社長ブログ

五月の節句の大阪の伝統工芸の鯉のぼり 見つけました。

2013年5月5日 | 社長ブログ | コメント:0

ここ泉州は、端午の節句には、鯉のぼりをあげます。
昔は、ほとんどのお家で、男の子が生まれたら鯉のぼりをあげていました。

でもここ最近、住宅事情や慣習の変化により、見る事が少なくなりました、
でも、五月の空に泳ぐ鯉のぼりは、いいですね。親や親せきが子どもの成長を願う、
日本の文化を感じますね。

P1060890

P1060889

この鯉のぼりを、よく見ると真鯉の背中に金太郎が乗っていますね。
これは、、いまでも手書きでかかれた、堺で作られている
大阪府指定の伝統工芸の「高儀の鯉のぼり」ですね。本当に、良い鯉のぼりを発見しました。

鯉のぼりも、日本ならではの、伝統工芸の技が生きているんですね。

P1060891

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大