笥の焼桐板目大衣装箪笥をお届けさせていただきました。
    T様は大変こだわりのあるお客様で、以前から本物の桐たんすをお探しになられていました。

    私どもの工房をお探しになられ、実物の作りかたに共感していただき、今回お作りさせていただける事になりました。

    大切なお着物もたくさんお持ちになられているようで、その保管に私どもの桐たんすをお選びいただき本当にありがたく存じます。

    DSC01202

    こちらがそのこだわりの焼桐板目大衣装箪笥です。よく厳選した板目を使用させていただいた、田中家具製作所のこだわりの桐たんすです。

    DSC01203

    杢目のバランスや日本で最良の桐材を使用させていただいて、私どもの職人が丹精込めてお作りさせていただきました。仕上げの焼色も本当に美しい逸品でございます。

    スライドの動画もお作りさせていただきましたご覧ください。

    DSC01204

    開き戸の内部は、お着物が多く収納できるように、7段のお盆に変更させていただいて、お作りさせていただきました。

    DSC01199

    引出しも板目を美しく合わせ、私どもの伝統工芸士がすきまのない気密性や防湿性のある手仕事で丁寧にお作りしています。

    DSC01205

    この思いがお伝えできれば、幸いです。マンションの照明のためお写真で、桐本来のお色をだすのがむずかしかったです。

    DSC01207

    上質な民芸金具で鍵もかけれるようにお作りさせていただいています。

    DSC01206

    扉にも全くの隙間なく、丁寧な仕事がご覧いただけると思います。

    DSC01210

    言葉や文章でお伝えするのは簡単ですが、職人の高いレベルの手仕事には、いつも感心します。お客様の事を考えて何百年も使える桐たんすを残していくために、努力してくれています。

    DSC01209

    この民芸兆番でも扉と本体を職人がノミで丁寧に取付を行う桐たんす独自の伝統的な技法である両欠き込みの技法が施されています。

    DSC01208

    DSC01211

    こだわりのT様のマンションに置かせていただいて、お世話になりまして本当にありがとうございます。

    DSC01213

    この様に決して桐たんすは、時代遅れの古いたんすではございません。
    本物の桐たんすを使いたいお客様は昔に比べれば少なくなりましたが、
    この様に桐の良さを理解していただいて、何百年も持ち続けられる桐たんすをご購入されるお客様がおられます。

    少しでも 本物の桐たんす の良さを知っていただけるようにこれからもいい桐たんすだけをお作りしていきます。

    今回もご購入いただきました、T様本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

     

    hatomoratetikagutaya2017掲載

  • 今年初めの桐たんすの納品事例は、大阪泉州桐たんすの職人の技と杢目の良さと美しい仕上げが特徴の胴丸和紙衣装箪笥をお作りしてお届けさせていただきました。

    大阪泉州桐たんすの胴丸和紙衣装箪笥

    光沢のある気品高い桐たんすです。

    大阪泉州桐たんすの胴丸和紙衣装箪笥の引き戸

    良質な桐の柾目のバランスと均一な杢目は私どもの桐材に対する最高峰のこだわりです。

    大阪泉州桐たんすの胴丸和紙衣装箪笥のこだわりの桐柾目

    1mmも隙間のない職人技がさえる気密性高い本物の桐たんすです。

    大阪泉州桐たんすの胴丸和紙衣装箪笥のこだわりの桐柾目と引出し

    是非 スライド動画もご覧ください。

    前飾り金具も四君子をデザインした上品な和紙金具を採用させていただいています。

    大阪泉州桐たんすの胴丸和紙衣装箪笥のこだわりの前飾り金具

    鍵座も共の絵柄を細かく再現して彫っています。
    棚と引出しに隙間が一切ない伝統工芸士 朋光の作品です。

    大阪泉州桐たんすの胴丸和紙衣装箪笥のこだわりの引出し鍵座

    引出しの取手金具もお揃いの高級金具です。

    大阪泉州桐たんすの胴丸和紙衣装箪笥のこだわりの引出し取手

    桐たんすの内部はこの様な上品なお盆やデザインで、昔ながらの伝統を守っています。

    DSC01631

    伝統工芸品の証紙と伝統工芸士 朋光の作品です。

    大阪泉州桐たんす 伝統工芸士 朋光作 

    内部の透き通るような透明感のある本物の桐材をごらんください。これが私どもの初音の桐たんすなのです。

    大阪泉州桐箪笥 良質な内部の桐材 写真

    お盆も分厚い材料を丁寧に削り込んだ丸みをもたした作り出しのお盆を4杯入れております。

    大阪泉州桐箪笥 良質な内部のお盆の桐材 写真

    戸びらの中に3つの引出しを入れたすっきりしたデザインのこだわりの桐箪笥なのです。
    この様に隙間が一切ない防湿性や防虫性にとんだ手づくりの桐たんすは多分ご覧になる機会が少ないと思います。

