納品事例&お客様の声

桐箪笥の納品

大東市のN様に初音の桐箪笥焼桐六段天丸小袖衣裳箪笥をお届けいたしました。

2018年7月16日 | 桐箪笥の納品 | コメント:0

大東市のN様に初音の家具 焼桐六段天丸小袖衣裳箪笥をお届けいたしました。お二階の洋室のお部屋に置いていただきました。

焼桐六段天丸小袖衣裳箪笥です。

前板の桐の柾目も綺麗に揃っています。柾目は上品な焼桐箪笥として人気がございます。また天板には無垢の良質な桐材がよくご覧いただけます。

この杢目の美しさと角の職人が手組の蟻組手で接合した部分を是非ご覧ください。
天板や側面が1枚板で組み合わせた部分はこの様な杢目が出ます。いい桐箪笥の証なのです。

金具は、初音の家具オリジナルのリボン金具になっています。小ぶりなデザインが可愛らしい金具です。

私どもの焼桐の仕上げも他社とは違いがございます。

これほど艶のある美しい色に仕上げる事ができます。

材料をはじめ最後の仕上げにも私どものこだわりがございます。

 

美しい杢目と伝統工芸士が手間暇かけてお作りした桐たんすはたくさん市場にある桐箪笥とは違いがあります。

 

このような桐箪笥が欲しいと全国からも問い合わせをいただきます。
安心で漂白剤や中国桐材を一切使用していない大阪泉州桐箪笥 田中家具製作所の桐箪笥です。

初音(登録商標)のブランドシールと伝統工芸品の証紙と伝統工芸士のプレートがご覧いただけます。品質の証です。

内部に使用している桐材も天然自然乾燥させて2年の灰汁抜きをした良質な幅広な桐材を使用いたしております。

 

他社の桐箪笥と是非見比べてください。

この材料と職人にこだわっています。

1つ1つお作りするのに手作りのため時間がかかります。
ですから機械で組み上げられた桐箪笥とは、使い出してからの狂いが全く違ってきます。

 

桐箪笥はそのお家に永遠に残る収納家具です。だからいい桐箪笥を作らないといけません、ごまかしされた中国材で作られた桐箪笥はすぐに桐の色もかわり、汚くなってくるのですが、知らないお客様ばかりで悲しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

日本の桐と中国の桐はまったく木の性質も異なります。
日本のお客様が安い商品を求めるために、製造コストを安くして、利益をださなければならいので、そのような桐箪笥は増えてしまいました。

私どもはそのような考えかたと真逆で、本当に間違いのないいい桐箪笥が欲しいと言われるお客様に理解していただいて、販売させていただいています。

ですから私どもの桐箪笥をお買い上げいただいたお客様は、いい桐箪笥かそうではないごまかしの桐箪笥か、判断出来る目を持っていただいています。

何処を見ればよいのかも、知ってくれています。粗悪な業者の桐には騙されない目を持っています。

 

 

 

食べて消費するものではなくて、ずっと残っていくものなので、大きな差が出てくるのです。

まやかしの桐箪笥を販売している家具店さんも素人の方をあなどっていれば、必ずや後で後悔されるでしょう。もうそんな時代が来ています。

ほんまもんの桐箪笥をお作りしていくのは、本当に大変です、一人だけの努力ではできません、会社(工房)のだれもが協力出来るチームとならないと継続していくことは困難です。

でもこれから先もご紹介しているような桐たんすをお作り出来るようやれるだけやっていきたいです。

1つでもいい桐たんすを残していきたいです。

 
この度もN様お買い上げいただきまして、本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

標準 特大