社長ブログ

桐タンスの社長ブログ このような桐たんすの洗い修理は本当に腹立たしく思います。

2018年2月9日 | 社長ブログ | コメント:0

先日 お客様からのご依頼でお母様が一度洗いをされた桐たんすをもう一度私どもで洗って欲しいと依頼されて桐の箪笥を運送会社から私どもの工房で送ってきてくれました。

私どものブログを見ているお客様は是非知ってください。
これこど程度が悪い洗い修理業者がいることを・・・・・

なんという仕上げでしょう、だれが見ても分かると思います。

汚すぎますね。驚きますこの桐箪笥の洗い最悪です。

どんな会社があらったのでしょうね、・・・・

でもこれが現実なんです。お客様の知識がなさすぎてこれで桐たんの洗いだと思っている方がたくさんおられます。
もっと勉強して欲しいですね、価格の安い洗い替えはこのようなものです。

作られた会社のシールもこんなボロボロにしています。

桐タンスの歴史やルーツを証明するものなのに、分からないようにしていますね。

また この前飾りの金具を見てください。丸い金具は洋家具に付けるもので、和家具の金具ではありません、

そんな金具を付けているので、右側の金具が折れて使えない状態になっています。

本来 この桐箪笥には、ハンドル型(金具を2ヶ所でとめる)金具が付けられていました、下の写真の右下の方を良くみてください。その金具の穴がそのままにしています。信られない 洗い替え修理です。

金具を洋金具に替えて取付けて、その前の金具の穴も埋めないで・・・・
わっかの金具が弱いので、折れてしまっていて・・・・・

扉の裏(下の写真)を見たらその穴がこのように残っています。
何と言うか、信じられない洗い修理をみました。

よくもこんなにむちゃくちな仕事をしたものですね、・・・・・
拡大写真を見ていただくと、デザインが全く合わないこともご覧いただけます。

なんでもよかったのでしょうね、最悪な仕事です。な内部もこの様な出来栄えで、
悲しくなります。

これだけ可哀想な桐たんすにされています。

背板もわれたまま修理していません。・・・

多分この桐たんすは、私どもに元に戻して欲しくて、やって来た桐箪笥だと思いました、「私を元に治して・・・」と

かなり大変な作業になると思いますが、ご依頼をいただいたので精一杯頑張ってみます。ただこの様な状態にされている桐箪笥を手直しするのは、余計な費用がかかります。

でもこのブログを是非参考にしてください。もっともっと桐箪笥の事を分かっていただきたいです。この様な悪徳業者にだまされないようにしてください。

お客様の自己責任が問われるような事例です。
この桐箪笥は、必ずわたしどもの職人で、再度よみがえらせていただきますから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

標準 特大