社長ブログ

こだわりの桐箪笥の社長ブログ 本物のいい桐箪笥の洗いがお届けできました。

2015年9月14日 | 社長ブログ | コメント:0

今年の6月にご依頼をうけて、洗いの箪笥をお預かりさせていただきました。
桐箪笥の洗いが出来上がって、先日お届けさせていただきました。

P1230880

前回のブログでもお書きさせていただきましたが、本当にいい大阪泉州桐箪笥を代表する胴丸型と言う桐箪笥です。私どもの作品ではございませんが同じ大阪泉州桐箪笥共同組合に加盟されていた職人さんのお仕事だと推測されます。この桐箪笥が私どもで洗い修理すればこうなりました。

DSC02186

これが 弊社の桐箪笥の洗い替えの技術なんです。

DSC02195

光沢のある綺麗な美しい仕上げがご覧いただけるでしょうか?
ここまで丁寧に洗い替えで美しくなおせる工房は少ないでしょうね。
これが私どものこだわりの洗い替えの技なんです。

DSC02190

最初に工房で丁寧にお湯で洗って長年の汚れをお落とします。

箪笥の洗い

それから何十日と日にちをかけて、良く乾燥させます。それから割れや痛みの激しい箇所などを職人が手直ししてから最終仕上げ塗装を行います。

箪笥の洗い

一棹一棹 手仕事で作業を行うので思うように簡単に出来ません、
でもうちの真面目な職人が日々頑張ってくれています。
愛情をこめて1棹1棹 丁寧に手直しします。

箪笥の洗い

するとこうようになるのです。詳しくは後日 洗いの納品事例で後日 ご紹介させていただきますね。

DSC02196

お届けさせていただいて、ご依頼してくださった。お客様も大変喜んでいただきました。
その喜んでいただくお客様の為にお仕事をさせていただいています。

でも本当にいい本物の桐箪笥をお持ちでした。また今回も昔のこだわりの職人さんの技術を勉強させていただきました。本当にありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大