納品事例&お客様の声

桐箪笥の納品

  • 今年の初めの桐箪笥の納品事例は
    大阪泉州桐箪笥の最高峰
    総桐胴丸紫檀面入り無垢衣裳桐箪笥のご紹介です。

    私どもの桐箪笥の中で最高級の桐箪笥です。

    住宅事情が変わってきた現在でも、最高級の桐箪笥を求めていただけるお客様がおられる事は本当に有難い事です。

    今 家具を置かない方がたくさんおられますが、桐の箪笥だけは最後に残る逸品になると信じています。

    もう少しすれば作れなくなります。それだけ手間暇のかかる作業と職人がいなくなりつつあります。

    これほどこだわった日本の桐箪笥はないと自負しています。

    本当は是非その目でご覧いただきたいです。それほどこだわった桐の箪笥です。

    桐の美しい柾目やすき間が一切ない職人技!

    堅い紫檀材も操れる職人の技術はもう私どもの桐箪笥でしかご覧いただけないと思います。

    このこだわりを是非感じていただきたくて、社長自らがお届けしてお写真を撮らせていただけるようにお願いしてこの様に沢山の写真を載せさせていただいています。

    全国の消費者の皆さまに本当の桐たんすの良さをお伝えしたいと願っています。原木から完成までの一貫生産できる桐工房だからこその桐箪笥です。

    昔からの技法でこのようにこだわった桐箪笥はもうお作り出来る工房は無くなってきています。

    この桐箪笥もいずれお作りする事が出来なくなります。

    それだけ高い職人技が必要になる桐箪笥なのです。

    前板の柾目が総無垢桐で作られている桐箪笥は今ではもうほとんどありません。

    桐箪笥の内部のお盆にも彫刻を入れています。

    お盆の上場にも紫檀材をあしらっています。

    平成の最後の時代に私どもが誇れる最高級の桐箪笥です。

    すべて使用させていただいている桐材も最高級の材料を使わせていただいています。

    桐の香りも心落ち着かせる最高の香りです。

    漂白剤を使わない、約2年かけて自然乾燥と雨にあてて灰汁抜きをした艶と光沢のある桐材は私どもならではです。

    この美しいとの粉仕上げもご覧ください。

    もっと沢山の方に桐の素晴らしさを知ってもらいたいです。

    ここまでこだわった桐箪笥が今でもある事も知って欲しいです。

    まだ沢山の会社や工房が桐箪笥の事をご紹介していますが、

    ほんまもんの桐箪笥をこだわってお作りしている工房はそうありません。

    でもこの様に、こだわればこだわるほど、商売としては儲かりません。今の時代は職人ではだめなのです。

    商売人にならなと会社はダメになりますが、なれません。
    いいものを残していきたいから・・・・・

    いいものだけを残したい!いいものだけを作りたい!

    その考えだけでは今の時代についてこれませんよ、時代に合ったものを追求していかないと・・・・・・・
    会社が何十年続いているとか、伝統がどうだとか、そのような事にこだわっていると会社はつぶれますよと

    経営コンサルタントの方に言われました。

    でも そうすればこの桐箪笥はもう作れなくなります。
    日本でほんまもんの桐箪笥が無くなります。

    わたしどもが引き継いできた本物の桐箪笥作りとはこのようなものなのです。だれがなんと言っても
    それが私どもの仕事です。
    やれるとこまで精一杯やり続けます。桐が好きな消費者の皆さま是非 応援してください。

  • 本日の納品事例は、大阪府のN様の大阪泉州桐箪笥を代表する胴丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    新築のお家に置かせていただきました。N様はお母様の桐箪笥も私どもでお作りいただいて桐箪笥でこの度娘様のご結婚の際にもご購入いただきました。

