納品事例&お客様の声

桐箪笥の納品

泉大津市のM様 大阪泉州桐箪笥 胴丸桐巻別注衣装箪笥

2012年12月15日 | 桐箪笥の納品 | コメント:0

泉大津市M様の、お荷だし納品をさせていただきました。

P1040093

前日の夜、雨が降っていて、

今朝も曇り空で、時折小雨が降っています。

桐箪笥が濡れないように細心の注意が必要です。桐箪笥を包装している巻ダンの上から透明ビニールで、包みます。その上から、桐箪笥の油単を掛けてさらに、透明ビニールで覆います。整理箪笥と背中合わせにして、紅白で飾りトラックに幕を付けて、その上から特殊透明ビニールで覆い絶対雨にぬれないようにします。

P1030978

朝8時20分集合指定時間の10分前に到着して、その他の車両や、電気屋さんと待ち合わせをさせていただきました。お客様の親戚の方や、知人の皆さんが記念写真を御撮りになっておられます。

P1030997

お仲人様が到着して、先方の高石市I様の新居に向いました。到着後

はじめに、仲人様が、お荷物の目録の交換をされました。

そして、最初に鏡台から運び入れます。
その時、関西地方では、新郎さんに玄関で、鏡台を取り込んでいただくのです。

今回、階段の高さが低いため、鏡台や整理箪笥は、階段から運び込めたのですが、
総桐の胴丸箪笥は、2階に階段から運び込む事が出来なかったため、
窓から運び入れる作業になります。

幸いにも、雨が止んでくれていてよかったです。

その模様を、今回ご紹介させていただきます。
最初に、2階の窓のサッシをすべて取り外して、窓にあて蒲団をあてます。

P1040024

2階の窓まで今回は、高さがあるので、はしごをご用意して、蒲団をあてて、家に壁面にセットいたします。

2階から、2本のロープを降ろしてもらい。桐の箪笥をロープで縛ります。
(この時のロープの縛り方に、コツがございます。)慣れてないと、
ゆるんだりして危ないからです。
そして、桐箪笥を安定するために、下側にも2本のロープを掛けます。
P1040038

 

 

P1040039

準備が整ったら、2階の2名が、ロープを引き、下の二人が箪笥を持ち上げます。

少しづつロープを引き上げていくので、下の一人(社長)が箪笥の下に入りはしごを昇って、
下から押し上げてゆきます。
下のあとの一人は、すぐ2階の作業の手助けをするために、急いで2階にむかい、
ロープと取り込む作業を補助します。

P1040040

P1040042

 

 

 

そして落ち着いて、桐箪笥を窓から取り込みます。

このようにして、下台 上台とスムーズに作業を行います。これがプロの仕事です。
(今回写真をお客様に撮っていただきました。)

お客様より、「さすがですね!見事やな」って、言われると、
ほんとに、嬉しい気分になりますね。
丹精込めてお作りした、大切な桐箪笥を無事丁寧にお届けする事が出来るのも、
私どもには、手慣れたベテランのスタッフがいてくれているからです。

今回お作りさせていただきました。
桐たんすの美しい柾目と、幅の広い桐材の透き通るような艶と、とのこ仕上げのお色の綺麗さを、是非ご覧ください。

P1040073

P1040083

P1040078

P1040085

P1040076
      

M様ありがとうございました。これからも宜しくお願い申しあげます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大