社長ブログ

2013 岸和田だんじり祭りが9月14日15日に行われます。

2013年8月25日 | 社長ブログ | コメント:0

やはり、私の地元、大阪泉州 岸和田と言えば、「だんじり祭りが有名でしょう」

今年も9月の14日(土)と15日(日)に、岸和田のだんじり祭りが開催されます。
9月の8日と13日も試験引きで、午後2時から4時まで行われます。

久しぶりに、だんじり祭りに関してのご紹介をさせていただきます。

7月の終わりに、各町や各団体のご献灯台の設置が始まりました。献灯は、1つ約¥10000から¥8000の金額で、地元のお店が名前(店名)を入れて広告費として、祭礼の各団体の運営費用として使われます。

南海本線 春木駅の献灯台

この献灯台は、南海本線 春木駅前にあるため、人通りの少ない朝の5時からクレーン車をチャーターして、役3時間半くらいかけて、祭り関係者が組み立てていきます。

毎年、南海電鉄の許可や申請や設置代が必要となります。

私も約10年以上、設置するのに携わりました。この様な、献灯台は岸和田には、何百箇所も設置されています。

南海本線 春木駅の献灯台2

夜になれば、献灯に明かりが入り岸和田のだんじり祭りの風情が一層高まります。

商店街の新しい献灯

今年は、商店街に個人名入りの献灯も登場いたしました。祭礼に関係している人のお名前が並んでいます。私の名前もこのどれかの1つにあります。

商店街の新しい献灯 1

献灯台の提灯の管理ですが、台風等が近畿地区に接近すれば、大切な提灯が破れたり損害が発生するので、すべての献灯を外さねばなりません、台風の多い年は、2回くらいは、提灯や電球を外したりする年もございます。その作業が一番大変なんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大