    大阪府のN様の大阪泉州桐箪笥

    照明(ダウンライト)の影響で少し黄色く写ってしまっていますが、
    実物はこれだけ黄色が濃くありません。

    大阪府のN様の大阪泉州桐箪笥 胴丸

    実際はこのお色ですが、写真は凄く桐箪笥の色を出す事がむずかしいのでお許しください。

    大阪府のN様の大阪泉州桐箪笥 胴丸衣裳

    美しい桐の良さが感じていただける本物の桐箪笥です。

    大阪泉州桐箪笥 胴丸衣裳箪笥

    今でもこのような桐箪笥を求めて遠方からも問い合わせやご来館いただける事は大変有難いことです。

    大阪泉州桐箪笥 桐胴丸衣裳箪笥

    日本と北米の良質な桐材でこだわって優しい職人がお作りしている工房だから出来る桐箪笥です。

    大阪泉州桐箪笥 桐胴丸衣裳箪笥 胴巻き

    細部にわたるまで細かなての込んだ作りを是非ご覧ください。

    大阪泉州桐箪笥 桐胴丸衣裳箪笥 引戸

    これが日本を代表するほんまもんの桐箪笥なんです。

    大阪泉州桐タンス 桐胴丸衣裳箪笥 引戸

    大阪泉州桐箪笥はこの華やかさや桐材のこだわり、そして独特な大阪泉州桐箪笥のとの粉仕上げの美しさが特徴です。

    大阪泉州桐タンス 桐胴丸衣裳箪笥 側面

    関東の桐箪笥のような仕上げももちろんできますが、関東の桐箪笥の工房ではこの大阪泉州桐箪笥の仕上げは出来ないと思います。

    天板の桐材も美しい桐材でしょう。

    大阪泉州桐タンス 桐胴丸衣裳箪笥 天板

    私どもの初音のシールが、(少しピンボケてますねすいません)

    大阪泉州桐タンス 総桐胴丸衣裳箪笥 初音

    伝統工芸士 美光の作品です。

    大阪泉州桐タンス 総桐胴丸衣裳箪笥 伝産

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 伝産

    左の棚は取り外しができます。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 左戸

    前飾り金具も落ち着いたデザインの金具をお選びいただきました。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 前飾り

    鍵座の引出し金具も揃えています。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し金具

    柾目の細かさや職人のこだわりの仕事がご覧いただけます。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 中戸

    このような桐箪笥をお作りする事は年々難しくなってきます。

    大阪泉州桐タンス 総桐胴丸衣裳箪笥 重ね

    伝統技法の両欠き込みで取り付けられた扉と本体の写真です。

    大阪泉州桐タンス 総桐胴丸衣裳箪笥 両欠き込み

    兆番の真ん中に線がきているのが、高級な手の込んだ、ほんまもんの桐箪笥の証なのです。この様に戸と本体を職人がのみで兆番金具をはめ込んでいるのです。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 両欠き込み技法

    1つの戸を丁寧に取り付けるのにすごく時間と技が必要になる作業なのです。
    本体と戸の両方を欠き込んで取り付ける技を、昔から「両欠き込みの技法」といい桐箪笥ならではの扉の付け方なのです。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 開戸

    扉をあけますと、お盆の間隔に固定の1つの中棚がございます。
    これも職人は丁寧にお作りした桐箪笥だけにしかない棚です。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 中棚

    すべてに国産と北米産の良質な桐材のみを使わせていただいています。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 お盆

    この組手も難しい手組み蟻組手です、この技法も伝承する事が難しくなってきています。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し

    気密性に富んだ桐たんすは1つの引出しをいれると違う引出しが出てきます。それだけ空気の逃げない隙間がない桐箪笥の証です。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し

    さすがに美しく桐の艶や透明感と香りも最高です。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し底板

    桐箪笥は凄い箪笥だと思います。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し組手

    引出しの底板の美しい幅の広い杢の桐材もご覧ください。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し底板大

    この山になった幅の広い板目が高級ないい桐箪笥の証なのです。

    大阪泉州桐タンス 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し底板大

    山の部分は桐材の成長している一番柔らかい部分です、この部分を使用している桐箪笥工房はすごく少なくなりました。こうする事で何十年何百年たっても底板が割れにくく昔の高級な桐箪笥はすべてこの作り方を教えられました。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し底板大

    大阪泉州桐タンス 桐 胴丸衣裳箪笥 引出し底板大

    本当に綺麗で丁寧な仕事と良質な桐材料でお作りした桐箪笥は必ず希少価値がでる本物の桐箪笥です。

    大阪泉州桐箪笥 桐 胴丸衣裳箪笥 引出し底板大

    大阪泉州桐箪笥 桐 胴丸衣裳箪笥 引出し大組手

    少しこれふだけいい桐箪笥を納戸に入れていただくのは寂しいですが、桐箪笥にとってはいい環境です。

    大阪泉州桐箪笥 田中家具製作所の桐箪笥

    ほこりや紫外線から守っていただけるゆたんをかけさせていただきました。

    大阪泉州桐箪笥 田中家具製作所の桐箪笥ゆたん付き

    大阪泉州桐たんす 田中家具製作所の桐箪笥ゆたん付き

    共生地の紐の代わりに、朱色の房をお選びいただきました。

    大阪泉州桐たんす 田中家具製作所のゆたん

    N様親子二代にわたり私どもの桐箪笥をご注文いただいて本当にありがとうございました。今でもこれだけの桐箪笥をお作りできる工房で良かったです。

    大阪泉州桐箪笥 田中家具製作所のゆたん

    これからもこれから先に手に入らない桐箪笥を行けるところまで、かたくなにこだわってお作りしていきます。
    日本でこんな桐たんすが欲しいと思われるお客様がいる限り頑張ります。
    でももうこんな桐箪笥は要らない時代が来ています。
    大阪泉州桐箪笥の昔ながらのこだわりの桐箪笥を購入されるのは今しかないかもしれませんね!是非 本物の桐箪笥の良さをご覧ください。

