納品事例&お客様の声

納品事例&お客様の声

  • 今年もわたしどもの桐たんすに対する愛情込めた洗い修理をご紹介させていただきます。久しぶりに昨年お近くからご連絡をいただきました。
    岸和田市のH様からのご依頼で焼桐仕上げで修理させていただきました。

    初めてご自宅に伺って桐たんすの状態を見てお見積りをさせていただきます。

    かなりの傷み具合です。

    状態は悪くて、打痕や割れや欠けてる箇所が沢山ありました。正直いって修理する日数がかなりかかります。この様な桐箪笥はお見積りをしますが、修理に日にちがかかりすぎると会社的には赤字になる事もあります。

    この桐箪笥をお見積りさせていただき、後日あらためていただきにあがりました。
    修理前の工房での写真です。

    この桐箪笥が私どもの職人の手で洗い修理させていたくとこの様に甦らす事ができます。今回はとの粉仕上げではなく、H様の要望で焼桐仕上げで仕上げさせていただきました。ご覧ください。

    この様に美しく甦らせる事ができるのが、私どもの伝承技術です。

    同じ桐箪笥とは思えないでしょう。

    この状態でよく捨てずに残してくれてましたね。

    手直しに相当な時間と技術を要しました。

    これだけの比較写真と出来栄えの拡大写真を掲載できる工房は他にはないと
    思います。

    沢山の同業者さんも私どもの事例をご覧になられますが、どうかこのぐらいちゃんと桐箪笥を治してあげてください。

    パテなどでごまかさず、丁寧に生地から桐の職人が手直しをしないとこう綺麗には治せません

    割れや打痕も生地から手直しできるのが私ども田中家具製作所の洗い替え修理です。

    この技術を求めて全国から修理依頼がございます。

    背板のもみの板もこの様に修理前は割れてガタガタになっていました。
    今回は背板も桐に変更させていただきました。

    引戸の内部も修理前はこの様な状態でしたが、

    丁寧に修理させていただくとこのようになります。

    美しく甦らせるので、桐たんすも喜んでくれているように思います。
    これが私どもの桐箪笥の洗い修理です。

    焼桐に仕上げるのは生地がきちんと手直しできないと仕上がりが汚くなります。

    金具も使えるものはすべて汚れをとってから再び再メッキをかけてこの様に以前のデザインを守るようにするのが私どもの流儀です。簡単な新しい金具に取り替える方が簡単に作業が行えますが、私どもはそれを選びません。

    よく同業者は、古い金具がダメになっていたので、新しいものに変更しましたと簡単にいいますが、手間暇をかける事がないので、その方が楽なだけなのです。

    こうして比較写真をご覧いただくとすごくよく分かっていただけると思います。

    重ねの割れていた部分も全く分からなくなってるでしょう。

    私どもの職人の思いを伝えたいのです。

    これだけ丁寧に直す工房は無いでしょう。

    それがどうしたと言われれば、それまでですが。
    この技術を大切に今まで続けている工房がある事を少しでも知っていただきたいのです。

    引出しの底板の割れている部分もこの様に入れ木をして手直しさせていただいてます。

    これだけ傷んでいる桐箪笥でも田中家具製作所なら治せない桐箪笥はありません。

    この様に焼桐の仕上げで仕上げるのもまたいいでしょう。

    古くて傷んでいる桐箪笥を捨てないでください。桐箪笥はどうにでもお使いいただけるように手直しができるのです。(今 売られている新しい桐箪笥は桐のシートが張られていて手直しが出来ないものが沢山売られていますご注意を!)

    この度もご依頼をいただけてまた1棹 桐箪笥を甦らせてあげる事ができました。本当に良かったです。H様も凄く喜んでいただきました。

    この技術を伝承する事は年々難しくなってきますが、今年もご依頼を裏切らないようにこつこつとお仕事をさせていただきます。

     

  • 今年の初めの桐箪笥の納品事例は
    大阪泉州桐箪笥の最高峰
    総桐胴丸紫檀面入り無垢衣裳桐箪笥のご紹介です。

    私どもの桐箪笥の中で最高級の桐箪笥です。

    住宅事情が変わってきた現在でも、最高級の桐箪笥を求めていただけるお客様がおられる事は本当に有難い事です。

    今 家具を置かない方がたくさんおられますが、桐の箪笥だけは最後に残る逸品になると信じています。

    もう少しすれば作れなくなります。それだけ手間暇のかかる作業と職人がいなくなりつつあります。

    これほどこだわった日本の桐箪笥はないと自負しています。

    本当は是非その目でご覧いただきたいです。それほどこだわった桐の箪笥です。

    桐の美しい柾目やすき間が一切ない職人技!

