社長ブログ

社長ブログ

  • 先日 以前お買い上げいただいたお客様から修理の依頼をうけて、福岡に出張してきました。初めは新幹線で向かう予定でしたが、時間の関係で前日に飛行機を急遽予約していってきました。

    dsc09889

    dsc09890

    使用した飛行機はご覧のとおりピーチ(PEACH)で行ってきました。朝1045分のフライト時間でした。

    dsc09891

    関西国際空港を使い、第二ターミナルからの出発なので少し不便で搭乗するまで時間がかかります。第一ターミナルからの全日空や日本航空に比べて約30分は時間の余裕をもって空港に着かなくてはいけません。

    ピーチ(PEACH)

    搭乗に際しても、窓側の方が先に呼ばれ、それから真ん中の席の方
    最後に通路側の座席の方の順で搭乗します。

    ピーチ(PEACH) 関西国際空港

    私の会社の子が上手く通路側を選んでいただいて予約してくれていたのでよかったです。

    dsc09895

    座席は狭いと聞いていましたが、そんなに心配なく十分快適でした、まだ私の頭に合わせて
    座席の高さが良く合っていて、かえって快適な感じがしました。1時間のフライでした。

    帰りは、こんな感じです。福岡10時15発 関西国際空港行きです。

    dsc09984

    皆さんお土産など持ってましたが、私は仕事の為なにも買ってかえらなかったのですが、
    家族に「お土産ぐらい買ってきてよ」と後で叱られました。博多の明太子を期待していたらしです。「ごめんね」後日 お詫びで百貨店で買ってくる事にしますね。

    ピーチ(PEACH) 福岡国際空港

    帰りの機内で、ハイボールを1杯飲みました。おつまみ付きで¥500円ですがこれはお勧めです。ピーチのおつまみは大変美味しいです。氷もいい氷を用意してくれます。

    ピーチ(PEACH) 関西国際空港

    帰りは45分で関西国際空港に到着しました。

    ピーチ(PEACH) 関西国際空港

    夜の駐機場にピーチが並んでいます。

    ピーチ(PEACH) 関西国際空港駐機場

    LCC初体験の出張でしたが、こんなに早く福岡に行けるのなら、休みの時に日帰りでどんどんピーチに乗って出かけたい気になりました。有意義な1日でした。

    福岡でのブログは後日また載せさせていただきます。

  • 今回の社長ブログは、私が長年愛用しているカリモクのメジャーをご紹介します。

    年期の入っているメジャーです。今はメジャーと言うよりスケールと言う呼び方に替わっていますね。

    それがこのスケールです。

    dsc09844

    以前カリモクからの粗品でいただいた物です。約30年前ぐらいになるでしょうか!
    懐かしいこのカリモク家具のロゴが歴史を感じさせるでしょう!

    カリモク家具様との長いお取引を感じていただける品物です。

    dsc09845

    今どきこのスケールを使用している社長は全国でも本当に少ないでしょうし、おられるのでしょうか! 私は今でも大切に使わせていただいています。

    裏側は、名前を張れるようになっていますね。下のJAPANの文字もいいでしょう。

    dsc09846

    最近は巻き戻しも弱くなってきて、それがまたいいのです。年期を感じて優しく使ってあげています。

    dsc09847

    スケールのメモリを良く見てください。今では珍しい尺寸の寸法が上側にきています。
    これは、桐箪笥を作っている私どもには、大切な事なのです。

    今でも私どもは、尺寸を使用します。四尺タンスと言う言葉を耳にした事がないでしょうか?
    1尺が303mmなので、四尺たんすは、1212mmの幅の箪笥の事を言います。