    N様 大変お世話になりましてありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 大阪府のT様に大阪泉州桐箪笥の天丸焼桐板目四段引出し箪笥をお届けいたしました。
    T様は初め私どものショールームにご来館して下さり、わたしの桐への思いといい桐箪笥の見極め方を聞いてくださってお帰りになられました。半年後再び来ていただけて、「社長が言うような出来栄えに他の桐箪笥はそうなっていないので、」私どもの本物の桐箪笥をこの度お購入いただきました。

    本当に有難い事です。こだわった桐たんす(本当の日本の)をお作りしてて良かったです。若い方にもその品質が伝わりました嬉しいことです。

    その桐箪笥がこれです。天丸焼桐四段板目引出し箪笥です。

    どうですか、とてもいい焼桐の桐箪笥でしょ、その桐箪笥をウォークインクローゼットの中に置かせていただきました。

    ウォークインクローゼットの中に、中国材で作られた安価な偽物の桐箪笥ではなく、本物のこだわり桐箪笥を置いていただけるのは本当に有難い事です。臭い臭いのない日本の桐箪笥はもうお作りする事が難しい桐箪笥になります。

    この様な杢目にこだわった職人が手づくりで組み上げた桐箪笥は希少価値がある桐箪笥です。

    天板や側面すべて寒い産地の良質な無垢(1枚板)の桐を手組みてで組み上げているのがご覧いただけると思います。

    T様のこだわりと本物志向のお客様だけが出会える桐箪笥が私どもの桐箪笥です。
    是非 大阪 泉州の桐箪笥の良さを感じていただければ幸いです。

    金具も昔ながらの代わらぬデザインの大人しい唐草引手をお選びいただきました。

    板目の杢目は世の中で1つだけの桐箪笥になります。

    内部の桐材も屋外で2年以上雨にあてた天然自然乾燥をさせた桐材を使用致しております。

    その光沢と艶 桐のほのかな香りも他社製品とは全くちがう私どものこだわりの桐箪笥です。是非 この納品事例をご覧の皆さまに分かっていただければ嬉しいです

    私どもの工房が無くなるともうこのような日本の桐箪笥は作れないと自負しています。

    もっと日本の人に本当の桐の良さを分かっていただけたらいいのにと思います。何百年も日本で桐が伝承されてきた理由があるのです。

    今回T様と出会えて本当によかったです。私どもの桐箪笥に対するこだわりと熱い思いを感じていただけたので、大切にお使いいただけるはずです。

    本物の桐箪笥は持ってて本当に良かったと思っていただける逸品です。ありがとうございました。

  • 兵庫県のN様からのご注文の大阪泉州桐箪笥 小袖衣裳箪笥 をお届けいたしました。娘様のご婚礼でお作りさせていただきました。

    非常にシンプルで上品な桐箪笥のご注文をいただきました。

    特別に厳選した柾目とこの意匠が日本の和室にも映えますね。

    金具も一番シンプルな金具をお選びいただきました。
    N様のセンスの良さが感じられます。

    私どもの創業以来からのこだわりの両欠き込みの技法で取り付けられた兆番がご覧いただけます。

    天板と側面との天丸の蟻組手が無垢桐材の証です。

    桐の最高の柾目と隙間のない気密性のある桐箪笥は私どものこだわりの日本の桐箪笥です。

    この美しさをいつもこのHPをご覧の皆さまにご紹介させていただいています。

    これから先、このような桐箪笥をお作りする事が難しくなってくると思います。

    このままだと日本から腕のいい桐たんすの職人も最高の桐の材料も共になくなってしまいます。今の間に是非 お買い求めください。

    内部の引出しもこれほど美しい仕事をさせていただいているのです。

    このような桐箪笥作りができる職人は貴重な存在なんです。

    寒い産地の杢目の細かな艶と光沢のある桐材は他の工房ではお作り出来ないと思います。

    このようなこだわりの日本の桐が欲しいと思われて全国の方からご注文をいただきます。

    作れる本数もすくないですし、手作りのために時間もかかります、
    でも必ず私どもの桐箪笥を持ってて良かったと言っていただける仕事はさせていただいています。

    私どもの伝統工芸士は素晴らし匠の技を伝承しています。

    この技術を絶やすことなくお仕事ができればいいのですが・・・・
    昨今中国からたくさん、国産と称する桐が輸入され日本のこだわりの桐たんすと見分ける事が出来ない世の中になってきています。