    堅い紫檀材も操れる職人の技術はもう私どもの桐箪笥でしかご覧いただけないと思います。

    このこだわりを是非感じていただきたくて、社長自らがお届けしてお写真を撮らせていただけるようにお願いしてこの様に沢山の写真を載せさせていただいています。

    全国の消費者の皆さまに本当の桐たんすの良さをお伝えしたいと願っています。原木から完成までの一貫生産できる桐工房だからこその桐箪笥です。

    昔からの技法でこのようにこだわった桐箪笥はもうお作り出来る工房は無くなってきています。

    この桐箪笥もいずれお作りする事が出来なくなります。

    それだけ高い職人技が必要になる桐箪笥なのです。

    前板の柾目が総無垢桐で作られている桐箪笥は今ではもうほとんどありません。

    桐箪笥の内部のお盆にも彫刻を入れています。

    お盆の上場にも紫檀材をあしらっています。

    平成の最後の時代に私どもが誇れる最高級の桐箪笥です。

    すべて使用させていただいている桐材も最高級の材料を使わせていただいています。

    桐の香りも心落ち着かせる最高の香りです。

    漂白剤を使わない、約2年かけて自然乾燥と雨にあてて灰汁抜きをした艶と光沢のある桐材は私どもならではです。

    この美しいとの粉仕上げもご覧ください。

    もっと沢山の方に桐の素晴らしさを知ってもらいたいです。

    ここまでこだわった桐箪笥が今でもある事も知って欲しいです。

    まだ沢山の会社や工房が桐箪笥の事をご紹介していますが、

    ほんまもんの桐箪笥をこだわってお作りしている工房はそうありません。

    でもこの様に、こだわればこだわるほど、商売としては儲かりません。今の時代は職人ではだめなのです。

    商売人にならなと会社はダメになりますが、なれません。
    いいものを残していきたいから・・・・・

    いいものだけを残したい!いいものだけを作りたい!

    その考えだけでは今の時代についてこれませんよ、時代に合ったものを追求していかないと・・・・・・・
    会社が何十年続いているとか、伝統がどうだとか、そのような事にこだわっていると会社はつぶれますよと

    経営コンサルタントの方に言われました。

    でも そうすればこの桐箪笥はもう作れなくなります。
    日本でほんまもんの桐箪笥が無くなります。

    わたしどもが引き継いできた本物の桐箪笥作りとはこのようなものなのです。だれがなんと言っても
    それが私どもの仕事です。
    やれるとこまで精一杯やり続けます。桐が好きな消費者の皆さま是非 応援してください。

  • 今年初めのその他の家具の納品事例は、
    大阪府のN様にカリモク家具をお届けいたしました。

    ナッツシェルのお色がとても似合う素敵なお部屋になりました。

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    カリモク品番
    テレビボード QT6017MS-A
    キャビネット QT3515S000
    センターテーブル TU4470S000

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    カリモクでも人気のソリッドボードになっております。
    揃いのサイドボードも一緒にご購入いただきました。

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    扉の凸凹加工のことをソリッドと言います。
    扉はプッシュ式で簡単に開くことが出来ます。

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    壁面に合わせてサイズをお選びいただきました。

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    サイドボードもあるのでテレビ周りの物も
    他の小物などもたくさん収納していただけます。

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    重厚感あるデザインですが木部のお色が明るめなので
    お部屋も重たくなりすぎません。

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    テレビやDVDなどの線も後ろに綺麗に直していただけます。

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    お部屋に綺麗に設置することが出来ました。

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    センターテーブルもデザインがすてきなテーブルをお選びいただきました。

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    カーブのデザインが可愛らしいテーブルで
    小物置きもついています。

