納品事例&お客様の声

桐箪笥の納品

大阪府のK様からご依頼されました、大阪泉州桐たんす 天丸盆七杯衣装箪笥を京都にお届けいたしました。

2017年2月18日 | 桐箪笥の納品 | コメント:0

大阪府のK様からご依頼されました、大阪泉州桐たんす 天丸盆七杯衣装箪笥を京都にお届けいたしました。

新築のおしゃれなお家に置かせていただきました。
私どもの職人が丹精込めてお作りした桐たんすをどうぞご覧ください。

ご注文をいただいた桐たんすが置けるように、ご自宅の桐たんすの置き場所を設計していただいていました。すごく有難い事です。

DSC04420

丁寧に包装紙を外させていただきました。

DSC04419

落ち着いてセッティングさせていただいた、大阪泉州桐たんす 初音の家具 の天丸盆七杯衣装たんすです。

DSC04422

他の工房との桐の柾目や桐の色艶の違いがご覧いただけると思います。
この場所にずっと置いていただけて、私どもの桐箪笥も喜んでいるように思います。

DSC04424

こだわった本物の桐たんすの品質を守り続けていくことは本当に一言ではいい表せないような努力が必要となります。
材料 技 仕上げ 金具 すべてが揃わないといい桐箪笥をお作りできません。

DSC04428

でもK様のような、本物の桐たんすが欲しいと言われるお客様によって、
私どもが続けてきた伝統工芸の技と職人を育てていただいています、本当に有難い事です。

DSC04429

今ではこの様な、すき間のない気密性 防湿性 防虫性に優れた桐たんすをお作り出来る工房は少なくなっています。

DSC04431

前板の桐の柾目も均等によく揃った杢目を使わせていただいています。
桐の樹齢で言いますと50年以上寒い地方で育った桐材が必要となります。

DSC04433

この度 お客様のご注文により、引出しはすべて長引出しでお作りさせていただきました。

DSC04434

職人のこだわりを感じていただければ有難いです。

DSC04435

本体と戸にも隙間なく、桐箪笥の伝統技法の両欠き込みで戸びらを取り付けています。
いい桐たんすはすべてこのようにして作られます。

DSC04426

前飾りも上品なシンプルなデザインをお選びいただきました。

DSC04425

引出しの金具も前飾り(戸)の金具とお揃いの金具です。

DSC04430

天板もい材料で、角は手組み手の蟻組みで本体を組み上げています。

DSC04427

K様のご要望で、すべてお盆にさせていただきました。たくさんの置物を収める事ができます。

DSC04437

お盆にも、良光の落款が付けています。

DSC04438

DSC04451

DSC04450

国産の良質な細かな杢目のお盆の底板も是非ご覧ください。

DSC04440

光沢のある 透き通るような桐材は、田中家具製作所 初音の家具のこだわりの桐材です。

DSC04442

このような、無漂白の桐が本来持っている美しさを引き立たせてあげるのが、桐たんす職人の使なんです。

DSC04441

お盆を1杯抜いた背中の桐材もご覧ください。美しい幅の広い良質な材料でお作りしています。他社の桐たんすとの違いを分かっていただければ幸いです。

DSC04443

引出しの側板に、伝統工芸士のプレートと伝統工芸品の証紙と私どもの初音の証紙を本物の品質の証として、貼らせていただいています。

DSC04446

DSC04447

引出し内部の美しい光沢と透明感のある最高級の桐材も是非ご覧ください。

DSC04449

手触りも抜群です。ホームページではお伝えできませんが、香りもほのかにいい桐の香りがするのです。

DSC04452

本来は私どもの様な桐たんすに何十年 何百年とお着物をなおしていただけるような、桐たんす作りをしなければならないのですが・・・・・今 現在 市場で売られている桐たんすは?です・・・

DSC04453

K様 ご依頼をいただいて本当にありがとうございました。

DSC04455

最後に先染めの ブルーの油単 をかけさせていただきました。

DSC04462

朱(オレンジ)房をお選びいただきました。

DSC04463

DSC04460

弊社の桐の箪笥をお選びいただいて、本当にありがとうございました。
これから先も安心してお使いいただけるように、お作りさせていただきました。

これからのこの様な桐たんすを残していけるように頑張ります。

hatsudanedaneiyu2017掲載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大