社長ブログ

桐 洗い 替えの手許 和棚たんすのご依頼です。

2013年5月28日 | 社長ブログ | コメント:2

今日お客様が、弊社ショウルームに昔に作られた桐の手許(てもと)和棚を、持ち込まれました。

お婆様がお使いになっておられたのですが、なんとか綺麗に直したいと、ご相談がございました。桐の棚本体は、すばらしくいい桐の作品で、本当にこだわった凝った作り方をしています。

桐の蒔絵入りの和棚

でも正直言って、今の状態は、大変悪い状態で、どれだけ手間暇かければよいのか、お見積りの金額を、お話しするのにたいへん悩む状態です。

職人の手直しする日数が計算出来ないからです。傷んでいる桐の修理や洗いは、
思った以上の日にちを要します。

桐の蒔絵入りの和棚の天板

扉には、上品な御所車の伝統技法の蒔絵(まきえ)が施されております。いい箪笥です。
この蒔絵を生かして手直しをさせていただきますが、蒔絵の部分は、削れないので綺麗にするのは、大変手間がかかります。

桐の蒔絵入りの和棚の蒔絵拡大写真

金具も別注で、木(柾目)の使い方も特徴があって、柱も紫檀材や、自然木が使われております。

洗い前の桐の蒔絵入りの和棚

それにしても、もう少し大切にご使用していただけたらよかったのですが。傷や割れが沢山あって、直すのが大変です。

洗い前の桐の蒔絵入りの和棚の別注金具

今回、お客様の強いご希望で、お引き受けさせていただきました。
なんとか砥粉仕上げで、その作られた当時に近い状態に、甦らしてみせます。
弊社職人の腕の見せ所です。4~5ヶ月お時間をいただきます。

桐 洗い 替えの手許 和棚たんすのご依頼です。” への2件のコメント

  1. 桐だんすの修理、前に蒔絵がありどこまで修復されるのか興味がわきます。削り直して、きれいになる桐タンスの仕事は素晴らしいです。

    • ブログご覧いただきまして、ありがとうございます。昔のいい品物を、手直しさせていただけるという責任ある仕事をいただいてありがたく思っております。昔の桐箪笥は、本当にいい物が多くて、現在の桐箪笥とは、全く作り方がちがいます。でも弊社は、小さな工房ですが昔ながらの本来の桐箪笥にこだわり、本物の桐の箪笥作りに専念しております。本物の桐の箪笥は、何十年何百年たっても、手直しできます。これが、日本の伝統工芸品の証なんです。数か月後、手直しさせていただいた和棚も、ご紹介させていただきます。これからもご覧ください。コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大