社長ブログ

岸和田市のM様の自宅のお荷物を、お荷出しの日までに数量を見に伺いました。

2013年10月1日 | 社長ブログ | コメント:0

岸和田市のM様のお嬢様が次の良き日に、ご結婚のお荷物を先方様にお届けいたします。

私どもでご購入されています家具と一緒に、当日ご自宅から持っていかれるお嬢様のお荷物を家具と一緒に積ませていただいて、先方さまにお届けさせていただきます。

そのため事前にどれくらいのお荷物の量があるのか、担当者として把握しておかねばなりません。お荷だし当日そのお荷物を乗せるための場所を確保するためなんです。

お洋服を入れていただく、グリーンボックスは、もっと事前にご自宅にお届けさせていただいておりました。

先方に運ばれるお荷物

白のダンボールケースも沢山ご用意されております。

先方に運ばれるお荷物の化粧ケース

御本宅と新居に運ぶお荷物を分けて置いていただいています。

先方に運ばれるお荷物を分けて置いていただいています。

箱には、先方に置いていただく部屋の番号を書いてくれています。
こうする事により、後でスムーズにおかたずけや収納が出来ます。賢い方法です。

先方に運ばれるお荷物を分けて置いていただいています。2

最後に自転車もご用意なされておられました。

先方に運ばれる自転車

このように、事前に見せていただいて、当日の時間や人数 トラックの台数等の最終確認をさせていただきます。

泉州地区でも、お荷だしの仕方が時代とともに変化してきます。

このような打ち合わせをちゃんと事前に出来る事が、これからも個人の家具店ならではの大切なお仕事なのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大