    カリモク品番 テレビボード QT6017MS-A キャビネット QT3515S000 センターテーブル TU4470S000

    素敵なリビングルームになりました。
    N様、素敵な家具のお買上げ本当にありがとうございました。

  • 大阪府のI様から桐の和棚の洗い替えをさせていただきました。
    大変いい仕事をしている桐の和棚です。

    昔の職人の技術の高さを感じます。

    この和棚を丁寧に洗った後、生地を修理してからとの粉仕上げをさせていただきました。そうするとこのように甦らす事ができました。

    この技術はどこの工房にも負けません、その出来栄えの拡大写真を是非ご覧ください。

    洗い修理は出来上がるまで期間がかかります。比較写真の比べ方もタイムラグがあるので少し時間のかかる作業になります。

    なかなか同じ角度や写真を撮影するのが大変です。

    皆様にすこしでもお伝えできて、ほんまもんの洗い修理をご覧いただきたいので
    私が写真を写してご紹介させていただいています。

    昔のいい金具が付いています、もうこの様な金具は今では手にはいりません。
    このような金具や和棚に出会えるのもこの仕事をさせていただいているお蔭です。

    手打ち金具で昔の職人が手作りでお作りした金具です。

    開き戸の内部の長い間使用されていなかったのか、カビがきておりました。

    このようなカビは全然きになさらないでください。桐たんすは自らがカビますが、中の品物にはカビを生かさないようにします。

    でもこの様に洗い替えをしますと元通り美しくなります。

    手の込んだ桐の和棚です和棚は内側も綺麗に塗装しないといけないので、すごく難しい作業になります。

    桐で出来た作品はこの様に甦らせる事ができます。

    いい棚なので私どもにご依頼いただいて本当によかったです。

    技術のない工房ですと仕上がりに大きな差が出ます。

    また昔のいいものを手直しする事ができました。

    本当に良かったです。

    昔のいい職人がお作りしたこの様な桐の作品は必ず捨てないで、
    私どもにご相談してください。
    これからI様にお届けさせていただきます。
    ご依頼ありがとうございました。

    その模様は後日ブログでご紹介させていただきます。

  • 本日の納品事例は、大阪府のN様の大阪泉州桐箪笥を代表する胴丸衣裳箪笥をお届けいたしました。

    新築のお家に置かせていただきました。N様はお母様の桐箪笥も私どもでお作りいただいて桐箪笥でこの度娘様のご結婚の際にもご購入いただきました。

    大阪府のN様の大阪泉州桐箪笥

    照明(ダウンライト)の影響で少し黄色く写ってしまっていますが、
    実物はこれだけ黄色が濃くありません。

    大阪府のN様の大阪泉州桐箪笥 胴丸

    実際はこのお色ですが、写真は凄く桐箪笥の色を出す事がむずかしいのでお許しください。

    大阪府のN様の大阪泉州桐箪笥 胴丸衣裳

    美しい桐の良さが感じていただける本物の桐箪笥です。

    大阪泉州桐箪笥 胴丸衣裳箪笥

    今でもこのような桐箪笥を求めて遠方からも問い合わせやご来館いただける事は大変有難いことです。

    大阪泉州桐箪笥 桐胴丸衣裳箪笥

    日本と北米の良質な桐材でこだわって優しい職人がお作りしている工房だから出来る桐箪笥です。

    大阪泉州桐箪笥 桐胴丸衣裳箪笥 胴巻き

    細部にわたるまで細かなての込んだ作りを是非ご覧ください。

    大阪泉州桐箪笥 桐胴丸衣裳箪笥 引戸

    これが日本を代表するほんまもんの桐箪笥なんです。

    大阪泉州桐タンス 桐胴丸衣裳箪笥 引戸

    大阪泉州桐箪笥はこの華やかさや桐材のこだわり、そして独特な大阪泉州桐箪笥のとの粉仕上げの美しさが特徴です。

    大阪泉州桐タンス 桐胴丸衣裳箪笥 側面

    関東の桐箪笥のような仕上げももちろんできますが、関東の桐箪笥の工房ではこの大阪泉州桐箪笥の仕上げは出来ないと思います。

    天板の桐材も美しい桐材でしょう。

    大阪泉州桐タンス 桐胴丸衣裳箪笥 天板

    私どもの初音のシールが、(少しピンボケてますねすいません)

    大阪泉州桐タンス 総桐胴丸衣裳箪笥 初音

    伝統工芸士 美光の作品です。

    大阪泉州桐タンス 総桐胴丸衣裳箪笥 伝産

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 伝産

    左の棚は取り外しができます。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 左戸

    前飾り金具も落ち着いたデザインの金具をお選びいただきました。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 前飾り

    鍵座の引出し金具も揃えています。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し金具

    柾目の細かさや職人のこだわりの仕事がご覧いただけます。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 中戸

