社長ブログ

こだわりの桐タンスの社長ブログ 桐箪笥の洗い替え 修理について・・・

2018年9月2日 | 社長ブログ | コメント:0

だんじりの社長ブログが続いていましたが、今日は本業にもどり、
桐箪笥の洗い替え 修理について・・・のご質問やご相談をいただきます。

先日も遠方からのご相談でしたが、祖母がお使いになられた古い桐たんすを母が使っていた桐箪笥をある業者さんに洗い修理に出したら、こながふいたような仕上がりで、可愛そうな状態になりどうしたらよいのでしょうとのご相談でした。

いろいろお話しを聞いてみると、簡単なHPもあり事例の写真もあってこつこつ一人で作業されているところだそうです。丁寧に手直しします。送料無料で、そして出来上がりを見ていただいてからお支払OKとのお店だったので、良い感じのお店みたいだから信じて依頼をしたらしいです。

私どもから申しますと、まず費用で桐箪笥の洗い替えに15万や20万前後の中途半端な工房は避けなければなりません、その程度の金額で本当に丁寧に直せる事がありません。

失礼ですが適当なお仕事です。

また、それよりかなり高くても丁寧になおす事ができない、ぼったくりの工房もあります。何を信じるかはやはりその工房の洗い替えの事例や新品の桐箪笥の納品事例を見て、そして社長の考えや方やその工房の取り組み方で判断されるしかないですね。

私どもの桐箪笥の洗い修理はこだわりの私どもの職人でしかなおせません。下のお写真は私どもの洗い修理のお写真です。

桐箪笥に対する思いと考え方と技術が違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大