社長ブログ

桐箪笥の移動

2012年12月6日 | 社長ブログ | コメント:0

岸和田市のK様より、お嫁に持ってこられた桐のたんすを、2階の洋室から、
1階の和室へ、移動させて欲しいとのご依頼がございました。

他社の桐たんすですが、
私どもの、ホームページをご覧になっての、ご依頼です。

お二階洋室の桐たんす

桐の箪笥は、専門の業者でなくては、傷をつけられたり、汚されたりするみたいです。
安心して、運んでいただく所が見つけにくいのが、現状です。

まず桐箪笥が、柔らかい木であるのも知らない運送業者さんもおられ、たびたびトラブルになっています。

そんな傷がいったり、汚れたりした桐たんすが、私どもの工房に入ってきて、
洗い替えや、修理をさせていただいたり、してますから、よく現状がわかるのです。

今回、お盆や引き出しは、お着物を入れていただいたまま、
階段でおろさせていただきました。

桐の箪笥を、巻だんで傷がいかないように梱包してから、上台と下台は、階段で下せました。
中台は、2階の外階段を利用して、移動する事ができました。

和室の設置場所      和室に設置した桐箪笥

和室に置かせていただいて、平行バランスを保つために、台輪の下に、桐の敷板をひいて、左右のころびや、前に傾いていないかチェックして、1時間半の作業を終了いたしました。
大切な、桐たんすなので、ちゃんと移動させていただいたので、良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大