    そのために私どもは、このような納品事例を詳しく載せて、そのようなものとの差をお分かりしていただける事が最も大切な事だと思っています。

    桐の箪笥はその工房の代表者や職人の日本の桐への熱い思いによって作られる桐箪笥が違います。

    是非 本物の安心の出来る日本の桐箪笥が欲しいお客様は私どもにご相談いただければ有難いです。

    多分20年先にはもう手に入らない桐箪笥になっていくと思います。
    この度 こだわりの桐箪笥のご注文をいただきました、

    N様本当にありがとうございます。何百年とお使いいただける逸品なので大切にしてあげてください。

  • 今回の納品事例は貝塚市のM様の大阪泉州桐箪笥 焼桐板目天丸引出し箪笥をお届けさせていただきました。

    M様は娘さんの桐箪笥を買っていただいたのですが、今回ご自宅用としてご一緒にお買い求めしていただきました。
    その桐たんすがこの桐箪笥です。

    美しい桐の板目が気に入っていただきご購入してくれました。

    良く揃ったいい板目杢です。板目の場合は世の中で1つだけの桐箪笥で二度とその杢目はありません。

    13センチの引出しの高さでこれだけの板目を揃える事が出来るのもこだわりの私どもの工房ならではなのです。

    光沢もある艶と中国桐を一切使用しない初音の桐箪笥は日本の誇れる桐箪笥なんです。

    M様に和室に置いていただけて本当に似合っています。
    天板と側面の手組みて蟻組の技もご覧ください。焼桐の箪笥は良く組み方がご覧いただけます。

    天板の桐の無垢板もいい材料を使わせていただいています。これだけの幅の広い国産の寒い地方の木でお作りしています。

    いろいろと説明も大事ですがやはり写真が一番伝わりますね。

    伝統工芸士の職人が真心こめてお作りしました。

    この桐のほのかな香りは心安らぎます。

    内部の桐も私どもでしか手に入らない桐材を使わせていただいています。

    美しさと艶と光沢と杢目を良くご覧ください。

    この桐箪笥はご購入していただいた価値がある桐箪笥です。

    無駄な品物は要りません、価値ある品物を是非お買い上げいただければ必ず大切に長く愛用する事ができます。

    桐箪笥の良さを是非感じていただければ嬉しいです。

    私どものようなこれほど詳しく納品事例を掲載させていただいているホームページ(工房)は日本では無いと思います。

    桐箪笥への熱い愛情とこだわりを少しでも感じていただければ、中国産の桐にごまかされる事がないと思います。

    M様この桐箪笥を気に入っていただいて本当にありがとうございました。掲載させていただいて何十年たっても思い返す事が出来るのもホームページの良さだと思います。

    これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 大阪府のN様からご注文いただきました。
    総桐天丸型衣裳箪笥を滋賀県にお届けさせていただきました。

    総桐天丸型衣裳箪笥は大阪泉州桐箪笥の最も基本的なデザインの衣装箪笥になります。N様は亡き父と仕事の関係で親しくて、そのご縁で今回娘様の桐箪笥のご注文をいただきました。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    大変有難い事です。娘さんの自宅のお二階の和室のお部屋に置かせていただきました。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    扉の中のお盆もご覧いただけます。固定の中棚は伝統工芸士が手づくりで作った証です。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    引出しの桐の柾目の良さや、
    隙間の無い気密性の高い桐たんすは本物の証です。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    扉を付けている金具(兆番)は戸と本体を職人がノミで丁寧にはめ込んでいる、いい桐箪笥だけが施されている両欠き込みの技によって、しっかりと取付されています。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    このように、本体と戸びらの両方を落とし込んで金具を埋めることにより、何百年も狂わないように使える事ができる桐箪笥独自の技なのです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    良い桐箪笥を見極めるポイントになります。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    内部の透明感のある日本産の良質な桐の杢目がご覧いただけます。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    私どもの品質の証の証紙もご覧いただけます。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    背板の桐材も美しい杢目を使用いたしております。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    引き手金具や私どもの美しい柾目の桐箪笥です。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    艶のある美しい赤味のあるとの粉仕上げは
    関西(大阪泉州)の桐たんすならでわの仕上げです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    左側の内部の棚は背の高いものも収納いただけるように稼働式で取り外してお使いいただけるようにしています。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    菊唐草の前飾り金具も上品で美しい金具です。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    下の銀色の座と金銀房の組み合わせも大変美しくてお勧めです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    この光沢のある上質な艶と杢目もご覧ください、
    表面は蝋引きさせていただいていますが、
    その仕上げにも伝統工芸士の技術の高さがご覧いただけます。
    この艶も他の工房では出せない出来栄えです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。 

