大阪泉州桐箪笥の用語集

大阪泉州桐箪笥用語集

蒔絵【 まきえ 】

蒔絵とは、日本独自の工芸技術として1500年も昔から日本にある技法です。
桐の生地の上に漆(うるし)を接着剤代わりにして純金箔、純金粉、
銀粉又は螺鈿(貝殻の裏の奇麗に光る部分)等を蒔(ま)きつけて行き模様(絵)として完成
させていくので蒔絵と呼ばれます。高級な桐箪笥にのみに、施されます。
この様に絵柄がつながった蒔絵は、最も高級です。
近年では、私どものように、蒔絵の桐たんすを、お作りできる工房は、
少なくなっております。日本の伝統工芸を残していきたいですね。

蒔絵

標準 特大