    このような桐箪笥をお作りする事は年々難しくなってきます。

    大阪泉州桐タンス 総桐胴丸衣裳箪笥 重ね

    伝統技法の両欠き込みで取り付けられた扉と本体の写真です。

    大阪泉州桐タンス 総桐胴丸衣裳箪笥 両欠き込み

    兆番の真ん中に線がきているのが、高級な手の込んだ、ほんまもんの桐箪笥の証なのです。この様に戸と本体を職人がのみで兆番金具をはめ込んでいるのです。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 両欠き込み技法

    1つの戸を丁寧に取り付けるのにすごく時間と技が必要になる作業なのです。
    本体と戸の両方を欠き込んで取り付ける技を、昔から「両欠き込みの技法」といい桐箪笥ならではの扉の付け方なのです。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 開戸

    扉をあけますと、お盆の間隔に固定の1つの中棚がございます。
    これも職人は丁寧にお作りした桐箪笥だけにしかない棚です。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 中棚

    すべてに国産と北米産の良質な桐材のみを使わせていただいています。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 お盆

    この組手も難しい手組み蟻組手です、この技法も伝承する事が難しくなってきています。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し

    気密性に富んだ桐たんすは1つの引出しをいれると違う引出しが出てきます。それだけ空気の逃げない隙間がない桐箪笥の証です。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し

    さすがに美しく桐の艶や透明感と香りも最高です。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し底板

    桐箪笥は凄い箪笥だと思います。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し組手

    引出しの底板の美しい幅の広い杢の桐材もご覧ください。

    大阪泉州桐箪笥 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し底板大

    この山になった幅の広い板目が高級ないい桐箪笥の証なのです。

    大阪泉州桐タンス 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し底板大

    山の部分は桐材の成長している一番柔らかい部分です、この部分を使用している桐箪笥工房はすごく少なくなりました。こうする事で何十年何百年たっても底板が割れにくく昔の高級な桐箪笥はすべてこの作り方を教えられました。

    大阪泉州桐たんす 総桐胴丸衣裳箪笥 引出し底板大

    大阪泉州桐タンス 桐 胴丸衣裳箪笥 引出し底板大

    本当に綺麗で丁寧な仕事と良質な桐材料でお作りした桐箪笥は必ず希少価値がでる本物の桐箪笥です。

    大阪泉州桐箪笥 桐 胴丸衣裳箪笥 引出し底板大

    大阪泉州桐箪笥 桐 胴丸衣裳箪笥 引出し大組手

    少しこれふだけいい桐箪笥を納戸に入れていただくのは寂しいですが、桐箪笥にとってはいい環境です。

    大阪泉州桐箪笥 田中家具製作所の桐箪笥

    ほこりや紫外線から守っていただけるゆたんをかけさせていただきました。

    大阪泉州桐箪笥 田中家具製作所の桐箪笥ゆたん付き

    大阪泉州桐たんす 田中家具製作所の桐箪笥ゆたん付き

    共生地の紐の代わりに、朱色の房をお選びいただきました。

    大阪泉州桐たんす 田中家具製作所のゆたん

    N様親子二代にわたり私どもの桐箪笥をご注文いただいて本当にありがとうございました。今でもこれだけの桐箪笥をお作りできる工房で良かったです。

    大阪泉州桐箪笥 田中家具製作所のゆたん

    これからもこれから先に手に入らない桐箪笥を行けるところまで、かたくなにこだわってお作りしていきます。
    日本でこんな桐たんすが欲しいと思われるお客様がいる限り頑張ります。
    でももうこんな桐箪笥は要らない時代が来ています。
    大阪泉州桐箪笥の昔ながらのこだわりの桐箪笥を購入されるのは今しかないかもしれませんね!是非 本物の桐箪笥の良さをご覧ください。

    N様 大変お世話になりましてありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 大阪府のT様に大阪泉州桐箪笥の天丸焼桐板目四段引出し箪笥をお届けいたしました。
    T様は初め私どものショールームにご来館して下さり、わたしの桐への思いといい桐箪笥の見極め方を聞いてくださってお帰りになられました。半年後再び来ていただけて、「社長が言うような出来栄えに他の桐箪笥はそうなっていないので、」私どもの本物の桐箪笥をこの度お購入いただきました。

