大阪泉州桐箪笥の用語集

大阪泉州桐箪笥用語集

松竹梅鶴亀地彫り上げ盆【 しょうちくばいつるかめじぼりあげぼん 】

桐の箪笥の開き戸の内部に、入っている。着物を収納する部分を、お盆といいます。

そのお盆の形「デザイン」によって、様々な呼び方がございます。
高級な桐タンスの内部を、飾る 松竹梅鶴亀地彫り上げ盆です。
上部には、紫檀を巻いております。

彫刻専門の伝統工芸士の手により、一つ一つ掘っていきます。
製作日数もかかる、一番高級なお盆になります。

松竹梅鶴亀地彫り上げ盆

標準 特大