    dsc09848

    桐たんすの職人はmm(ミリ)でなく、今でも尺寸を使うのです。この様に尺寸とミリ寸が両方明記されているメジャー(スケール)が一番重宝いたします。

    dsc09849

    古いメジャーなので、1500mm以上出すと巻きもどりませんが、これからも大切に優しく使わせていただきます。

    これも古い桐箪笥と同じで、古い物を大切にする私らしいこだわりです。

  • こだわりの10月のお車シリーズは BMW116i のお車のご紹介です。

    BMW

    今回もこだわりのお客様はこだわりのお車でご来館してくれましたので、
    ご紹介させていただきます。

    BMW

    バックはシンプルなデザインですがボリューム感のあるシルエットです。

    BMW

    BMW 116iというシリーズですね。BMWのエンブレムはカッコイイですね。

    BMW

    BMW

    タイヤにもマークが入っていてかっこいいホイールです。

    BMW

    BMW

    フロントデザインは、BMWらしいデザインでしょう。

    BMW

    バックのデザインとは違い、迫力があると思いませんか。

    BMW

    BMWの中では、コンパクトな部類に入るシリーズですが、女性の方のお車としては、すごくオシャレな印象を受ける高級車ですね。

    BMW

    こだわりのお車で御来館ほんとうにありがとうございました。またお買い上げいただきまして本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 西宮市にあるカリモク関西ショールームのデスク売り場では、カリモクならではの学習机がたくさん展開されています。私どもの岸和田のショールームには、デスクはあまり展示がないので、カリモク関西ショールームをご紹介させていただいています。

    来年2017年のご入学をが近づくにつれて、学習机をお早目にお買い求めになられるお客様が本当に増えております。

    カリモクデスク売り場

    泉州地域や大阪 兵庫から私どもの顧客様もどんどん見に来られています。

    10種類以上のデスクの種類がカリモク家具で製作されております。
    一つ一つ、こだわりや特徴のあるデスクで、
    お部屋の広さや用途に合わせて、
    お子様が大きくなられてもずっと使っていただけるようなデザインや機能性が
    すごくたくさんあります。

    カリモクデスク売り場

    デスクチェアーや、ライト、シェルフ、引き出しワゴンなどの付属の製品も
    数多いの組み合わせパターンはすごい数になります。
    シンプルなデザインも多く、天然木のぬくもりに包まれるような素材感も
    カリモク家具ならではになっております。

    カリモクデスク売り場

    長く使えるものですので、是非この機会に一度は、カリモク関西ショールームのデスク売り場にご来館いただきましたら幸いです。

    カリモクデスク売り場

    学習デスクもお早目のご予約がいいと思います。

    質感や使い勝手を是非体感ください。ショールーム受付で、岸和田の初音家具 田中家具製作所のご紹介でと言ってご入館ください。

    ご入館後お気に入ったデスク商品をお選びいただきましたら、弊社より価格の提示とお届け納期等を後日連絡させていただきます。どうぞよろしくお願い申しあげます。

  • お客様から依頼された粗悪業者の桐タンスの洗い替えの後始末は大変な作業です。

    一度昔に粗悪な桐箪笥の洗い替え業者に出された桐箪笥の再び再生を承りましたが、
    この様にこの桐箪笥が出来たときは、背中の板も木釘で止められていました。

    これが前の業者のへたくそな入れ木を外すのも手間がかかります。背板もこれだけボロボロです。

    dsc09398

    腹が立つのが、以前洗いをした業者は、金釘で止めています。これが面倒で・・・・
    本来は、右の木釘で止めるのが当たり前です。でも粗悪業者は、左の金釘を使っています。

    dsc09406

    何か所もこのように金釘を使用しているので、背板に鉋(かんな)をかけれません。
    カンナの刃が欠けてしまいます。情けない仕事をしてくれています。

    dsc09400

    今回は、あまりにもひどいため、背板を外すように指示いたしました。

    dsc09399

    dsc09411

    背板を外したらこの様に金釘が残ります。

    dsc09413

    それをペンチで抜きます。

    dsc09412

    この部分は全部桐に交換せざる得ません。私どものようなこだわりの桐タンスの洗い修理をする工房はこのような金釘なんて絶対に使用しません。

    dsc09417

    おなじ同業者と呼ばれるのが心外ですわ。

    今も平気でこの様な仕事をする者もいると聞いています。お金だけで「きちんと治してあげようと思う気持ちがないのです。」そのような方は、桐たんすの洗い修理の仕事をしないで欲しいですね!

