社長ブログ

社長ブログ

  • 今年も岸和田の市民の方に岸和田ブランドを知っていただく手段として、岸和田ブランドツアーを市が企画してくれて、私どもの工房とショールームにお越しになられました。

    今日の工房は風があって寒いので、見学者の皆さんは大変です。

    材料の説明から職人の作り方など専務の田中美志樹が説明させていただきました。

    今日は土曜日なので、休んでいる職人もいてて、工房は少しひっそりしていました。

    寒い工房から暖かいショールームに移動してきてくれました。

    今回も私どもでしか聞けない本物の桐箪笥の本当のお話しをさせていただきます。

    桐と言う素材や本物の桐箪笥の良さや特徴を熱く語らせていただきました。

    クイズ形式での本物の桐箪笥の見分け方など参加者様に考えていただきました。

    2019 岸和田ブランドツアー 熱く語る田中社長

    ほんまもんの桐箪笥は、もう日本では手に入らない逸品なんです。

    偽物の桐箪笥はほんまもんの桐箪笥のような特徴や性質が全くありません。
    それなのに、その事をお伝えできる手段や機会がないのです。

    この様に私の話を直接お伝えした人だけが分かっていただけるのです。

    桐のクイズをさせていただきました。

    参加者23人の中で、クイズを全問正解された方はなんと1人だけいらっしゃいました。良かったです、全問正解なので賞品をプレゼントさせていただきました。

    2019 岸和田ブランドツアー 田中家具製作所編

    でも一人だけでも全問正解者がいらっしゃって良かったです。

    それだけほとんど皆さんが桐材や桐箪笥に対する知識がないのです、
    これでは、ほんまもんの日本の桐箪笥は無くなっていくはずです。

    いつも、なんとかしなければと思ってます・・・・・・・

    本当にどうしたらいいんでしょうね。

    2019 岸和田ブランドツアー 田中家具製作所

    テレビ番組の取材でも桐の本当の事をお話ししても、まがいものが多い桐箪笥の現状の中、まがいものの見極め方すら放送してくれませんし、・・・・・

    インターネットや通販で中国製の桐箪笥を日本製として沢山だまされて購入されています。

    全国の日本の桐箪笥の工房でも中国産の桐材料を使って、材料原価を安く手間暇を惜しんで、ただの組み立て工房になっている工房も多くみられます。そのような桐箪笥が欲しいのでしょうか?
    そうは思いません。皆さん本物が欲しいと思いますが、

    本当の日本の風土で育った国産桐材や北米産の寒い気候で育った美しい桐材を使って、昔ながらの工程と技術で一竿一竿職人がお作りした本物の桐箪笥を見ることすらないからでしょうね。

    唯一 世界に誇れる 日本で最後に残る収納家具が桐箪笥なのに・・・・多くの方が気づいてくれません。

    もう日本の桐箪笥ではなく、中国の桐箪笥なんです。

    今回も無漂白の屋外で2年以上雨にあてて余計なタンニンを抜いて天然自然乾燥させた美しい桐材で作られた本物の桐箪笥を岸和田の皆さんに知ってもらいました。

    直接お会いしてちゃんと説明すれば皆さん分かってくれます。

    このような機会は本当に貴重な事です。
    お客様が製造業者や家具店の販売員に騙されない為に知ってもらわないといけない知識です。

    岸和田のブランドでもありますが、「初音」は
    日本を代表する桐箪笥のブランドであると自負してます。

    私どものような桐箪笥はこれから先、
    もう手に入らない(お作り出来ない)貴重な桐箪笥になるはずです。

    大きな時代の流れには勝てません、でも日本全国でまだ本当にいい桐箪笥を買いたい(購入したい)お客様の為に続けていきたいです。

    本物の伝統を残す仕事は本当に大変な忍耐と努力が要るのです。

    本物とそうでない桐箪笥との大きな違いを今回は見本や資料を通じて知っていただきました。

    私の桐箪笥に対する思いが熱いので、予定時間よりも少しオーバーしてしまいました。すいません!

