社長ブログ

今回は、寝心地のよいカリモクのレベルフレックスのベッドのご紹介です。

2013年10月23日 | 社長ブログ | コメント:0

今回は、カリモクベッドの商品を社長ブログでご紹介させていただきます。
もう弊社のHPでおなじみのカリモク家具(メーカー)は、ソファーやダイニングセットが人気の大手国産メーカーです。

カリモクのベッドに関しては、皆様あまりなじみがないと思います。今日はカリモクのベッドを、ご紹介させていただきます。

実は隠れた人気商品で、たいへん優れもののベッドなのです。

なにが優れているといいますと、スプリングマットではなく、木製のフラットベースが身体を支えるのです。

カリモクのレベルフレックスのベッド

カリモクのベッドは、一人一人のぴったりベッドと、言うキャッチコピーで販売されております。
本体フレームは、(本体)国産のカリモク製なのですが、

ベッドの最も特徴となる木製のウッドクッションは、

ドイツ製ヒュルスター社の最新モデルを使用しています。
そのウッドクッションに秘密がございます。

木製のウッドクッションは、ドイツ製ヒュルスター社の最新モデル

そのレベルフレックスのウッドクッションは、全部で39本 1本1本が独立してしなります。

これが、おひとりおひとりの自然な寝姿勢をサポートいたします。この木のフレームの事をレベルフレックス(総称)と言います。

レベルフレックスには、その木の固さを調整するアジャスター

レベルフレックスには、その木の固さを調整するアジャスターが付いています。(赤い丸の部品)このアジャスターを左右に、調整することにより自分の耐圧分散にあったベッドの強弱を設定する事ができます。

赤まるのついた部分をベッドの外側にすれば、硬くなり。真ん中にすれば、柔らかくなります。

レベルフレックスには、その木の固さを調整するアジャスター 2

また3本セットになっているウッド部分は、真ん中を取り外したり上下2段にも取り付け出来て腰の部分の強化もできる画期的な構造となっております。

取り外せば、柔らかくなりますし、2重にすれば硬くなります。
横姿勢で寝られる方は、肩の部分を取り外して自分で調整できるのです。

自分の合った寝姿勢を作れるベッド!

レベルフレックスには、その木の固さを調整するアジャスターを取り外す。

腰部分を強化(硬く)する場合は、2本重ねてはめ込む事も出来ます。

レベルフレックスには、その木の固さを調整するアジャスターを取り外しました

さすが賢いドイツ人が考えたフレームですね。調整の仕方は、マイスターがアドバイスいたします。

ウレタン製ファイバークションの柔らかめ

この上にウレタン製ファイバークションを乗せてご使用いたします。(カバーリングなので、ドライクリーニングが可能です。)

ウレタン製ファイバークションの硬め

このベッドは、スプリングを採用しているベッドメーカーには、ない寝心地を得られます。
購入いただいてからも、自分の好きな硬さに調節できて、寝心地感を変更する事が出来るのが、カリモクのこだわりベッドの特徴です。

新作のカリモクベッド 

また スプリングを使用していないので、金属アレルギーのある方でもお使いいただけますし、廃棄の場合も普通ごみで処分する事ができ、環境にやさしいのも特徴です。

ヨーロッパでは、ノンスプリングベッドの普及率は、70%以上になっております。

もっとこのベットの事をお知りになりたいお客様は、
カリモク ホームページのベッドのレベルフレックスの簡単説明ビデオをご覧ください。

この寝心地は、カリモク関西ショウルームでご体感できます。
是非一度お休みになってください。

カリモクマイスターのおすすめ商品です。

これからも、いろいろな家具に関しての情報を、社長ブログでご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大