    大阪泉州桐箪笥 こだわりの良質な引出し柾目杢目の写真

    引出しも職人技できっちりと仕込んでいます。

    大阪泉州桐箪笥 こだわりの良質な引出し内部の杢目の写真

    こだわりの手組みての蟻組みをご覧ください。この様に隙間無しできっちりお作しています。

    大阪泉州桐たんすの手組みの蟻組手の写真

    妥協をゆるさない仕事がわたしどもの桐たんすです。

    大阪泉州桐たんすの引出し内部の良質な桐材の写真

    いつもこのような桐たんすに入れておかれるお着物が喜んでいただけるような桐たんす作りを心がけています。

    職人技の隙間のない引出しの写真

    これが私どもの職人のこだわりです。 いい桐箪笥 作り にこだわります。

    引出しの先組手もこの様に昔の伝統を守り続けて、職人が手組みてで組み上げています。

    先組手の手組みて写真

    お着物を入れられるお盆の桐材の細かさも是非ご覧ください。

    こだわりの桐のお盆の材料 写真

    いい桐たんすだけが持つ伝統技法の両欠き込みの技で扉を取り付けています。

    桐たんすの伝統技法の両欠き込みの技 

    下台の部分の組手を是非ご覧ください。

    胴丸たんすの下の台

    この様に手組みてがされている事がわかりますか?いまの桐たんすで上置きを乗せると見えないようなこんな部分もこだわって手抜きを一切しないのが、私どもの桐たんすです。

    このようなこだわりの組手の桐たんす

    手間暇かけて丁寧につくりあげている証です。この組手の細かさも大阪泉州桐箪笥ならではの特徴です。

    側面と天板を手組みてで組み上げています。

    本物のいい桐箪笥はすべてこの様に作られています。機会があればここまで良く桐箪笥をご覧ください。

    最後に染め抜きの油単をかけさせていただきました。

    大阪泉州桐箪笥 油単 エンジ 写真

    大阪泉州桐箪笥 油単 エンジ お名前染め抜き 写真

    大変いい桐たんすをご注文いただき誠にありがとうございます。S様のお蔭でなんとかこの技術を継承していく事ができます。

    DSC01667

    S様この度は本当にありがとうございました。これからもよろしくお願い申しあげます。
    新年初めを飾るのにふさわしい桐たんすの納品事例でした。

    今年も本物のこだわりの桐たんすの納品事例をお届けいたします。

    是非 ホームページをご覧のお客様 一度弊社ショールームにおいて、本物の桐たんすをご覧いただければ幸いです。お気軽に来店予約してください。072-443-8835(電話代表)

    hatubegasotanzawa2017掲載

  • 有難い事で、大変遠方からもご注文をいただきました。お客様がこだわりの品質の確かな桐たんすをお探しになっておられ、弊社の事を気に入っていただき、お客様のご要望に合った桐箪笥を制作させていただきました。

    こちらが大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥です。
    スライド動画と写真の両方でごらんください。

    写真も是非ご覧ください。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥

    お着物を大切に保管出来るようにまた、お客様のお部屋の模様替えや桐箪笥を移動しやすいように、二つ重ねの設計でお作りさせていただきました。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥内部

    美しい仕上げと美しい国産の光沢ある自然乾燥させた弊社自慢の職人によりお作りさせていただきました。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥のお盆

    質感のある透明感あふれる本物の桐材は弊社ならでわです。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥のお盆2

    この美しさを出すために製材から乾燥灰汁抜きに二年以上の時間を費やします。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥のお盆3

    前飾りの金具もお選びいただきました。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥の前飾り金具

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥の前飾り金具

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥の前飾り金具

    扉の取り付け方も伝統技法の高級な確かな桐たんすだけに施されている、両欠き込みの技法で兆番が取り付けています。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥の天丸

    すき間のない気密性が初音の桐たんすならでわでしょう。

    両欠き兆番

    もちろん桐たんすの顔である、柾目の良さも私どもの桐たんすならでわです。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥

