職人ブログ

箪笥職人が工房からお届けします

工房見学のお客様

2012年8月8日 | 工房だより | コメント:2

こんにちは、工房からお知らせします。
「立秋」とはいえ、相変わらず暑い日が続きますね。
残暑きびしい空

さて、この時期、工房へ毎年お客様がいらっしゃいます。

それは小学生のお子様です。 「ものづくりの様子を勉強する」と言うのが、夏休みの自由研究の課題になっている 学校も多いらしく、 夏休みのこの時期、小学生の工場見学が増えます。
(増えるといってもひと組、ふた組ですが・・・)
先日も小学生の女の子が、おばあちゃん、お母さんと一緒に工場見学に来てくださいました。
親子3代での工房見学

桐たんすが、長い時間と、手間隙かけて造られている様子、 原木の乾燥から、木取り、組み立て、仕上げまで、しっかり見ていただけたと思います。

そして最後には、桐の箱作りの体験!
桐箱作りを指導する伝統工芸士見事に完成した桐箱
これで工作の宿題もクリヤ!

なんといっても、お嫁入り道具の代表格「桐たんす」の工房に 祖母、母、娘3代揃って見学に来ていただいたことがすごくうれしくなりました。

夏休みの自由研究「大阪泉州桐たんすのできるまで」がんばって書いてください!
ありがとうございました。

最後にお祖母さまが、ひとこと、「○○ちゃんがお嫁入りするときは桐たんす買ってあげるね。」

お待ちしております!m(_ _)m

工房見学のお客様” への2件のコメント

  1. いいですね 工場見学したお子さんは、桐のよさから、香までしっかり記憶に残るこでしょうね。

    • コメントありがとうございます。
      ぜひ一度、工房にお越しくださいませ。
      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大