納品事例&お客様の声

桐箪笥の納品

高石市のN様のこだわりの桐箪笥を2棹お届け致しました。

2016年1月4日 | 桐箪笥の納品 | コメント:0

今年初めの大阪泉州桐箪笥 初音の桐たんすの納品事例は、
高石市のN様のこだわりの桐箪笥を2棹をご紹介させていただきます。

特別に沢山のお写真を撮らせていただきました。ありがとうございます。

DSC03567

慎重に梱包をあけて、セッティングします。

DSC03574

大阪泉州桐箪笥 初音の家具の代表的な胴丸型の下台です。

DSC03569

下の写真をよくご覧ください。側面の桐板と下天の接合している手組みの蟻組手です。この部分は、上台の箪笥をのせると見えない部分ですが、大阪泉州桐箪笥の㈱田中家具製作所の桐箪笥は、この組手の細かさと見えない部分にも、手を抜かない仕事をご覧ください。

DSC03572

丁寧に上台をのせさせていただきました。

DSC03575

上台の包装をはずさせていただきました。こだわりの桐たんすがご覧いただけます。

DSC03579

昨年 叙勲をいただいた朋光がお作りした逸品です。

DSC03577

初音の桐たんすの証紙もご覧いただけます。

DSC03578

大阪泉州桐箪笥 胴丸2つ重ねの総桐箪笥です。

DSC03582

前飾りには、金消し和紙金具をお選びいただきました。

DSC03586

DSC03587

引き手の金具もお揃いの金具です。

DSC03588

鍵座は、特別に蔦の紋の金具をご注文いただきました。

DSC03589

DSC03590

鍵座は、右側にスライドすることで鍵穴が利用できます。今では、箪笥に鍵をかける事が出来るのは、桐たんすだけです。

DSC03591

開き戸の金銀房の下にも紋入りの鍵座がございます。

DSC03605

胴丸2つ重ねと一緒に天丸四段引出したんすもご注文いただきました。

DSC03595

こちらも美しい柾目を使用させてお作りさせていただきました。

DSC03596

引き手金具も揃えさせていただいております。

DSC03597

色艶 仕上げもこだわりの桐箪笥です。

DSC03599

本物の桐たんすが持っている落ち着いた存在感は、伝統工芸品ならでわの良さですね。

DSC03592

DSC03603

厳選した前板と隙間のない引出しの仕事は、初音の桐箪笥のこだわりです。

DSC03606

特別にお盆も5杯入れさせていただきました。

DSC03608

本物の桐箪笥には、必ず中棚(固定棚)がご覧いただけます。
DSC03610

上品な丸みのある作り出しの高級なお盆の形がご覧いただけます。

DSC03611

美しい天然の桐がもつ光沢感と艶は、素晴らしい桐の良さを感じていただけます。

DSC03612

この美しい桐材をお作りするために、日々努力しております。

DSC03613

日本の桐は本当に素晴らしいでしょう。

DSC03614

前板の蟻組み手もご覧ください。

DSC03615

引出しの底板の桐材も幅の広いよい桐材もご覧ください。

DSC03616

DSC03617

DSC03622

桐たんすの隙間のない引出しは、伝統工芸士が丁寧にお作りしていう証です。

DSC03624

柾目の細かさもいい桐たんすの絶対条件です。

DSC03625

初音の桐箪笥のとの粉仕上げにも独自の技法がございます。
お色の美しさは、初音の家具ならではの特徴です。

DSC03626

DSC03628

DSC03629

いつまでもこのような美しいこだわりの桐箪笥をお作りしていきたいです。

DSC03630

桐たんすの良さをお写真で感じていただければ、幸いです。

DSC03632

DSC03633

DSC03634

天板の組手もご覧いただけます。無垢の板はこのような組手で接合します。
組手のない桐たんすは、絶対に購入してはいけません。

DSC03635

DSC03636

DSC03637

DSC03638

DSC03639

DSC03640

DSC03641

DSC03643

DSC03644

DSC03645

本物の桐箪笥だけがこの両欠き込みで兆番金具が職人の蚤により丁寧に取付られています。

DSC03648

DSC03761

DSC03763

DSC03765

初音のオリジナルの萌黄色の油単をお選びいただきました。

DSC03769

蔦のご紋とお嬢様のお名前を染め抜かせていただきました。

DSC03770

DSC03774

DSC03778

DSC03782

DSC03783

DSC03785

DSC03786

高石市のN様 こだわりの特注桐たんすのご注文本当にありがとうございました。
いつまでも大切にお使いいただけたら幸いです。
これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大