    これが私どもの桐箪笥です。
    1mmの隙間のない、気密性のある、本物の桐箪笥はこの様に美しいのです。
    光に映えて桐本来の良さを感じていただけます。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。  

    お着物だけではなくなんでも大切な物はすべて桐箪笥に収納ください。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    引出し内部の底板もこの様に美しいいい香りのする日本の桐材で丁寧に組み上げてお作りしています。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    2年から3年、桐箪笥を作る為に桐材の灰汁を抜き自然乾燥させてお作りします。伝統工芸品でもこだわりの私どもでしかお作りできない桐箪笥です。この美しさが伝わればいいのですが。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    細かな蟻組手も職人が手間暇かけて組み上げています。
    どうかこのホームページをご覧の皆さまに私ども桐たんすに対する熱い想いが伝われば有難いと思っています。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    前の蟻組手もこの様にご覧いただけます。堅牢な組手でしょう。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    この平成30年の時代でもまだこれだけ日本の桐にこだわった桐箪笥をお作りしている工房がある事を是非、皆様に分かっていただきたいですね。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    この桐たんすは昔ながらの基本的なデザインの衣裳箪笥です。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    安心して何百年もお使いいただけるのが私どもの桐たんすです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    桐たんすはお作りしている工房によって、全く品質が異なります。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    今回もこの様にお届けさせていただいて、桐箪笥の納品事例をご紹介させていただく事ができ本当によかったです。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    ご一緒に先染めのブルーの朱房付きの油単もご注文いただきました。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    埃や紫外線から桐箪笥を守ってくれます。

    桐箪笥の納品事例!大阪府のN様の総桐天丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    このように桐たんすの需要が年々少なくなる中
    亡き父のご縁で、私どものこだわりの大阪泉州桐箪笥
    初音の桐箪笥をお買い上げいただいて本当にありがとうございます。

    そして私ども工房(職人)を応援していただいて本当にありがとうございます。これからもこのようなこだわりの日本の桐箪笥をお作り出来るように頑張ります。

  • 奈良県のT様にこだわりの大阪泉州桐箪笥別注焼桐柾目七段引出し箪笥をお届けさせていただきました。こちらがお届けしたその桐箪笥です。

    T様のクローゼットに入れさせていただきました。T様は以前から桐の箪笥が欲しくて探しておられました。私どもとご縁があって桐のご説明をさせていただいてご注文いただきました。

    柾目も良く合わさせていただいてお作りさせていただいています。

    焼桐は杢目のバランスが均等に粗い方が美しく上品に仕上がります。

    引出しや棚と杢目を合わせる独自の技術が要ります。
    すべて7段引出しに鍵をかける事ができます。

    焼桐の桐箪笥はとの粉仕上げに比べると取扱いはしやすいですが、
    やはり高級な桐箪笥なので、最初は手袋を使用してお使いいただけるようにお願いしています。

    金具は時代金具をお付けさせていただいています。

    焼桐の仕上げも弊社ならでわの美しい仕上げの技がございます。

    伝統工芸士の職人が真心込めてお作りしています。

    一番上の引出しには、小物を整理しやすいように仕切り板を2枚入れさせています。

    左右に動かす事ができ、別の引出しにもお使いいただけます。

    前板や先板も手組みてで堅牢な作り方を伝承しております。

    スムーズに出し入れできる引出しもほのかに桐のいい香りがします。

    引出しの底板も良質な幅の広い桐無垢材でお作りしています。
    衣類を入れられたら見えない部分にも私どものこだわりがご覧いただけます。

    この様な桐箪笥をお買い上げいただいて本当にありがとうございます。

    T様のような本物の価値が分かっていただけるお客様にお世話になれて本当に有難く思います。ありがとうございました。

    大切にお使いいただけるので本当に嬉しいです。

    これから先、職人や日本の桐の材料も少なくなり、桐箪笥はお作りする事が大変難しくなってくると思います。
    少しでも平成のこの時代にこのような桐箪笥が作れたという事を残す事が私どもの仕事のやりがいです。

    追伸 納品させていただいてお写真を撮らせていただいたのですが、カメラをT様宅に置き忘れまして、わざわざお手数かけて送っていただいて本当にすいませんでした。
    ありがとうございました。

     