    4杯と3杯の間には、桐たんすになくてはならない固定の中棚もご覧いただけます。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥の中棚

    左の扉はこのツメカケと言う金具で開き戸びらを固定できます。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥のツメカケ

    いまでも鍵をかけれる箪笥は桐箪笥だけです。

    天丸も蟻組手を丸めてお作りさせていただいています。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥の天丸組手

    桐たんすの背板の桐材もこの様に幅の広いいい材料を使わせていただいています。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥の背板

    たくさんいいお着物をお持ちの遠方からのお客様よりこのようなご希望の桐たんすをお作りさせていただける事は大変有難いことです。

    大阪泉州桐箪笥天地丸14杯お盆いり二つ重ね衣装箪笥の写真

    遠方より本当にご注文ありがとうございます。これから先何百年も使える桐たんすをお作りする事が私どもの使命であると仕事をさせていただいています。

    是非 ホームページをご覧のお客様も桐箪笥に関するご相談やご質問がございましたら遠慮なく072-443-8835までお気軽にご一報くださいませ。

    hatusnedamayaneka-kyusyuu 2016掲載

     

  • いつも御贔屓いただいております、貝塚市のS様がこの度私どもの大阪泉州桐箪笥 天丸5段幸福草総桐たんすをショールームでご覧いただき、この度新しくお作りさせていただきました。出来上がりましたので、お届けさせていただきました。

    S様の和室のお部屋に置かせていただきました。

    dsc09026

    圧迫感もなく、今わたしどもで人気の桐たんすです。

    dsc09030

    気密性や防虫性 防湿性に優れた本物の桐たんすは制作出来る工房が少なくなっています。私どもは本当に小さな工房ですが、その技術を今日まで残し、職人を育てています。

    dsc09034

    桐材の1枚板を手組みての組手によって接合した桐箪笥は将来何十年と狂わない頑強な桐箪笥です。

    dsc09035

    このように引出しに隙間のない作りは、本物の桐たんすの証です。

    dsc09037

    可愛らしい幸福草がデザインされた美しい金消し金具取手が特徴です。

    dsc09036

    引出しの下には、上品な台輪が下からの湿気を防ぎます。

    dsc09038

    左右の天の角をこの様に丸めているのが、天丸型と呼びます。

    dsc09039

    引出し内部には、初音の証紙と伝統工芸時士 美光のプレートと経済産業大臣指定の伝統的工芸品 大阪泉州桐箪笥の証紙が確かな品質を証明しています。

    dsc09042

    大阪泉州桐箪笥は、他の産よりこだわった材料とこだわった作り方をしているので、生産量が少なくてどうしても販売圏も関西が中心となってしまいます。今では、ホームページをご覧いただいたお客様が全国から問い合わせのご連絡やメールをいただいています。

    dsc09045

    この様なこだわりの日本の桐の色艶と透明感をご覧ください。

    dsc09044

    無漂白の良質の桐材が持つ自然な良さをかたくなに追及しています。

    dsc09046

    すこしでもホームページをご覧のお客様にこの桐材の良さと仕事が伝われば幸いです。

    dsc09048

    S様の了解を得て、引出しを出させて、撮影させていただきました。

    dsc09050

    私どもの桐箪笥に収納していただける衣類が喜んでくれるようにお作りしています。
    引出しの側面の蟻組手や側板の桐材の細かな杢目も是非ご覧ください。

    dsc09047

    角度を変えて写させていただきました。

    dsc09055

    S様もように、こだわるお客様にご支持していただけて、本当にありがとうございます。

    dsc09056

    無地のグリーンの朱房付きの油単もご注文いただきました。

    dsc09063

    写真では少し明るく写っています。

    dsc09066

    来客時や使用時はこの様に前側の油単を上げていただく事ができます。

    dsc09068

    油単は消耗品で10年ぐらい経てば、色褪せてきますが、埃や紫外線の焼けから桐箪笥を守ってくれる大切な役割を果たしてくれます。

    dsc09070

    S様この度も私どものこだわりの大阪泉州桐箪笥をご注文していただき本当にありがとうございました。何十年何百年とお使いいただける箪笥は本物の桐たんす以外にはございません。