    本当に有難い事です。こだわった桐たんす(本当の日本の)をお作りしてて良かったです。若い方にもその品質が伝わりました嬉しいことです。

    その桐箪笥がこれです。天丸焼桐四段板目引出し箪笥です。

    どうですか、とてもいい焼桐の桐箪笥でしょ、その桐箪笥をウォークインクローゼットの中に置かせていただきました。

    ウォークインクローゼットの中に、中国材で作られた安価な偽物の桐箪笥ではなく、本物のこだわり桐箪笥を置いていただけるのは本当に有難い事です。臭い臭いのない日本の桐箪笥はもうお作りする事が難しい桐箪笥になります。

    この様な杢目にこだわった職人が手づくりで組み上げた桐箪笥は希少価値がある桐箪笥です。

    天板や側面すべて寒い産地の良質な無垢(1枚板)の桐を手組みてで組み上げているのがご覧いただけると思います。

    T様のこだわりと本物志向のお客様だけが出会える桐箪笥が私どもの桐箪笥です。
    是非 大阪 泉州の桐箪笥の良さを感じていただければ幸いです。

    金具も昔ながらの代わらぬデザインの大人しい唐草引手をお選びいただきました。

    板目の杢目は世の中で1つだけの桐箪笥になります。

    内部の桐材も屋外で2年以上雨にあてた天然自然乾燥をさせた桐材を使用致しております。

    その光沢と艶 桐のほのかな香りも他社製品とは全くちがう私どものこだわりの桐箪笥です。是非 この納品事例をご覧の皆さまに分かっていただければ嬉しいです

    私どもの工房が無くなるともうこのような日本の桐箪笥は作れないと自負しています。

    もっと日本の人に本当の桐の良さを分かっていただけたらいいのにと思います。何百年も日本で桐が伝承されてきた理由があるのです。

    今回T様と出会えて本当によかったです。私どもの桐箪笥に対するこだわりと熱い思いを感じていただけたので、大切にお使いいただけるはずです。

    本物の桐箪笥は持ってて本当に良かったと思っていただける逸品です。ありがとうございました。

  • 大阪府のI様からのご依頼のちりめんの小袖衣裳箪笥の洗い替えのご紹介です。

    珍しい桐箪笥でしょう、多分当時京都で作られた桐箪笥で品物は本当にいい桐箪笥です。その洗い替えをご依頼してくれました。

    品物がいいので是非、田中家具製作所の職人さんにお願いしたいとのことで承りました。この桐箪笥を半年かけてこの様に手直しさせていただきました。

    新品同様美しく甦らすことができました。
    天板や前板の傷や凹みも・・・・

    この様に美しく面張りを張り替えてから塗装をします。

    汚れも傷も・・・・

    こうなります。

    傷んでいた側面も・・・・

    なにも無かったように・・・・

    古い金具も・・・・

    再メッキを施します。新品に戻せるのが桐たんすです。

    側面の脇取手も・・・・

    この通り。

    桐たんすの内部も少しカビがきていましたが、

    新品のように。

    巻き足の品質のいい桐たんすですが傷が多くございました。

    すべて桐材を交換して美しく仕上げています。

    打痕やはげや擦り傷も・・・

    わたしどもの職人の技で手直しできます。これがほんまもんの洗い修理です。

    ご期待に応える事ができました。

    桐たんすの良さをあらためて感じる事ができます。

    この様に傷んでいた桐箪笥もほんまもんの職人で手直しすればこの様に美しくなります。

    ご依頼していただいたI様にお届けするのが楽しみです。

    桐たんすの洗い 修理 またこだわりの新しい桐たんすの購入を予定されているお客様は是非 大阪 岸和田の初音の家具 株式会社田中家具製作所にご連絡ください。
    必ずいい出会いが御座います、どうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 大阪府のN様にシモンズのベッド2台をお届けいたしました。
    高級感あふれるベッドをお買上げいただきました。