  • 初音オリジナル 手作りのカシュー塗り桐のテレビボードをお届けいたしました。

    どうですか、カッコイイと思いますが・・・・・

    オリジナルデザインの田中家具製作所だけのテレビボードです。

    こだわりの和泉市のN様にお買い上げいただきました。

    桐箪笥と同じ材料でお作りしています。

    ですから引き出しもすべてもこだわりの桐材を使用して、開け閉めもスムーズで気持ちよくおこなえます。

    桐の良さと香りや材質抜群のテレビボードです。

    私どもの職人が全て手作業で完成させた一点になります。

    天板も側面もすべて桐の無垢板で出来ています。

    お部屋に美しい朱色が映えます。

    和と洋の

    どのようなサイズもオーダーメイドでお作りできます。

    桐のテレビボード

    桐の杢目も美しく浮きたってご覧いただけます。

    日本で唯一の桐のテレビボードです。このようなこだわりのお客様に出会えるのも桐たんす屋ならでわです。

    桐テレビボード

    M様 素敵なお部屋においていただき本当にありがとうございました。これからも大切にお使いいただければ嬉しいです。

  • 先日のこれなんだ?のブログで、色んな方から答えをいただきましたが、正解は「長持ち」と言います。桐箪笥を作っている私どもなら当たり前に知っているのですが、世の中では死語になってきている事を実感いたしました。

    桐箪笥もそうですが、ものすごい危機感がありますね。30年以上前までは、当たり前のように大きなお見合いの婚礼の場合は、和布団を上に飾り持参したものですが、今やお布団も和布団から洋布団、綿から羽毛に替わり長持ち自体も無くなってきました。

    ただこの長持ちを探しておられた方が奈良でいらっしゃいました。
    この押入れには長持ちが必要ですね。

    押入れの意味も分かりますか?押入れとはこの様な和室の横にあるものを収納出来るスペースの事を押入れといいます。

    この押入れに私どもの総桐の長持ちを置かせていただきました。

    どこの家具店に電話しても、「もうそんな長持ちなんてありません。」「作れる工房も今ないですよ。」「うちでは取り扱っていません。」と断られまくられ、半ば諦めていたそうです。

    そんな時に知り合いが私どもの桐箪笥のホームページを教えてくれて、連絡をいただきました。

     

    もちろんやってます、ありますよ、とても喜んでいただいて制作させていただきました。長持ちは大きくて幅も1800mmあります。
    奥行も深いし高さもあるのでお作りする職人は大変な作業になります。

    その割に昔は桐箪笥に比べて価格はそれほど高くなくて、工房からしますとあまり作りたくないタンスなんです。それも長い桐材が必要になりますし、かんなをかけるにも一苦労します。端から端まで一気にカンナをかけないとカンナを止めてしまうと型がいくからです。重労働の作業で、大きな箱ものですからまわしたり、向きを変えたり作業が大変なのです。

    だから今ではお作りする工房が無くなってきているのでしょうね。
    長持ちの内部の下側にはこの様な穴をあけています。

    長持ちの内部の上側にもこの様な穴をあけています。

    この両方の穴は「突っ張り棒」というものを上下にはめるための穴です。まず下の穴にはめてから上の穴にはめますこうすることで、天板の下がりや長持ちの上に少しくらいの重いものを乗せてもらっても天板が下がらないようにするための「突っ張り棒」なんです。

    これも昔の職人が考えた技法の1つなのです。「突っ張り棒」を取り外し出来る事でこの長持ちにお布団の出し入れや収納しやすくしているのです。

    いつもこの仕事をさせていただいてて感心するのですが、昔の日本人は本当に賢いです。

    そして引戸を左側と右側にはめると長持ちになります。

    長持ちの中の小さな収納したものを取り出すにはこの様な左右に動く引戸のほうが便利が良い事も昔の日本人の知恵です。

    それぞれ、家の道具としてこの様に紋を入れたりしました。この紋は五三桐と言う紋で女性の紋の中では多いご紋になります。

    今ではこの様に桐の引き戸に紋を入れてくれる書き屋さんと言う方もいなくなってきて大変です。これも機械やシールではなく書き屋と言う職人さんが書いてくれるのです。

    すこくいい総桐の長持ちをお届けさせていただきました、このような長持ちの納品事例はこれから先本当に少ない事例となるでしょうが、この日本 全国で長持ちを探されている方は是非 私どもにご相談していただければお作りさせていただきます。

    この様に総桐で作られた長持ちは中のお布団や品物を湿気や虫からも守り長く長期にわたり保管できる最適な収納家具なのです。これは他の材料で作られたものでは守りきれません

