社長ブログ

こだわり桐箪笥の社長ブログ FIFAロシア ワールドカップ 日本対ポーランド戦

2018年6月29日 | 社長ブログ | コメント:0

FIFAロシア ワールドカップ 日本対ポーランド戦 0-1で負けましたが、日本がH組み2位で決勝トーナメントにすすめました。

なんとも凄い試合でした。戦術に関してこのような展開があるなんて、・・・

同じ時刻に、コロンビア対セネガル戦がありました。
コロンビアは勝って1位通過で決勝トーナメントにすすみたい。日本がポーランドに0-1で負けてるのが伝わると、劣勢であったコロンビアがサポーターの応援で甦り1-0になったのです。それが同点の0-0や1-1なら日本が決勝トーナメントに行けてなかったのです。

コロンビアが1-0で勝っているのが伝わると日本は無理に攻撃をしないで、このまま1点差の負けならセネガルにイエローカードの差で決勝トーナメントにすすめるので、最後の交代枠に守りの要の長谷部選手を入れて後半最後の10分間以上パスを回しで会場のブーイングに耐えながら試合を終えました。

まさに他力本願な試合でした、

この試合を見て皆さんもどう感じられたでしょう、私はそこまでしないといけないのか、正々堂々と勝負したらいいのにと思いました。
日本の戦術に理解できませんでした。

勝ってもどうなん?これで決勝トーナメントに出てもどうなん?とその時は思いました。

この西野監督の決断はこのように賛否両論あるでしょうが、どれだけ批判されても日本の悲願を達成する為にリアルタイムの状況を見極めて自分自身のサッカースタイルを変更して決断を下し選手に指示をだした結果だったんですね。

1戦2戦の日本に対する評価も今回の試合で落ちてしまったような気がしますが。

世界のサッカーファンからは、理解してもらえないでしょうね。
決勝トーナメントのベルギー戦に勝つか負けるかでこの結果の評価が出るでしょうね!

このワールドカップの予選を3試合観戦しましたが、
今回の大会は日本はなにか「運」を持っています。

西野監督の強運と采配を日本人として信じようではありませんか。
わたしはある意味で凄い指揮官だと思います。

この監督でないとこれだけワールドカップを楽しめてないでしょうね。

そしてこの強運を生かして次の強敵 ベルギーに必ず勝ってください。

そして日本サッカーの悲願のワールドカップベスト8に進出してくれる事を願うばかりです。

しかしこの予選をこんなにも楽しめたのもコロンビアのお蔭のような気がします。・・・・・コロンビアありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大