    そのような業者といつも値段の競争させられます。もうほんとうに勘弁してください。
    仕事の内容も分からずに安価なところに依頼されるお客様がいるかぎり、このような業者は無くならないのです。

  • 先日、ご来館いただきましたお客様からマカロンのお菓子をいただきました。

    福岡県限定生産のあまおうのピューレ100%を使用した赤いマカロンだそうです。
    洋菓子店で有名なダロワイヨさんのマカロンでした。

    DSC00046

    パッケージも赤とピンクでとっても可愛いです。

    DSC00047

    開けてみると6個ならんでる姿がとっても可愛く思いました。

    DSC00048

    マカロンのお色がすごく綺麗です。

    DSC00049

    ダロワイヨさんでは、その季節の味をマカロンにしたりしているそうです。
    こちらのあまおうのマカロンも限定のマカロンみたいです。

    DSC00050

    食べるのがもったいないくらい可愛いマカロンをいただきました。

    DSC00051

    外側はカリっとした感じですが中は柔らかく少ししっとりしたような感じです。
    上品な甘さのクリームもすごく美味しかったです。

    DSC00052

    あまおうの風味と味を生かしたとっても可愛くておいしいマカロンのお菓子!
    ほんとうにありがとうございました。

  • いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。
    私どもの桐たんすの納品事例ですが、これだけ詳しく桐箪笥をご紹介させていただいている納品事例は他社では無いと思います。

    DSC06969

    他社では、写真も多くて3枚ぐらいで、桐の柾目の細かさや、使用している桐材の透明感や艶などが伝わってこないはずです。外観だけ撮ったりして私どものような細かな詳細のお写真を載せていません.

    花車 桐箪笥

    私どもはそれだけ桐たんすに対する職人の思いをより詳しく伝えたいからです。

    組立前

    お客様に喜んでお使いいただける本物の仕事を残していけるように・・・・・・

    dsc01321

    dsc01417

    なんとかこの日本の伝統技術を続けていかなくては、
    国産のこだわりの桐は美しいです。

    焼桐

    この手組み組み手も美しい職人技です。

    胴丸小袖桐箪笥

    多くのホームページをご覧いただいたお客様からも
    「大変良く桐たんすに関して分かって良かった」と言うお言葉をいただくと、
    本当に有難く存じます。

    胴丸小袖桐箪笥

    毎回 納品をさせていただいて、お客様にご了解を得て、お写真を撮らさせていただいてこの様に紹介させていただいています。

    胴丸小袖桐箪笥

    少しでも私どもの大阪泉州桐箪笥の初音の桐たんすの作り手のこだわりと特徴を感じていただけたらと言う思いだけです。
    この納品事例は私どもでしかご紹介できないこだわりの桐たんすの納品事例なのです。

    こだわりの桐箪笥の納品事例

  • 昔から日本は資源に乏しい国で、タンスを作る材料にしてもとても貴重でした。それゆえに先人の日本人は、どうにかして再生出来るタンスを作る事を考えたのです。

    湿度の多い梅雨や前線のために気密性や調湿性のあるタンスを考えました。

    その材料として一番適してる材料が桐材でした、その桐材を使ってタンスをつくる事を考えたのです。もちろん衣類もその当時でもたいへん貴重で、何十年と着れる衣類を収納出来る事が出来るたんすを考えたのです。

    胴丸小袖桐箪笥

    でも桐の材料はとても貴重な材料なので何十年や何百年経った後でも、再びまた甦らせるような加工や、塗装技術を考えたのです。それが桐箪笥です。
    その当時の日本人の知恵には本当に感心致します。

    当時の考え方では、資源に限りのある日本で使い捨ての習慣などはありませんでした。

    日本人が何千年の歴史の中から考えだしたたんすが、桐箪笥なのです。
    これは、日本人が誇れる大切な財産です。

    DSC05144

    この桐たんすをいくつもの世代を越えて使えるように手直ししていく事ができなければなりません。

    DSC07015

    昔ながらの工程にこだわり丁寧な仕事を行います。

    DSC00061

    15段盆 (14)

    新しく本物のこだわりの桐箪笥をお作りしたり、きちんと洗い修理をおこなえる職人を次世代につなげていく事が今を生きている私どもの役割なのです。

  • 泉州地区では、9月の祭礼と10月の祭礼と大きく2つの祭礼がございます。10月の8日9日の祭礼が終わり2016年の泉州地区のだんじり祭りも終わりました。

    吉井町のだんじり

    吉井町のだんじり

    吉井町のだんじり

    今日は一層秋の気候になりました。これからどんどん秋が深まって行きますね。

    中井町のだんじり

    私どものショールームの裏の道にもだんじりが通りました。

    中井町のだんじり

    10月の祭礼も終わりました。

    中井町のだんじり

    9月祭礼の岸和田の祭礼関係者は、9月末が年度末です。10月から新しい年度のスタートです。

    私も9月の祭礼が終わってからすぐ来年に向けての祭礼が始まっています。
    すでに来年のだんじりに関して若い子からの様々な意見や要望も聞かせていただいています。