    これからもどうぞご贔屓の程よろしくお願い申しあげます。

    hatsukaogisunekagu2016掲載

  • 貝塚市のH様ご依頼の大阪泉州桐箪笥初音の家具 こだわりの総桐開け衣装箪笥をお届けいたしました。気密性や防湿性に優れたこだわりの桐たんすですが、このような納戸に置かせていただきました。桐箪笥を光にあてるのではなくて、大切になおしておきたいとの事でした。

    これが、大阪泉州桐箪笥初音の家具 こだわりの総桐開け衣装箪笥です。

    こだわりの桐箪笥

    昔ながらの立派な四尺(幅1200)箪笥です。
    運搬中にキズなどが絶対につかないように、丁寧に梱包しています。

    こだわりの桐箪笥

    三重梱包をしております。2つ重ねの桐箪笥なので、まず下台を設置します。

    こだわりの桐箪笥

    そして、慎重に上台をかさねて、完成いたしました。収納場所にぴったりと置かせていただきました。

    桐箪笥

    前飾り金具は、手彫り金具の最高級のボタン柄の金具をお選びいただきました。

    桐箪笥

    引き出しの金具も前飾り金具とおそろいの金具で、牡丹をあしらっております。

    桐箪笥

    ご覧いただけるように、大阪泉州桐箪笥 初音の総桐箪笥の引出しは隙間なく伝統工芸士が丁寧に仕込んでいます。湿気などから大切なお着物や衣類をお守りします。

    桐箪笥

    上台の開き戸中はオリジナルの板盆式でお作りしており、自由に棚の高さを変えていただくように設計しています。お着物だけではなく、大事なブランドバックや衣類などを自由に収納していただけるにお作りしています。

    この様にお客様のご要望に合わせてどのようにでも作らせていただきます。
    是非ご相談ください。

    桐箪笥

    こちらの桐箪笥を作ったのは、伝統工芸士 学光作となっております。
    桐箪笥は、一人の桐箪笥職人が一つのたんすを最初から最後まで手掛けます。
    その証のプレートをお付けしています。

    桐箪笥

    伝統工芸品の証紙も一緒にご覧いただけます。
    この様に棚の収納高さも変更する事が可能になっています。

    桐箪笥

    最近では和服はもちろんの事、その他に
    高級バックや大切な小物なども様々収納していただけるように工夫をしています。

    桐箪笥

    右側のとびらも計算されたように、大きく開ける事ができます。

    桐箪笥

    このように㈱田中家具製作所では、オリジナルの桐箪笥をお客様とご相談して
    お客様のニーズに合わせた桐箪笥を製作することができます。

    左側の開き戸もこの様に大きく開けれるように計算されてお作りしています。

    DSC04150

    小物入れに引き出し三段と収納もたくさんございます。バランスのとれた細かな柾目の桐材を本当に貴重な材料なのです。

    DSC04152

    引き出しの内部もごらんください。

    DSC04155

    この光沢感、透明感のある自慢のこだわった幅の広い桐材を使用しております。

    DSC04156

    すごく素敵な桐箪笥をお作りさせていただいて、お届けすることができました。

    DSC04157

    貝塚市のH様本当にありがとうございました。これからも是非大切にお使いいただけたらと願います。大阪泉州桐箪笥の初音のこだわりの桐箪笥のお買い上げほんとうにありがとうございました。

    hatunedanhokagu2016掲載

  • 奈良県生駒市のT様のご注文の大阪泉州桐箪笥 初音の家具の最高峰
    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)をお届け致しました。

    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)

    私どもの桐箪笥の中で最高峰と呼べる手の込んだ技と桐の前板がすべて最高級の総無垢の柾目を使用した逸品で、こだわりの大阪泉州桐箪笥 初音の家具を代表する桐たんすです。

    T様はすごく目利きが出来るお客様で、このタンスをショールームでご覧になられ、是非この桐たんすを娘様の婚礼家具の道具にと、ご注文いただけました。

    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)

    総無垢の柾目の美しさは、将来お作りする事が難しくなるほどの最高級の緻密な桐材を使用致しております。
    (このような材料は今後無くなると思います。)

    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)

    最高級の材料とこの道60年の伝統工芸士 朋光によって製作されています。

    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)

    最高の桐材と妥協しない職人によってつくられた桐たんす作りの私どもの思いが込められた桐たんすです。何百年先にも残る貴重な桐箪笥になってくれるに違いありません。

    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)

    大阪泉州桐箪笥の代表する胴丸型の重厚なデザインに繊細な上品さを加味した桐たんすです。総無垢の前板のためそりを防ぐ理由で引戸を框(かまち)仕上げでお作りしています。