    最後に皆さんが乗られたバスをお見送りさせていただいて、本日の岸和田ブランドツアー田中家具製作所編は終了いたしました、これからバスは大下工務店のだんじりの駒の制作工房に向かいました。これからも少しでも多くの方に本物の桐箪笥を見極める知識をお伝えしたいです。

    特に地元岸和田の皆さんは日本の桐箪笥を代表する工房が岸和田にある事を是非分かってもらいたいです。

  • 皆さんこれからまだまだ寒い日を向かえますね!
    あまりお話ししない事ですが、
    今回初めて私の冬の寒さに対する持論をお話しします。

    よく「冬は寒くて冷え性だから」とか言って、たくさんの人が厚着をしたり化学繊維のヒートテックやら極暖やら超極暖とかの下着を買って着ていますが、

    ヒートテックやら極暖やら超極暖の下着には絶対に頼らないでください。

    余計に身体が冷えます(弱く)なりますよ。

    どうしても寒い外であまり動かない仕事をしなといけない時などは別ですが・・・(でも外で汗をかく仕事は逆に着てはいけません。)

    家や会社の暖房の効いた室内に居て、
    このような発熱する化学繊維の下着を着てはいけません。
    是非 自然な綿の下着などを身に着けてください。

    もともと人間は自然に気候が寒くなるとその寒さに対抗するために、体内の代謝をあげて熱を身体の中から作り出そうとします。

    冬は一番脂肪を燃やし熱カロリーを体内で作り出して、
    身体が自然に寒さと戦かおうとします。

    でもヒートテックやら発熱性の繊維の下着を身に着けると皮膚や身体の外から不自然に温められて、自分で身体の中から熱を作って代謝をあげようとすることができない身体になります。

    だからより一層身体の芯が冷えるのです。

    皆さんは冷えるから逆に暖かい服を着たいと思いますが、
    それは全く逆なんです。
    暖かい服を着すぎるから身体が冷えるのです。

    普通に思っている事が実は間違いだらけなんです。
    企業は物を売りたいのでその品物のいい事ばかりを強調しますが、
    皆さん本当によく考えてくださいね。暖かく服を着こんでも風邪をよくひきませんか?

    私のお婆ちゃんは冬でも薄着しなさいと教えてくれました。
    昔、子どもの頃も薄着の方が寒さに強かったはずです。
    わたしは薄着の効果か、冬でもあまり風邪をひきません、
    (鼻水はよくでますが(笑) )
    それにはやはり意味があると思っています。

    私は冬場でも室内や仕事場にいる時は厚着はしないように今も心がけています。
    寒く感じる時はマフラーをして首だけは温めます。

    人間首だけをあたためたらどうにかなるもんですよ。

    自分で代謝を高めて、寒さに対抗しています。

    企業の良い事だらけの宣伝に騙されてはダメです、

    人間本来が持っている免疫を高め、自分の身体を信じて季節に対抗できる身体を作ってください。

  • 本物の桐箪笥の良さをどうしてお伝えしたらいいのでしょうね。
    昨年までは、私のホームページのみで桐箪笥の良さをお伝えしてきましたが・・・

    もっとたくさんの人にお伝えするには、やはりフェイスブックやツイッターと言うSNSを使うしかないのでしょうか?