    今晩は今年の祭礼を総括する全体の祭礼運営委員会が会館であります。

    また来週16日は来年のだんじりの修理委員会があります。23日は春木旭町のだんじりの抜魂式があります。その日に大下工務店様に旭町のだんじりを修理に入れます。6ヶ月かけて、新しい旗や一部だんじりの彫り物とだんじりの足回りを新しくします。

    今年1年間はだんじり関係の社長ブログが多くなります。桐たんすには直接関係がないのですが、ご覧いただければ幸いです。

  • 以前お買い上げいただいてから15年ぐらいになるお客様から、カリモクソファーの張替修理のご依頼がございました。

    カリモクで品番を確かめておおよそのお見積りを提示させていただいて、ご自宅にお預かりに伺いました。ご自宅で犬を飼っておられる為に、革の痛みが激しいソファーです。

    カリモクソファーの修理依頼

    一人がけと3人がけの2つのソファーを張替修理させていただきます。

    カリモクソファーの張替 修理前

    同じ革は、廃盤でないため良く似たお色の革で張り替えさせていただきます。

    カリモクソファーの張替 修理前の椅子

    カリモク家具さんもメーカーで直接依頼できますが、同じ価格ですが、わたしども販売店を通して張替される方は余計な往復の運賃など費用負担が少なくなってお客様は助かります。

    カリモク ソファーの張替 修理前の椅子 

    カリモク家具の椅子やソファーの張替修理などのご相談(他店お買い上げでも可能)がございましたら、ご遠慮なく072-443-8835までご連絡ください。

  • 9月の岸和田だんじり祭りがおわり今日から10月本格的なブライダルシーズンの秋が訪れます。
    私どもの工房も残暑から解放され、桐箪笥作りもしやすくなってきました。
    桐箪笥作りにその道60年です。本物の職人気質の技は今でも現役で必見です。

    dsc01420

    ご結婚の時にお買い上げいただけるお客様や、自分の趣味でお買い求めしていただけるお客様に支えられてお仕事をさせていただいています。

    dsc01986

    日々感じた事をこの社長ブログでお伝えさせていただいていますが、
    一般の皆さまには、桐箪笥は非常に高価で縁の無いものと思われています。
    本当にたんすとしての桐箪笥の良さをまだまだご理解していただいてないのが現状ではないでしょうか。

    この職人達の桐に対する「熱い思い」や桐たんすの本当の良さが伝わるように、
    これからもどんどん情報を発進していきます。

    dsc01966

    最後に日本で残る箪笥は、本物の桐箪笥だけです。その本物の良さを是非
    私どものホームページでご覧になっていただき、決してそうでない桐たんすに騙(だま)されないようにしてください。

    dsc01989

    これからもブログや納品事例で丁寧にご紹介させていただきます。

  • 先日 奥様からご依頼をいただき、東大阪に洗いの箪笥のお見積りにお伺いしました。
    一度粗悪な洗い替え業者さんで、手直しされた可哀想な桐箪笥だったんですが、
    もともとがいい桐箪笥だったので、出来るだけ費用を抑えてお見積りさせていただいたのですが、

    洗い替え見積りの総無垢手元箪笥

    昨日ご主人様から「今回は無かったことで、」とお電話をいただきました。費用の事ですか?と尋ねましたが、お断りの理由は費用の事なのか、それ以外の理由なのか、はっきりと言ってくれませんでした。「今回は無かったことで」しか、

    でもあの可哀想な桐箪笥を私どもで助けてあげたかったのですが、本当にもったいと思います。とても残念です。

    これも仕方のない事ですが依頼されるお客様のお考え次第なので・・・・・

    せっかく私どもにご相談いただいたのに誠に残念な事でした。注文を断られた事でなく
    あの箪笥がどうなるのかが気がかりなだけです。おそらく処分されるのでしょうね!

    こんな時はなんとも切ない気持ちになります。

標準 特大