社長ブログ

甲子園球場へ、阪神タイガースの藤波晋太郎投手は良かったです。

2013年7月15日 | 社長ブログ | コメント:0

7月14日の日曜日、知り合いの社長様から、甲子園での、横浜DeNA戦のチケットがあるので、急遽お誘いをいただき、カリモクアウトレットの帰りに甲子園球場にいきました。

新しく綺麗になった甲子園球場に行くのは、初めてで、すごく綺麗で、いい球場に生まれ変わっていて、テレビで見るより、球場内も明るくて、わくわくしながら一塁側の指定席に座りました。席もいい席で社長様に感謝です。

この日は、雨で、30分試合開始が遅れて、18時30分からはじまりました。

阪神甲子園球場 一塁側からグランドを見る

甲子園に着くと、すでに、4回表で、ブランコのホームランで1対0で負けてました。
阪神の先発投手は、ルーキーの藤波投手で、ベイスターズは、ベテラン三浦投手です、
両投手の投げ合いは、見ごたえありました。

阪神 藤浪 晋太郎(フジナミ シンタロウ)投手の力投

藤波君は、背が高くてカッコいい選手ですね、球の球威もあって、今回目の前でピッチングを見れて大感激!
打たれ強くて、ベイスターズに6回まで押され気味でしたが、ベテランのような安定感がありました、球場全体で、藤波投手を応援しています。

阪神 背番号19番藤浪 晋太郎(フジナミ シンタロウ)投手

6回表の、ピンチの後には、必ずチャンスがあるので、是非藤波投手を勝ち投手にしてあげて欲しいと願ってました。

代走の坂 克彦(サカ カツヒコ)

その6回に阪神の猛攻で反撃開始、大和の内野安打、今成の逆転打、新井亮太の満塁ホームランと、阪神ファンには、たまらないぐらいの逆転劇、経験したことのない最高の盛り上がりでした。(代打の神様の桧山の初球内野フライには、期待外れでした)が、

試合が終わってみれば、4対8の阪神の大逆転勝利です。

新しい甲子園球場の電光掲示版

電光掲示板にも、応援メッセージや選手情報が綺麗に表示されていました。

甲子園球場の恒例の風船とばし

勝利を祝う風船が試合終了と共に空に舞い上がりました。

甲子園球場の恒例の勝利の風船とばし

ほんとうに勝ち試合は、いい光景を見る事が出来ますね。

阪神タイガースの選手の一礼

阪神の選手がベンチ前に出て応援に感謝しての一礼です。

お立ち台で、ヒーローインタビューに答える藤波、今成、新井選手

今日のヒーローの藤波、今成 亮太の3人がインタビューに答えて最高の盛り上がりです。

内野で歌う六甲おろし

勝利の六甲おろしも阪神ファン全員で3番まで、歌って盛り上がって、知らないお客さん同士が固い握手をして、阪神の勝利を喜んでます。

DeNA戦で6勝目を挙げた藤波晋太郎投手

いつもテレビで、野球中継を見ていますが、今回甲子園球場に来てみて、野球も、やっぱり球場で見るものだなぁって、あらためて思いました。

歓声や音、応援の仕方や、ヤジめちゃくちゃ面白かったです。
個性的な衣装やメイクをした、阪神ファンもたくさん見れましたし、甲子園にはまりそうです。

是非ともまた機会を作って、必ず甲子園球場にきます。
今日のような試合はそうそう見れないでしょうが、お誘いいただいた、社長にすごく感謝しております。
本当にありがとうございました。
明日から張り切って仕事ができる元気をもらいました。本当によかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大