    シモンズベッド二台セットでお届けいたしました。

    最高級ベッドシモンズを二台お届けいたしました。

    ボックススプリングのベットになっています。ボックススプリングに脚を取付ます。

    傷防止のフェルトも貼ります。ボックススプリングを兼用することで、マットレスの良さを最大限に感じていただけます。

    お客様のお好美の寝心地を終え選びいただけます。

    最高の寝心地を体感していただけます。

    ベッドの脚の高さは二種類からお選びいただけます。
    お掃除ロボット対応になっていたりと工夫がされています。

    ヘッドボードは、ウォールナットのシンプルなデザインのものを
    お選びになられました。

    ヘッドボードとボックスの接合部分になっています。

    ゆるみがにようにしっかり締めました。

    穴を確かめるのには、このiPhoneのライトが大変役にたちます。

    ベッドフレームが完成したら、マットレスをのせていきました。

    ボリュームのあるマットレスをお選びいただきました。
    ダブルクッションなので寝心地はばっちりです。

    身体全体を包んでくれるマットレスです。

    Beautyrest プレミアムのマークがマットレスに付けられています。

    最高級のマットレスの証です。

    ゴールデンバリューのピロートップのマットレスです。

    ボリューム満点のベッドです。

    シモンズベッドは、ポケットコイル式を採用しています。

    ピロートップ付なので、全体的にふわっとした感触になっていて
    ソフトな寝心地になっています。

    マットレスも色々な種類があり、お好みの寝心地でマットレスをお選びいただけます。

    マットレスのサイドにはサーキュレーターがついており、
    通気性にも優れています。

    ゴールドの金具に、シモンズのマークも施されています。

    ウォールナットの落ち着いたヘッドボードがまた、
    素敵なお部屋にしてくれています。

    モデルルームの一室のようなお部屋になりました。

    ベッドと一緒に寝具関係のものもご購入いただきました。

    西川の最高級羽毛布団やシーツ、タオルケットなど一式お届けいたしました。

    本当にありがとうございます。

    マットレスのベッドパッド、ボックスシーツはシモンズをお選びいただきました。

    シモンズベッドで快適な睡眠をお楽しみください。

    素敵なベッド一式のお買い上げ本当にありがとうございました。
    最高の寝心地のベッドです。

    とっても広い素敵なお部屋に置かせていただき、
    N様本当にありがとうございました。

    シモンズベッドのご用命は、田中家具製作所までご相談ください。

  • 兵庫県のN様からのご注文の大阪泉州桐箪笥 小袖衣裳箪笥 をお届けいたしました。娘様のご婚礼でお作りさせていただきました。

    非常にシンプルで上品な桐箪笥のご注文をいただきました。

    特別に厳選した柾目とこの意匠が日本の和室にも映えますね。

    金具も一番シンプルな金具をお選びいただきました。
    N様のセンスの良さが感じられます。

    私どもの創業以来からのこだわりの両欠き込みの技法で取り付けられた兆番がご覧いただけます。

    天板と側面との天丸の蟻組手が無垢桐材の証です。

    桐の最高の柾目と隙間のない気密性のある桐箪笥は私どものこだわりの日本の桐箪笥です。

    この美しさをいつもこのHPをご覧の皆さまにご紹介させていただいています。

    これから先、このような桐箪笥をお作りする事が難しくなってくると思います。

    このままだと日本から腕のいい桐たんすの職人も最高の桐の材料も共になくなってしまいます。今の間に是非 お買い求めください。

    内部の引出しもこれほど美しい仕事をさせていただいているのです。

    このような桐箪笥作りができる職人は貴重な存在なんです。

    寒い産地の杢目の細かな艶と光沢のある桐材は他の工房ではお作り出来ないと思います。

    このようなこだわりの日本の桐が欲しいと思われて全国の方からご注文をいただきます。

    作れる本数もすくないですし、手作りのために時間もかかります、
    でも必ず私どもの桐箪笥を持ってて良かったと言っていただける仕事はさせていただいています。

    私どもの伝統工芸士は素晴らし匠の技を伝承しています。

    この技術を絶やすことなくお仕事ができればいいのですが・・・・
    昨今中国からたくさん、国産と称する桐が輸入され日本のこだわりの桐たんすと見分ける事が出来ない世の中になってきています。

    そのために私どもは、このような納品事例を詳しく載せて、そのようなものとの差をお分かりしていただける事が最も大切な事だと思っています。

    桐の箪笥はその工房の代表者や職人の日本の桐への熱い思いによって作られる桐箪笥が違います。

    是非 本物の安心の出来る日本の桐箪笥が欲しいお客様は私どもにご相談いただければ有難いです。

    多分20年先にはもう手に入らない桐箪笥になっていくと思います。
    この度 こだわりの桐箪笥のご注文をいただきました、

    N様本当にありがとうございます。何百年とお使いいただける逸品なので大切にしてあげてください。

  • 今年のもう12月ですね、今年も古い桐箪笥を何棹か洗い修理させていただきました。それぞれ本当に記憶に残っています。12月最初の洗い替えの納品事例は、こちらです是非ご覧ください。