    昔の日本人が考えた知恵がここにも生かされているのです。

  • 奈良県のM様のご注文も天丸五段引出し箪笥をお届けいたしました。
    M様は他にも桐箪笥をお持ちになられているのですが、この度私どもの大阪泉州桐箪笥の桐箪笥の良さに賛同してくれてお買い上げしてくれました。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    これがその桐箪笥です。和室に圧迫感のない高さでしかもお部屋を上品に演出するのが私どもの桐箪笥です。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    天板や側面の桐の無垢板も杢目のいい桐材でお作りしています。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    良質な美しい無垢の桐材はこれから先少なくなってきます。
    日本にいい桐材が少なくなってきました。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    このように引出し金具も落ち着いた限定品の金具を採用させていただきました。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    すき間のない引出しは気密性があって職人ならではの手作りの良さを感じていただけます。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    引出しの内部もこのようなこだわりのいい香りの幅の広い国産の最高品質の桐材を使用しています。是非私どものショールームでご覧いただきたいですね。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    お着物を入れると見えなくなりますが、これが私どもの桐箪笥に対するこだわりです。中国の桐材でごまかしをする事をしません、あくまでも本物にこだわります。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    初音と伝統工芸品の証紙と伝統工芸士の雅号がご覧いただけます。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    細部にわたり昔ながらの桐箪笥の作り方そのままにお作りしています。そのため制作するのに時間がかかるのです。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    機械化しないで、あくまで手作りにこだわる非効率な作り方ですが、これが私どもの桐箪笥作りにかける思いです。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    そこに手作りの工芸品の良さを必ず感じていただけるはずです。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    最後にこだわりのご紋を染め抜いた油単をかけさせていただきました。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    ゆたん(綿のカバー)はこの様に全面を上げる事ができます。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    引出しを出し入れしたり、お客様にご覧いただく場合はこのように致します。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    普段はこの様に前側もおろしてかけます。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    初音オリジナルのお色と家紋がとても美しく感じられます。

    五段小袖箪笥をお届けいたしました。

    M様のような方に私どもの桐箪笥をお使いいただけるのは本当に嬉しい事で、今までお仕事をさせていただいて本当に良かったです。これから先は本当にいいものをお作りする事が難しくなりますが、M様のようなお客様に出会える事を願ってこの道を極めて頑張ります。本当にお買い上げありがとうございました。

  • 台風21号の被害で電話とインターネット回線が不通になってからの久しぶりの桐箪笥の納品事例のご紹介です。
    大阪府のM様からのご注文の大阪泉州桐箪笥 天丸中高中衣裳箪笥をお届けいたしました。

    今人気の小振りな桐箪笥です。マンションの和室に置かせていただきました。

    大阪泉州桐箪笥 天丸中高中衣裳箪笥

    との粉仕上げの落ち着いた昔ながらのデザインの桐箪笥です。

    開き戸や引出しの桐の柾目の美しさを是非感じてください。

    この良さが伝統工芸品の桐箪笥なのです。

    上品な仙徳金具の前飾りと引手金具が特徴です。

    私どもの伝統工芸士の職人が丁寧にお作りさせていただいております。

    手作りのためにたくさんお作りすることはできませんが、本物の桐箪笥 を残していきたいのです。

    初音の証紙と伝統工芸品の認定証紙と伝統工芸士の雅号をお付けしています。

    美しい日本の国産の桐の艶や光沢を是非感じてください。

    引出しの前組手も手組みで丁寧に組み上げています。

    この技を伝承している工房はもう少ないです。

    右の引出しを押し込めば、左と真ん中の引出しが出ます。

    引出しに気密性のある証です。

    引出し内部の幅の広い杢の大きな良質な桐材は私どものこだわりの桐箪笥の証です。

    こんな美しい引出しに大切な思い出をしまっておいてください。

    これが日本のこだわりの昔ながらの桐箪笥です。

    1mmの隙間もないので湿度や虫からも衣類を守ってくれるので安心です。

    お盆は6杯ございます。どのような別注も承ります。

    扉の裏やたいこの部品も丁寧にお作りしています。

    2年以上乾燥させて雨にあてて灰汁抜きした光沢のあるお盆内部の桐材も是非ご覧ください。私どもの納品事例は他店の納品事例と異なり、この様に詳細に本物の桐箪笥の良さがご覧いただけるようにたくさん写真を載せています。

    これだけ美しい桐を使用しています。これが大阪泉州桐箪笥の初音の桐箪笥は品質がいいと言われる理由です。

    お写真をご覧になられれば分かっていただけるでしょう。

    この様な桐箪笥を残していきたいのですが・・・・・・
    違いを分かっていただける消費者様が少なくなってきているので、存続も難しいですね。

    全てのお盆も美しい杢目を使用しているでしょう。

    着物を入れれば見えなくなりますが、私どものこだわりがここにもあります。
    今 他の工房ではこの部分は全て安価な杢目のない中国材の桐材を使用しています。

    開き戸を開けて、

    こだわりのいい桐箪笥はこの金具の付け方で判断できます。
    兆番(黒い金具)が桐箪笥本体と戸びら側、両方に彫りこまれてはめ込んで付けられているでしょう、これが最高級の桐箪笥の特徴です。