    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)

    小さな引出しが上側に3つ並べた伝統的なデザインの桐箪笥ですが、棚やたてりの面をべた面に仕上げ一体とした仕上げは職人の高い技術の結晶です。

    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)

    本物の桐箪笥が持つ仕上げと艶を感じていただければ幸せです。
    金具も最高峰で、職人が1つ1つ打ち込んでお作りする手彫り金具を付けさせていただいております。

    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥) 金具アップ

    上置き右側の内部には、伝統工芸士の朋光作のプレートと、経済産業大臣指定伝統的工芸品の証紙がご覧いただけます。

    伝統工芸士 桐匠 朋光作

    右側には、夫婦箱の引出しが仕込んでいます。

    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)上置き内部

    正面の背板にも大阪泉州桐箪笥の初音の田中家具製作所がお作りしたシールがご覧いただけます。背板の美しい桐材も一緒にご覧ください。

    DSC01642

    左の上置きには、取り外せる可動棚がございます。

    鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)

    引出しも1つ押し込めば、他の引出しがすっと出るようにお作りさせていただいています。

    DSC01646

    鍵座も引出し金具と同じ手彫り松竹梅で揃えています。

    DSC01645

    前飾りも揃えの松竹梅の最高級の手彫り金具です。

    DSC01648

    1つ1つ職人が手で彫って仕上げていく金具で、将来お作り出来なくなる金具です。

    DSC01649

    金銀の房の下に彫刻士の久光作の刻印がご覧いただけます。

    DSC01650

    希少価値の高い最高級の金具になります。そして開き戸の中はこの様な最高のお盆が仕込まれています。

    DSC01652

    手彫りの松 竹 梅 鶴 亀の彫り物を1つ1つ彫らせていただいています。

    DSC01655

    DSC01657

    DSC01656

    DSC01660

    DSC01662

    他社の工房に良くにたような真似をされるのですが、これだけのレベルの彫刻は絶対に彫れないと思っています。

    DSC01665

    また1つ1つのお盆に使用している最高級の桐材も是非ご覧ください。お客様にお伝えするだけでなく、同じ桐たんすをお作りしている他の工房の方に是非ご覧いただいて、本物の桐箪笥はこうあるべきかを分かっていただきたく思います。

    DSC01666

    DSC01667

    DSC01668

    DSC01669

    DSC01670

    ここに長く保存していただけるお着物が喜んでいただける事を願ってお作りしています。

    DSC01671

    これだけの寒い気候で育った杢目の緻密な桐材を使用してお作りする事は本当に簡単ではございません。

    DSC01672

    DSC01673

    DSC01674

    彫刻のお盆入ったつぼ盆の上場には、高級な唐木の紫檀材をあしらわせていただいております。

    DSC01675

    DSC01676

    胴丸型でも一段落とした凝った丸め方をし、内側の面にも細い紫檀材を埋め込んでいます。
    手の込んた昔ながらの技法を今日まで守り続けています。

    DSC01678

    桐箪笥の重ねの部分にも紫檀を巻かせていただいています。

    DSC01677

    DSC01679

    引出し内部の桐もごらんください。工房で天然自然乾燥と雨に打たせて桐の灰汁を抜いた透明感と艶があるこだわりの幅の広い寒い国産材を使用しています。

    DSC01680

    DSC01681

    この様に前に使用している柾目は杢目の揃った総無垢の最高級桐材を使用してお作りしています。ゆがみのない4尺の長さを桐の原木から揃える事は、本当に難しい作業になります。
    桐の材料価格と加工の手間暇が沢山かかりますが、後世にのこせて自慢の出来る作品になる事は間違いないと思います。

    DSC01682

    1つ1つ手づくりで仕上げていく桐のたんすは、職人たちの努力の結晶です。

    DSC01684

    初音オリジナルの色の油単をお作りさせていただきました。

    DSC01696

    DSC01695

    DSC01692

    五三の桐のご紋と、お嬢様のお名前を染めさせていただきました。

    DSC01686

    このような最高峰の鳳凰(総桐胴丸無垢細紫檀面入り三重ね衣装箪笥)をご注文いただけて本当にありがとうございます。

    DSC01629

    私どもの納品事例でもなかなかご紹介する事が少ない桐箪笥ですが、
    このような桐箪笥をお買い求めいただけるお客様に応援していただいて、今のお仕事をなんとか続けさせていただく事ができます。本当に有難い事です。

