社長ブログ

真言宗御室派の総本山 世界遺産 京都  仁和寺へ

2013年3月31日 | 社長ブログ | コメント:0

京都のA様の納品にお伺いさせていただきましたが、ほんとにお近くに、
真言宗御室派の総本山 仁和寺がございましたので、せっかくこんな機会もすくないので、
ご参拝させていただく事にしました。

仁和寺のたくさんの写真を是非ごらんください。

世界遺産 仁和寺の仁王門

仁和寺 の 境内の桜

 

仁和寺は、1994年ユネスコの世界遺産にも登録されています。

仁和2年 886年に光孝天皇によって、御願寺を着工したのが、始まりとされております。
仁和4年 888年に完成して、寺号も元号から仁和寺となったそうです。

世界遺産 仁和寺の仁王門の仁王像

 

世界遺産 仁和寺の仁王門の仁王像 2

仁王様が、しっかりと門をお守りしています。門を入って左側に旧御室御所御殿の門がございます。
拝観料500円を払って、見学できました。昔からすごく伝統のある寺や神社が好きなんです。

旧御室御所御殿の門

旧御室御所御殿の入口

 

写真(カメラ)の撮影が大丈夫なのが、本当にありがたかったです。

旧御室御所御殿内の庭

石庭の市松模様と木々の配置が、こころ落ち着きます。

御室御所御殿内の襖絵

P1060144

日本建築の良さを感じれます。

P1060147

P1060148

庭園の景色もすばらしく、5重の塔と日本庭園の配置に妙に、昔の職人の素晴らしさを感じます。

御室御所御殿内の桜の襖絵

襖の絵も桜を描いたすばらしい格調がございました。

P1060156

仁和寺 国宝霊明殿

国宝 の霊明殿です。

仁和寺 国宝霊明殿の内部

霊明殿から望む景色です。

仁和寺 国宝霊明殿から庭をのぞむ

P1060164

手入れも行き届いた、庭園の砂の上をはうように、育てられた松は、見事です。

仁和寺 の松

仁和寺 の松 2

仁和寺 の全景看板

P1060170

仁和寺の名所、御室桜は、、遅咲きのため、咲いていませんでした。
この御室桜は、京都でも有名な桜で、開花時は、たくさんの人が見にこられ、
駐車場も大変混雑するのだそうです。

特徴は、こんもりとした、背の低い桜で、開花時は本当に綺麗な形をしているのだそうです。

仁和寺 の御室桜

仁和寺 の御室桜 2

まだ、つぼみも固くて、御室桜がみれなかったのは、ほんとうに、残念でした。

ソメイよしのは、7分咲きでした。

仁和寺 の そめい吉野桜

しだれ桜と五重の塔もすばらしいですね。

仁和寺 の 五重の塔としだれ桜

仁和寺 の 五重の塔

紅白のコンビは、大好きな色調です。

P1060183

こころが、なごみます。

国宝の金堂が一番奥に鎮座しております。
こころ新たに、お参りさせていただきました。

国宝 仁和寺 の 金堂

P1060188

大きな大木が、1100年の歴史を感じさせてくれて、私達の人生の小ささを教えてくれます。

P1060189

P1060190

仁和寺 の 五重の塔

仁和寺 の 五重の塔と桜

世界遺産 仁和寺の境内は広大な敷地の中の、自然あふれる木々と、建物によって、
あらためて、日本人として、私の心に、栄養を与えてくれました。

仁和寺 の 境内から仁王門を望む

伝統工芸の器も販売されておりました。

P1060198

最近、旅行した事がなかったので、今回、納品終わって、仁和寺に寄らさせていただいて、
本当によかったです。心が洗われたような気分を感じる事ができました。

A様とご縁があったからだと思います。 ありがとうございました。

仁和寺の詳しい情報は、仁和寺のホームページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大