    今年はソーシャルネットワークデビューをしなければならないかもしれません。今年は元号も変わるので新しい事にチャレンジしましょう。

  • いつも皆さまに少しでも桐箪笥や桐材の良さを分かっていただけるように情報を発信続けています。

    小さな工房だけが出来る日本のこだわりの桐箪笥作りが私どもの工房の価値です。

    だれもわかってくれないような作り方を今でも続けています。
    でもその事を製品を見ながら直接口頭でちゃんと説明すれば皆さんが分かってくれます。

    でも、文章だけではその限界を感じます。



    いい桐箪笥は私どものようなあえて機械化をせずに大量生産をしない手づくりの小さな工房でしか絶対にお作りする事は出来ません。

    全国の皆さまからもっともっと本物の桐について知って欲しいですね。桐は本当に凄い性質と役割をもった日本の誇れる収納道具です。

    桐箪笥の対する素朴なご質問等、どしどし電話やメールやラインで遠慮なくご連絡くださいね、丁寧にお答えさせていただきます。

  • ネットの世界は嘘もホントも色々あります。
    同業者のホームページを拝見しても悲しいかな嘘のついたホームページがたくさんございます。

    何が、国産の桐だとか、・・・わたしが真心こめて作ってるとか・・・桐の良さを表記していますが、その製品はその役目を果たしていません。

    それどころか消費者を騙す言葉を平気に出しています。
    わたしには到底出来ませんね、

    それが正しい情報かそうでないかはその内容を見た方が判断されるのですが、

    ほんとに紛らわしいホームページが多い事を知って欲しいですね。

  • こだわりのお車シリーズは今回 HONDA レジェンドのご紹介です。
    デザインもすごくスタイリッシュなホンダ レジェンドでご来館いただきました。

    凛としたホンダの高級車セダンのお車です。

    フロントライトの部分もすごくデザイン性があります。

    フロントライトもサイドに大きくデザインされている感じが
    すごくかっこいいです。あまり沢山走っている車ではないですがここにお客様のこだわりがあります。

    バックフォルムも前面に負けない存在感のあるデザインです。

    タイヤのホイールにはホンダのHのマークが真ん中に入れられていました。

    レジェンドのマークもピカピカです。

    レジェンドとは、英語で伝説という意味だそうです。
    ホンダが、創業以来初めて手がけた2Lを超える高級車に対して、
    これからのホンダ車の”伝説”として末永くそのクオリティ、
    クルマ造りの思想が語り継がれていくように願って名付けました。(ホンダホームペーじより参照)

    名前に負けず存在感のある一台に今もなっていますね。

    最近SUVやワンボックス車が人気で、高級セダンと言われる車の販売が減ってきているとおききしています。
    走って止まると言う基本動作を追求すればやはりセダンの車の上質な価値があるちお思います。
    素敵なお車でご来館いただいてほんとうに
    ありがとうございました。

  • 先日納品に伺ったお客様から、鎌倉の紅谷というお菓子をいただきました。
    クルミッ子というリスのイラストが可愛らしい箱のお菓子でした。

    裏面には、お菓子の説明書きが書かれています。

    メディア掲載などにも沢山掲載されているそうです。

    中を開けて見ますと、パッケージされたリスがまた登場してくれました。

    食べてみると、ほんのり甘くて、クルミの味と食感がいい
    美味しいお菓子です。ありがとうございました。

  • 色んな会社のホームページがありますが、私が何か調べものをしたい時や買い物をしたいときにグーグル検索やヤフー検索をしたときに、その会社のホームページの新着情報やブログなどが更新がふるいままになっているホームページを見ると、
    その会社に連絡したくはないですね。

    新着情報が昔の古いままで放りっぱなしのホームページであれば、多分仕事も放りっぱなしのような気がします。

    特に社長ブログやスタッフ ブログの更新が昔のままですと、
    とても生きたホームページだとは思いませんね、
    かえってマイナスなイメージを持ってしまいます。

    私も以前はそこを意識して更新していた事もありますが、
    今では、お客様にお伝えしたい事が自然と出て来て普通に更新していますね。

     

     

  • 2019年岸和田市の成人式が岸和田総合体育館でおこなわれました。

    大変いいお天気に恵まれました。

    朝11時の開会にむけて準備をしていました。今年は市長も変わり平成最後でまた新しい元号になる記念の年に成人ですね。おめでとうございます。

    9時半すぎでも早くも駐車場はいっぱいになりつつあります。

    2022年には18歳が成人に替わり、成人式も大学の受験と近くこの日が変わるかもしれませんね、あぁ、もう一度成人式を迎えたいですわ。

  • 春木旭町の祭礼関係者のみなさん、あけましておめでとうございます。今年も春木旭町の新年小屋開きがありました。

    世話人会の執行部は9時集合、お酒やビール おつまみ等をだんじり小屋に運んで10時からの小屋開きの準備を行います。

    一番乗りです、今日は天気も最高で寒くなく
    いい小屋開きの日になりました。

    このように、12月末に樽酒と鏡餅をだんじりに飾り新年を迎えます。

    まずは回りをお掃除して机を出して準備します。

    まだだれも来ないので、一人で記念写真を撮ってもらいました。

    今年の春木旭町の世話人会の執行部のメンバー一同で記念写真
    皆いい顔してます。

    さぁ、いよいよ小屋開きが始まります。

    最初の挨拶は、今年2019年春木旭町の
    曳行責任者の田中美志樹君の新年の挨拶です。
    なかなかいい挨拶でした。今年もいい祭りになりそうです。

    続いて旭町町会長 小林 琢様からのご挨拶がございました、
    小林様は29年度春木年番の年番長をもされた方です。

    続いて若頭の責任者の池添浩二君の挨拶

    十五人組の組長の田中君が挨拶して、

    青年団団長の藤井君が挨拶して、

    育成会 会長の中山君が今年の責任者すべての挨拶の締めです。

    ところが、なぜか今年の司会の田中君のむちゃぶりで、
    昨年の曳行責任者や祭礼団体の皆さんのお礼の挨拶にふられ、
    昨年の曳行責任者の北田君が挨拶するはめになりました。

