職人ブログ

箪笥職人が工房からお届けします

伝統的工芸品月間国民会議全国大会に行ってきました。

2017年11月4日 | 工房だより | コメント:0

こんにちは。
職人の粟田です。
11月2日、3日と東京に行ってきました!
というのも、
ただ今、東京にて
第34回伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会

が東京駅周辺施設で開催されています。

その全国大会参加と会場の設営のためです。

日本の美の象徴、富士山

奇麗でした。

池袋にむかい、式典です。
東京都知事の挨拶です。

伝統的工芸品産業振興議員連盟会長
伊吹文明氏挨拶

そのあと各産地の功労者などの表彰がありました。

続いて、日本伝統工芸士会の総会となりました。

そのあとのディスカッション
「10年後の伝統工芸士を考える」

非常に面白くも深い、勉強になるものでした。

13時30分から17時30分までずっと座りっぱなし
で疲れました。
が、夜は日本伝統工芸士会の懇親会です。

いつもは地方の温泉旅館で開催されることが多いので
ご当地の和食が多いのですが、今回は洋食でした。

私のテーブルには多摩織、東京銀器、江戸木目込み人形
京人形の職人さんと一緒になり楽しくお話を聞かせていただきました。

次の日

会場の設営は午後からだったので、午前中は他の会場を見学です。

江戸の街が再現されていました。

町屋しつらえの再現

籠屋さんもいてました。

午後からやっと桐たんすの搬入です。


なんやかんやで夕方までかかりました。
私はこれにて帰阪。

東京国際フォーラム ホールB7
工房からは田中美志樹専務と若手の南里君
がいてますので是非ご来場ください。

取り急ぎ
第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会のご報告でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大