社長ブログ

こだわりの桐箪笥の社長ブログ 古い桐たんすの引き取り買い取りや長持ちの処分や下取りについて!

2018年10月26日 | 社長ブログ | コメント:0

私どものホームページをご覧いただいた方から、最近よく古い桐たんすの引き取りや長持ちの処分や下取りについてのご連絡やお電話をいただきます。

家に古い桐箪笥があるので、買い取っていただけませんか?

もう要らない長持ちや桐箪笥があるので処分してくれませんか?

など様々なご連絡をいただきます、本当はその桐箪笥を洗い修理してまた欲しい方に安く販売出来ればいいのですが、
私どもではまだそのようなお仕事をさせていただいておりません。

その理由は、私どもは今でもこだわりの日本の桐箪笥をお作りしている工房なので、そのようなお仕事をしますと、
この業界の中で、言われたくないような中傷をされます。

例えば、「今 桐箪笥が売れないから、あの会社は中古(古い)桐箪笥を買ってきて手直しして、自分とこで中古としてまた販売してる会社ですよ」とか言われるのが一番いやなのです。

初音の名前や田中家具製作所 大阪泉州桐箪笥の名前(ブランド)イメージを大切に守らなければならないからです。

別会社を作ってしてもすぐに小さな業界なので噂になります。

本当は助けてあげたい古い桐箪笥です。
もっともっと安く本物の桐箪笥が中古としても手に入るのなら
ビジネスとしたら絶対に成功するし依頼も沢山あると思います・・・・・・

誰か そのような会社や流通(仕組み)を確立して欲しいと願います。

「ピアノ売ってちょーだい!」みたいに。「桐売ってちょーだい!」

絶対にいいと思います。古い桐箪笥を粗大ごみのように捨てないで、再び甦らせて使ってあげて欲しいです。

同業者で私のホームページをご覧の方、ぜひそんな会社を立ち上げられたらどうでしょう必ず需要があるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大