    昨年の各団体の責任者が続いて挨拶し、最後は青年団の団長の石井君で終わりました。

    それで、乾杯です。太鼓を初たたきです。

    集まってくれた小さな子ども達にお菓子を配り、祭り関係者と雑談をして今年の祭もいい祭りになるよう懇親を深めました。

    今年の旭町もやりますよ!

    追伸
    今年の年番としての私に挨拶をふってくれなかったことは、とても残念です。

    またいつもならビールや酎ハイを飲んで酔っ払うのですが、今日は会社にお客様が来館されるので、お酒も飲めずそれも残念でした。お仕事が大事なもので・・・・・

     

  • 昨年の12月30日の夜に自宅のインターホンがなり、運送屋さんがお店が正月休みに入ったので、
    その配達の方が私の自宅を知ってたので、荷物をわざわざ自宅に持ってきてくれました。

    なにかなと思い差出人様を見ますと、昨年遠方から桐箪笥を購入していただけたK様からのお荷物でした、

    中をあけさせていただきますと

    お礼の熨斗とお菓子が・・・

    そして、心温まるお手紙が同封されていました。

    桐の箪笥をお作りさせていただいていて、日々色んな事がありますが、そのK様から美しい字で凄く嬉しい内容のお手紙をいただき感動しました。

    いい桐箪笥をお作りしていて、ご購入いただけて本当によかったです。

    ゴールドの包装紙に包まれた手づくりのお菓子です。

    職人達と分けていただきました。

    スィート ゴットは忘れられないお菓子になりました。

    昨年の最後にこの様な大変嬉しい出来事がありました。
    桐箪笥作りは厳しい現実との戦いですが、K様のようなお客様から感動をいただけて本当に励みになります。

    これからもK様のような方にお使いいただける桐箪笥を製造 販売して行きたいです。
    K様 本当にありがとうございました。
    心からお礼申しあげます。

  • 第98回全国高校ラグビー大会で大阪桐蔭高校ラグビー部の皆様 初優勝おめでとうございます。昨年の悔しい準優勝を経ての今年の優勝は何よりも嬉しい事と思います。

     

    桐が大好きな私にとって、今年の花園の決勝戦は大阪桐蔭高校(大阪)と桐蔭学園(神奈川)です。なんと昨年の選抜に続き 桐蔭対決!

    全国高校ラグビーでは決勝戦では初対決でした。

    本当に実力校同士の逆転を繰り返す凄い試合でした。

    花園 初出場から13回目で、祈願の初優勝おめでとうございます。

    一方の桐蔭学園も5度目の準優勝で単独の優勝はまだないので、
    選手の皆さんは悔しい思いをしていることだと思いますが、・・・・・

    昨年の春の選抜の決勝戦もこの二校の戦いでその時は桐蔭学園が優勝しました。
    今回そのリベンジを大阪桐蔭高校が花園で果たしました。

    本当にどちらが勝ってもいい、試合でした。

    大阪桐蔭高校の松山主将は三人兄弟の一番下で上の兄2人も大阪桐蔭高校のラグビー部で昨年は2番目の兄(3年)が準優勝だったので、最後の3年生で自分が主将になった今回、花園で初優勝を勝ち得た事は凄い事だと思います。
    本当におめでとうございます。

    桐と言う字が付く学校が活躍してくれるのが桐が大好きな私にとっては、
    とっても嬉しい事です。

    昨年 高校野球も大阪桐蔭高校の春夏連覇がありそしてラグビーも今回 優勝 大阪桐蔭高校とは凄い高校ですね。

    ますますいい選手が全国から大阪桐蔭高校にやってくるのでしょうね、この強さは当分続きそうです。

     

     

     

     

標準 特大