    なんとか、これからもこの本物の桐たんすを残していきたいです。
    今回お買い上げいただきました、生駒市のT様本当に感謝いたします。
    どうぞこれからもお元気で御活躍くださいませ、
    また今後ともご贔屓いただけますよう宜しくお願い申しあげます。

  • 藤井寺市のA様が先日私どものショールームにご来店していただき、総桐小袖たんすを気に入っていただきご注文いただきまして、お届けさせていただきました。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんす

    今も大変人気のある昔からかわらないデザインが特徴の桐の小袖たんすです。
    A様の綺麗な和室に置かせていただきました。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんす拡大写真

    桐たんすのとの粉仕上げの和たんすは、伝統工芸士によりすごく美しく仕上げています。
    ですからお部屋に置いていただいてもこの様に美しく上品なお色と艶がございます。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんす 縦写真

    引出し内部には、お作りさせていただいた職人の雅号と経済産業大臣認定の伝統的工芸品の証紙を張っています。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんす 学光作

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出し

    この日本の光沢のある透明感のある本物の桐材をご覧ください。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの美しい桐材

    本物の桐はこの様に美しい艶と木肌を持っています。それを皆様にお伝えしたくて日々努力しています。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの光沢ある日本の美しい桐材

    このような幅の広い寒い産地の桐材は年々いい材料が少なくなってきています。
    大阪泉州桐箪笥の伝統的な引出しの蟻組手もご覧いただけます。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出しの手組み蟻組手

    引出しの桐の側板の杢目も細かくて美しい木がご覧いただけます。
    この様な安心で安全な無漂白のこだわった作りの自然な桐の箪笥に入れていただくお着物は必ず喜んでくれると信じて制作させていただいています。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出しの美しい桐材

    この度 帯締め桐箱も2つ特別に入れさせていただいています。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出しの帯締め箱

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出しの帯締め箱写真

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出しの美しい帯締め箱

    こまごまとしたものを分けて収納するには重宝されます。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出しの美しい帯締め箱拡大

    こちらも私どもの工房の職人がこだわった手作りの帯締め箱です。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出しの仕切り板

    天板と側面の分厚い無垢の桐板も伝統工芸の蟻組手で組みあげさせていただいています。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの斜め写真

    この金具は私どもの製品の証である、初音の刻印が彫られた棒通し金具といいます。
    今ではこのような金具を付ける工房もすくなく貴重な金具です。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの初音の刻印入り棒通し金具

    この様に中のカンが上がって、昔はこの両方(左右に棒とおしが彫られています。)の空間に長い棒を通して、運搬の時に籠やみたいに棒を2人で肩に担いで移動させた名残の金具です。すごいでしょうこの伝統を今日まで残させていただいています。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの初音の刻印入り棒通し金具2

    引出し金具は室町かんという金具を採用させていただいています。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの初音の引き手金具

    私どもの気密性の高い引出しに隙間のない仕事を是非ご覧ください。防湿性や防虫性に優れているのが私ども大阪泉州桐箪笥  初音の桐たんすのこだわりの特徴です。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出しの隙間

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出しの隙間と光沢

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの引出しの隙間と光沢下台

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの光沢

    最後にご注文いただきました、紺色の朱房付きの桐たんす用油単をかけさせていただきました。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすと油単

    普段はこの様に油単をかけて置いていただく事をおすすめいたします。埃や紫外(やけ)から桐たんすを守ってくれます。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの紺色朱房付き油単

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすの紺色朱房付き油単斜め写真

    最後に弊社の保証書をお付けさせていただいています。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすと保証書

    このような所に置いていただけて本当にありがとうございます。

    大阪泉州桐箪笥の総桐小袖たんすと油単と保証書

    私どもの桐たんすが喜んでいるようです。時代が移り変わる中変わらないものが本物の桐箪笥です。今現代的なモダンな桐箪笥が市場に沢山ございますが、伝統に忠実に作られた本物の桐たんすに優るものはございません。この様な桐箪笥を残していく事が私どもの使命だと思いながら職人一同頑張っています。

    A様のようなこだわりのお客様に、この度出会えた事に大変感謝申しあげます。日本の伝統的工芸品のこだわりの大阪泉州桐たんすの田中家具製作所の桐箪笥の作り方を応援して下さり本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

    hatsudasaanekaguyama2016掲載

標準 特大