社長ブログ

こだわりの桐箪笥の社長ブログ 伝統工芸品の弓浜絣です。

2018年1月24日 | 社長ブログ | コメント:0

先日のブログでご紹介した「弓浜絣」ですが、みなさん読めましたか?

お恥ずかしい限りで 私も読めませんでした。答えは、「ゆみはまかすり」と読みます。本当に伝統工芸品の横にひらがな表記して欲しいです。

かすりという漢字でした。

「ゆみはまかすり」は、

中国地方、鳥取県の地域ブランド。
境港市・米子市で製作されている。17世紀の後半、鳥取県西部の弓ガ浜地方で綿の生産が始まり、自家用衣料として綿布に織られていた。江戸時代後期の文化年間(1804年〜1818年)には米子付近でも藍の栽培が進められ、浜の目絣と呼ばれる絵絣農家の女性たちによって織られるようになった。換金性のある副業として絣技法の優劣が農家の経済に大きな比重を占めたため、絣技術はさらなる進歩を遂げた。絵絣の藍と白が描き出す模様の美しさには奥深い味わいがある。1975(昭和50)年9月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定されています。
大阪泉州桐箪笥より以前に認定をいただいているのに、認識不足で大変申し訳ございませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大