納品事例&お客様の声

桐箪笥の納品

大阪泉州桐箪笥 別注焼桐時代七段柾目たんすを納品させていただきました。

2018年3月17日 | 桐箪笥の納品 | コメント:0

大阪泉州桐箪笥 別注焼桐時代七段柾目たんすを納品させていただきました。
K様からのご注文でお作りさせていただきました。

ご覧ください。焼桐の柾目板の杢目の桐箪笥です。

K様の洋室のお部屋に置いていただきましたが、伝統工芸品は和のテイストとおもわれがちですが、このような洋室でも映えます。

空気の逃げがなく少し重たいぐらいにゆっくりと開け閉め出来る引出しです。

内部にも国産の良質な桐材を使用して、桐のほのかな香りがいい桐箪笥です。

このように透き通る木肌と幅の広い板目が入った桐材料をご覧ください。

桐たんすでもなかなかこのような材料を使用している工房はどんどん無くなってきています。

小さな引出しも出し入れの調子がよく左側を押し込めば、右側の引出しがすっとでてきます。

左 右がスムーズに交互に動くのもいい桐たんすの特徴です。

最高級の桐材を使用させていただいています。

桐の匠 の朋光の制作の証と伝統工芸品の証紙がご覧いただけます。

本当にいい桐箪笥をお作りする事ができました。

今 たんすは要らない要らないとよく言われますが、この様にこだわりの桐たんすだけが欲しいと言われるお客様がいらっしゃるのです。

そしてこのタンスは使い込むほど味が出てきて、なた何十年や、何百年先でも手直しできて、洗い修理して長く使えるのが本物の桐たんすなのです。

重厚な金具もご覧ください。

気密性のある職人技が冴える桐箪笥です。

本当にいい桐箪笥のご注文ありがとうございました。

焼桐の柾目杢も上品でいいでしょう。

側面の桐の無垢板も寒い産地の良い桐材を使用させていただいています。

天板と側面の無垢の桐材の蟻組手の接合部分も良くご覧いただけます。

なかなかお作りするのに時間と手間暇がかかります。

コンセントやスイッチも桐箪笥に合わせたかのように配置されていますね。

使い勝手のよい焼桐たんすです。着物以外でも普段使いでもお使いしていただけます。

最後にグリーンの無地の先染めのゆたんをかけさせていただきました。

お使いいただく時はこの様に前側の油単を天板の上に上げていただきます。

私どもはお客様からの要望をお聞きしてどのような別注も出来ます。
価格も別注であっても高くはなりません。

本物の桐箪笥が欲しい方は、是非私どものショールームにお越しくださいね。
なにが違うのかをご説明させていただきます。

油単は普段はこのようにしていただいて、埃や紫外線から桐箪笥を守ってくれます。

壁のクロスとも良く似合っててほんとうに、美しかったです。

K様ご依頼本当にありがとうございました。これからも大切にご使用していただけることと思います。この度はお世話になりまして、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大