    両欠き込みの技法といい、この様になっている桐箪笥は伝統の技で職人が手間暇かけてお作りしている桐箪笥だけです。

    私どものショールームにお越しいただければ、いい桐箪笥の特徴が分かっていただけるようにご説明させていただいています。

    家具の市場に溢れた偽物のまがい物の桐箪笥とは大きな違いがございます。

    簡単に見極めれると思います。

    是非、粗悪な業者に騙されない知識を持っていただきたく願っています。

    この度もM様にお買い上げいただいて本当に有難く思います。
    これからもこの様な桐の箪笥がお作りする事ができように出来る限り精一杯やります。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 兵庫県にお住まいのこだわりのK様に大阪泉州桐箪笥 天丸御所車三つ重ね衣装箪笥をお届けいたしました。

     

    K様はいろいろと桐の箪笥の事を勉強してくれて、
    お着物や衣類をしっかりと守れる本物の桐箪笥を探されていました。

    そんな中、私どもを見つけていただき、問い合わせやご相談をしていただいて、この度この桐箪笥をお買い上げいただきました。

    初めから箪笥を置く予定でこの様に場所をあけていただいていました。

    ただその桐箪笥に関して、なにが良い品物なのかが判断しにくくて迷われていました。そんな折に桐箪笥に関してご相談があってお話しさせていただいているうちに新しい桐箪笥をお買い上げいただく事になりました。

    いい桐箪笥はこの様に重ねて見えなくなる桐無垢材も幅の広い国産の良質な材料を使用いたしており、接合部分も職人が手で組み上げていく、手組蟻組手で組みあげられています。

    このような桐箪笥は市場ではあまり無いのが現状です。
    K様のこだわりのご自宅に置かせていただきました。

    かなり日あたりのいいお部屋でした。

    ちょうど扉も開閉しやすく、綺麗に桐箪笥を納める事ができました。

    艶のある美しい桐材を使用いたしております。

    桐箪笥を重ねている側面には、初音の家具の証である、刻印入りの棒通し金具をお付けしています。

    鶯(ウグイス)のブランドマークと初音の漢字の文字がご覧いただけます。

    引戸をあけますと、美しい寒い気候でそだった東北岩手の桐材がご覧いただけます。

    そして、伝統工芸士の雅号と伝統的工芸品の認定を受けた大阪泉州の証紙もご覧いただけます。

    開き戸の前飾り金具は、大変高級な御所車の金けし金具を採用いたしております。

    角度を変えてご覧いただきますとその柄や色の美しさが良くわかります。

    開き戸のバランスのとれた桐の柾目の美しさは私どもの桐箪笥の自慢です。

    これだけの桐材を使える工房も日本では少ないと自負いたしております。
    引出し金具も前飾り金具とお揃いの御所車金けし金具をお付けしています。

    引出しすべてにおいても隙間なく伝統工芸士が丁寧に仕込んでお作りしています。

    年間でお作り出来る桐箪笥には限りがございます。手作りの桐箪笥なのでお作りするのに時間がかかります。

    引出しの内部もこの様に幅の広い良質な桐材を使用させていただいています。

    この職人の技術も伝承する事が年々難しくなっています。

    この引出しを押し込めば、真ん中や左の引出しが飛び出します。
    引出しに隙間がないため気密性が高く押し込んだ空気の逃げる場所がないので他の引出しを後から空気圧で押し出すためです

    この小さな3つの引出しは箪笥本体の奥側に空気の逃げる穴があるためこの様に連動するのです。昔からこれがいい桐箪笥の条件とされてきました。

    開き戸の内部も丁寧にお作りさせていただいています。
    上からお盆2杯の下には、固定棚(中棚)があるのが、いい品質の桐箪笥の証です。

    この固定棚の無い桐箪笥はいくら高価な金額であっても購入してはいけません。後で後悔いたしますよ。

    必ず固定棚(中棚)のある桐箪笥をお選びください。これが伝統工芸士が手造りでお作りしている桐箪笥の証です。

    油単(桐たんす用のカバー)を最後に掛けさせていただきました。

    すごく日当たりのいいお部屋なので、油単も色あせるでしょうが、
    桐箪笥を日焼けから守ってくれます。

    こだわりのK様に出会えて、そして私どもの桐箪笥作りに賛同いただきまして本当にありがとうございました。

    またK様から応援していただいて、元気をもらいました。
    この様に品質のいい桐箪笥を探されているお客様に直接出会える事は、大変嬉しい事です。

    またこれを励みにして、出来る限り本物のこだわりの中国桐材や機械を使うことなく伝統の技法で手づくりして桐たんすを一竿でも残していきたいと思っています。

    これから先このような桐箪笥はお作りする事が難しくなると思います、大切にしていただければ嬉しいです。K様本当にお世話になりありがとうございました。

標準 特大