    大阪府のK様からご依頼のあった洗い替えの小袖の引出し箪笥をご自宅に取りに伺い工房にいれました。これがその桐箪笥です。

    一度粗悪な桐箪笥の洗い替え業者で洗いをしてもらっています。
    このような白い粉をふいたような仕上げです。その桐箪笥を再び私どもの独自の技術で丁寧に手直しをさせていただいて、お孫さんもマンションのお部屋にお届けいたしました。

    この出来栄えの違いをご覧いただければ嬉しいです。
    この様に甦らす事ができます。

    以前の適当な洗い替えで桐箪笥が可哀想な状態でした。

    その桐箪笥を生地から手直ししてこの様に甦らすのが私どもの職人です。

    新品同様とは言いませんが、ほぼ新品の納品事例に紹介してもだれも気付かないと思います。

    以前の仕上げは天板もこの様にくすんでいて、その洗い業者の技術が良くわかります。悲しい事です。

    一度洗われた桐箪笥をこの様に再び甦らすには苦労致します。

    金具も再び再度メッキ直しをしました。

    その当時のままの金具を出来るだけ使ってあげるのも私どもの桐箪笥に対する礼儀です、簡単な安い金具に交換するほうがたやすい作業になります。

    側面の傷も手直しぜずにとの粉を塗っているので、この様にしみとかただらけになります。また金具も引きて金具がシルバーなのに側面の棒通し金具がなぜこのような黒色の安物の金具を付け替えているのか?・・・・・

    悲しい仕事をしています。家具店からの下請けで洗いの費用を抑えられたのでしょうね。

    私どもの洗い修理は生地から手直しできるのでこれほど美しく仕上げる事ができますし、仕上げをする職人の技術レベルの違いを是非感じてください。

    K様はこの状態ではお孫さんに使ってもらうのはあまりにも可哀想なので、私どもをネットでお調べしていただいて、ご依頼してくれました。

     

    他の業者さんの方が価格が10万ほど安かったのですが、また同じような事になるのが嫌でちゃんと勉強をされて私どもを選んでくれました。

    私どもは新しいこだわりの日本の桐箪笥を今でもお作りしている工房で、桐箪笥の洗い修理だけを専門にしていませんから、職人の桐箪笥の対する思いが違います。

    「古ならこれぐらいでいい」とか思う職人と、「古い桐箪笥に愛情を持って出来た当時のような桐箪笥の戻してあげよう」との違いが品質の差になるのです。

    引出しが欠けている部分も全く分からないように手直しできるのが、田中家具製作所の洗い修理です。

    一度洗い修理されていて、前板が薄く削られているので、前板を張り替えてあげなくてはなりません。

    その技術や手直しに時間がかかる為に費用が少し高くなるだけです。
    桐の洗い替え修理は皆様が思うほど工房的には利益がありません、
    ただこれだけの歴史や思い出を継いできた桐箪笥をなんとかちゃんと次世代まで残してあげたいと言う想いだけです。

    こうすることで、再びお孫さんがお婆様の桐箪笥を大切にこれからも引き継いで使っていただけます。

    これが出来るのが唯一桐箪笥だけです。これが桐箪笥を娘さんに持たせたい理由です。

    また再び甦らせるのが、桐箪笥です、日本の工芸品の文化なんです。

    傷も割れもなんでも治せます。その桐たんすの意義に若い方も気付いて欲しいですね、でないともう本物の桐箪笥は日本で作れなくなります。

    比較写真をご覧ください、この様に拡大写真で詳細にご覧いただけるのも私どものホームページしかないと思います。

    この度もご依頼をしていただけて本当にありがとうございました。
    また1棹、傷んでいた桐箪笥を元通りに甦らしてお使いいただけるお仕事をさせていただきました。

    これからお孫さんが大切に使わせていただきますとおっしゃっていただきました。
    この気持ちに応える工房であり続けたいと願っていますが、これから先 いい職人も本当に少なくなりますし前途は多難ですが、やれるだけやり続けます。

    K様ご依頼ありがとうございました。きちんと手直し出来て喜んでいただいて本当によかったです、これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

    桐箪笥を本当にきちんと洗い修理をして欲しいお客様は是非私ども072-443-8835(代表)にお電話ください。メールやラインでのご連絡ももちろん可能です。古い桐箪笥を捨てないで是非 桐箪笥のプロにご相談してくださいね。

