台風21号の被害で電話、FAXが不通です。ご不便をおかけいたしますが工房の電話番号(072-443-5691)または、代表携帯番号(090-3032-7862)にお電話くださいますようお願いいたします。なお、平常通り営業しております。皆様のご来店お待ちしております。

代表者あいさつ

初音の家具 代表 田中 由紀彦

この度は私どものホームページにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

私は「桐が大好きで」「桐ほど素晴らしい木は他にない」と思っています。

初音の家具 株式会社 田中家具製作所は、大正8年に創業してから
経済産業大臣指定伝統的工芸品の「大阪泉州桐箪笥の製造元」として、
本物のこだわりの桐箪笥や桐の製品をお作りしています。

大阪泉州の桐箪笥は、美しい日本の国の歴史と共に、今日まで受け継がれてきた。
日本の伝統的工芸品です。

本物のこだわりの桐箪笥は、杢目の細かい良質な日本の桐材を主材とし、
細かな手組みの技や、仕上げに至るまで、160工程にわたる桐箪笥の伝統の技法を守り続けてお作りしています。

本物だけが持つ気密性と調湿性、防虫性や耐火性は桐だけが持っている特性です。

寒い東北地方で取れる桐材の細かな杢目と、自社工房で十分にアク抜きをした透明感のある桐材の艶、心安らぐほのかな桐の香り、伝統の技でお作りする桐箪笥を、なかなかご覧になる機会が少ないと思います。

ネットや市場で流通している「桐たんすと称される・・・偽物」ものと、
中国の桐材で作られた日本の桐箪笥や桐製品と・・・

わたしどものこだわった本物の手づくりの桐箪笥とは、全く異なる桐たんすであると言う事を、この機会に是非 皆様に分かっていただければ幸いです。

小さな工房ですが、この小さな工房だからこそ、いままで妥協せずに今日まで
こだわった日本の桐箪笥をなんとかお作りしていくことが出来きました。

永年の桐への技術を生かして、思い出のある古い桐箪笥の再生(洗い)や修理もお受けさせていただいてております。私どもでしか出来ない仕事(技)もここにあります。

本物の桐の箪笥は、本当に素晴らしい昔の日本人が考えた知恵と工夫がたくさん詰まった日本の伝統的工芸品です。

それは世界に誇れる日本独自の工芸品だと思っています。

「日本で一番良い桐箪笥をお作りしてゆきたい」と、職人と一緒に同じ思いで日々努力しております。

わたしどもの、大阪泉州桐箪笥の「桐への熱い思いと、こだわり」を、
少しでも感じていただけるように、また日本の本物の桐たんすが持つ桐の本当の素晴らしさを少しでも皆様に、正直にお伝えしていきたいと思っています。

そして、桐や桐箪笥に関しての、ご質問やお問い合わせを、いただけたら幸いです。

どうぞ ごゆるりとホームページをご覧ください。

標準 特大