社長ブログ

桐たんすの洗い修理のご依頼で、お伺いさせていただきましたが・・・・

2013年6月14日 | 社長ブログ | コメント:0

お客様よりご依頼があってご自宅の桐タンスの洗い修理のご依頼に伺いました。
納戸のような場所に置いておられる桐タンスですが、よく見ると深い傷だらけで、
割れや傷みも激しくて、・・・・・
長い間ご使用されていない桐タンスでした。少し可哀想に感じました。

桐たんすの洗いの依頼たんす

扉も壊れていて、お盆も落ちています。洗い修理をして綺麗にする事は、私どもの工房では、可能ですが、費用も高くつくばかりでなく、このタンス自体の背板やそこ板は、モミと言う材料で作られています。

モミと言う材料は、桐と違って洗ってもあまり綺麗になりません、割れもひどく気密性も劣ります。モミ自体再塗装も出来ない材料になるので、・・・・・桐タンス自体の価値としても、あまりいい桐タンスではございません・・・・・

桐たんすの洗いの依頼たんす 2

今回は、費用をかけて修理するより、もう思い切って、このまま処分した方がいいのでは、
とアドバイスさせていただきました。

お客様もそれほど、このタンスに関して愛着もあまりないようでしたので、その方がいいと思って、お話しさせていただきました。

「思いでの品物なので、どうしても直して欲しいと言われれば・・・・」別ですが、

なんでもかんでもお預かりして、適当な仕事して、費用だけいただくのであれば、
なんの問題もなく預かって帰るのですが。・・・・

私どもは、そのようなお仕事をさせていただく工房ではないので、
丁寧にお話ししてこの桐タンスについて、十分にご理解いただきました。

帰り際に新しい総桐タンスを買っていただけるようお願いをして、名刺と弊社の地図と場所をお渡しして、帰ってきました。購入の折は、是非どうぞよろしくお願い申しあげます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大