  • 今回の納品事例は貝塚市のM様の大阪泉州桐箪笥 焼桐板目天丸引出し箪笥をお届けさせていただきました。

    M様は娘さんの桐箪笥を買っていただいたのですが、今回ご自宅用としてご一緒にお買い求めしていただきました。
    その桐たんすがこの桐箪笥です。

    美しい桐の板目が気に入っていただきご購入してくれました。

    良く揃ったいい板目杢です。板目の場合は世の中で1つだけの桐箪笥で二度とその杢目はありません。

    13センチの引出しの高さでこれだけの板目を揃える事が出来るのもこだわりの私どもの工房ならではなのです。

    光沢もある艶と中国桐を一切使用しない初音の桐箪笥は日本の誇れる桐箪笥なんです。

    M様に和室に置いていただけて本当に似合っています。
    天板と側面の手組みて蟻組の技もご覧ください。焼桐の箪笥は良く組み方がご覧いただけます。

    天板の桐の無垢板もいい材料を使わせていただいています。これだけの幅の広い国産の寒い地方の木でお作りしています。

    いろいろと説明も大事ですがやはり写真が一番伝わりますね。

    伝統工芸士の職人が真心こめてお作りしました。

    この桐のほのかな香りは心安らぎます。

    内部の桐も私どもでしか手に入らない桐材を使わせていただいています。

    美しさと艶と光沢と杢目を良くご覧ください。

    この桐箪笥はご購入していただいた価値がある桐箪笥です。

    無駄な品物は要りません、価値ある品物を是非お買い上げいただければ必ず大切に長く愛用する事ができます。

    桐箪笥の良さを是非感じていただければ嬉しいです。

    私どものようなこれほど詳しく納品事例を掲載させていただいているホームページ(工房)は日本では無いと思います。

    桐箪笥への熱い愛情とこだわりを少しでも感じていただければ、中国産の桐にごまかされる事がないと思います。

    M様この桐箪笥を気に入っていただいて本当にありがとうございました。掲載させていただいて何十年たっても思い返す事が出来るのもホームページの良さだと思います。

    これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • 兵庫にお住まいの方からの総桐間箪笥の洗い修理のご依頼をいただき、お引き取りに伺いました。

    大変品質のいい桐箪笥です。

    全体的には大きな傷もなくて、少し汚れていますが大切にお使いになられてた事がよくわかる桐箪笥です。

    このようないい桐箪笥は私どもに依頼していただけて良かったです、技術のない工房だといい桐箪笥が台無しになります。

    私どもで洗ってあげますとこの様に新品同様に手直しができます。

    大きな桐箪笥なので、洗い修理するのは大変なんです。

    左戸の真ん中に横に長い傷も綺麗に手直しできました。

    引出しや棚にも細かな傷や汚れがございました。

    それも私どもの職人にかかればこの通りの出来栄えです。

    内部のお盆もこの通り、中棚もありいい作りをしています。

    美しいとの粉仕上げは私どもの特別な技術で仕上げます。

    洗い替えは大変な作業で、新しい桐たんすをお作りする方がよっぽどやりやすい場合がございます。

    でもこの様に昔の素晴らしい技術を持った職人さんがお作りした桐箪笥を手直しさせていただけるのも職人冥利に尽きます。

    ご依頼をしてくださったお客様が、田中家具さんにお願いして本当に良かったです。と言っていただける事が嬉しくて、
    ほんとに桐箪笥屋でよかったなって思います。

    右側の戸の内部は洋服を吊れるように工夫されています。このような桐箪笥も大変珍しくてお客様が特別にご注文したのでしょうね。

    仕事柄色んな桐箪笥を拝見させていただきます。

    今回もきちんと手直しが出来て本当によかったです。

    桐の箪笥はこの様に何十年や何百年経とうが、美しく甦らす事ができます。

    ですから昔から、箪笥は桐箪笥が一番だと言われてきましたが、桐は良く汚れるとか扱いしにくいとかの単純な理由で家具店からも敬遠され、本当の桐箪笥の良さを教えてあげれるお店が無くなっています。

    桐ほど素晴らしい特質と性質をもった箪笥は世界にありません、日本が世界に誇れる収納家具なのです。

    今回もご依頼していただいたお客様もすごく喜んでいただきました。
    ご依頼ありがとうございました。

標準 特大