納品事例&お客様の声

洗い替え

泉佐野市のA様からのご依頼の桐小袖箪笥の洗い修理が出来上がりお届けさせていただきました。

2016年5月28日 | 洗い替え | コメント:0

泉佐野市のA様からのご依頼の桐小袖箪笥の洗い修理が出来上がりお届けさせていただきました。この桐小袖衣装箪笥は今から約80年前のもので、長く蔵で保管されていました。

以前の社長ブログで紹介させていただきました。時間をいただきましたが、この度洗い修理のご依頼をされましたので、お伺いさせていただいて、3~4ヶ月かけて綺麗にさせていただきました。

お預かりした時の写真がこのような状態でした。

P1200351

丁寧に弊社のこだわりの工房で洗い修理させていただきますとこの様に、甦るのです。
お届けさせていただいた写真をご覧ください。

P1220600

どうでしょうか!こだわりの桐箪笥の洗いは、この様に美しく手直し出来るのです。
この技術を是非 皆様に知っていただきたくて、今まで続けてきました。
詳細写真も是非ご覧ください。天丸の角の紫檀材がかけた状態の写真です。

P1200354

この様に直せるのです。弊社のこだわり職人の丁寧な仕事をご覧ください。

P1220607

壊れていた台輪や汚れも

P1200355

この様に美しくします。このような比較出来る拡大写真をご覧いただく事が出来るのも弊社の洗い納品事例の特徴です。

P1220610

80年の月日を経て変色して、錆びがきた金具は

P1200356

この様に交換いたします。

P1220612

開き戸に付いた傷や汚れも

P1200353

新品と見間違うほど綺麗に手直しできました。この桐タンスは蔵で保管されていたので、特に状態が良くてこの様に綺麗に仕上げれます。

P1220607

内部はカビと埃で汚れていましたが、

P1200361

丁寧に洗ってあげて再びとのこ仕上げを施しますと新品同様にできます。

P1220597

洗い修理をする工房は沢山ございますが、これほどこだわって時間を掛けて丁寧に手直しできる工房はないと自負いたしております。その分費用は他工房よりは、少しだけ高いでしょうが、お仕事させていただいている私どもからすれば、安価だと思っています。

P1200364

内部の引出しもご覧ください。

P1220593

古い金具を再メッキしなおすのです。すると新しい発見が・・・・・

P1220594

昔の金具職人さんは粋ですね、この様に松の彫を1つ1つに彫っています。

P1220595

今では、手に入らない金具です。その金具を大切に甦らす桐タンスの洗いが私どもの洗い修理です。こんないい金具を古いからもう使えないと言って簡単に、今の新しい金具に取り替える工房もございます。その方が手間暇がかからないからです。

P1220598

開きの金具やご紋も昔の金具そのままメッキ直しして再度甦らせて取付します。

P1220599

ぜったいに古い汚い桐たんすだからと言って、簡単にほかさないでください。
桐たんすは、私どものような工房なら再びこの様に甦らす事ができます。

P1200366

昔の桐箪笥の方が、今の偽物の桐箪笥よりいい品物が沢山ある事を知ってください。
今の桐箪笥は外見はいいのですが、中身や使用されている材料は中国の偽物の桐材が多く洗い修理も出来ないものが沢山ございます。

P1220613

汚れて傷のいってた天板も・・・

P1200358

この様に美しく洗い修理できるのが、田中家具製作所のこだわりの桐たんすの洗いです。

P1220614

この様にこれから先も何十年とお使い出来る状態に手直しさせていただきました。
この様な古い桐箪笥を簡単に処分される方がおられますが、捨てる前に私どものような専門店に是非ご相談いただけたら幸いです。

P1220591

桐タンスを手直しする技術は、工房によって様々です。私どもは本当にきちんと洗い修理をご希望されるお客様に選んでいただけるように、このホームページを通じて、私どものこだわりの洗い替えの技術を少しでもお伝えできるようにこれからもご紹介させていただきます。

今回ご依頼していただいたA様も本当に喜んでいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

標準 特大