職人ブログ

箪笥職人が工房からお届けします

冬はヌクヌク、夏はクタクタの作業

2013年1月23日 | 工房だより | コメント:0

こんにちわ。工房だよりです。

大寒も過ぎ、寒い日が続きますね。
当然ですが、ここ岸和田の工房も寒いです。

ストーブや火の気が恋しくなるこの季節。
今日は、とてもヌクヌクの作業のご紹介です。

その名も「あぶりもん」です。
あぶり.3
ちょっと恐ろしい名前ですが、
火の力で桐材の反りやいがみを直していく作業です。

写真のように火であぶってすぐに、ぎゅーっと、反りを直していきます。
あぶり.4

あぶり.1

屋外での1年~2年のアク抜きと乾燥後の桐の板はどうしても
”いがみ”や”そり”が出てしまいます。
「あぶりもん」前、後の板の状態はご覧のとおり。
ゆがみ.1ゆがみ.2

まっすぐですね。
これで狂いの少ないたんすに仕上がる訳です!

熟練した伝統の職人技があるからできる。
原木からの仕入れにこだわった,わが社ならでわの工程のご紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大