大阪泉州桐箪笥の用語集

大阪泉州桐箪笥用語集

焼桐時代仕上げ【 やきぎりじだいしあげ 】

桐の板目や柾目を塗装で、焼きあげた風合いの、
桐箪笥の仕上げ方の1つです。

砥粉仕上げより、手垢や汚れが付きにくいのが特徴です。
しかし、水やあぶらや酸性の性質に物には弱く、色あせたり、
する事は、ございます。
最近は、人気のある仕上げ方で、様々な箪笥に用いられます。

焼桐時代仕上げ

標準 特大