社長ブログ

さすがこだわりの桐箪笥の社長! 壊れた桐タンスの鍵も修理できますよ!

2017年10月29日 | 社長ブログ | コメント:0

先日 お客様より桐箪笥の鍵がしまったまま、引出しがあかないので、見に来て修理して欲しいとの依頼がございました。

緊急のSOSで、その引出しに入っているものを、出したいとの事です。
私どもの桐たんすではありませんが、緊急で伺いました。

鍵の救急車みたいなもんですね。

桐たんすに精通している私?で出来ないはずがございません。工房で仕事歴を生かし
お客様の自宅へ、・・・・

それがまた関心するほどいい桐箪笥をお持ちになられていました。
こりゃ素晴らしい桐箪笥です。胴丸の紫檀巻きの最高級桐箪笥です。
棚もフラットの面で、内部側に細い紫檀を埋め込んでいます。

素晴らしい桐箪笥です。その一番上の鍵が鍵をかいだまま 引出しが開かなくなったのです。まずその場合は正常に動く鍵の構造を確認します。

正常な引出しの鍵を取り外して確認します。

鍵の内部の構造を十分確認しました。

そして 特殊な工具を使って、開かなくなった引出しの鍵を開かせました。
さすが桐たんすの社長でしょう!なんでも仕事をします。

下の写真は壊れて鍵をかいだまま開かなくなった引出しの金具です。右側の一部のピンが壊れているでしょう。これではからまわりして、いったんかいだ鍵が戻らなくななってしまいました。(引出しに鍵がかかったまま)

この外し方は、企業秘密なのでお教えする事はできません、お話しすると鍵がかかっている桐たんすを開ける技術を皆さんに教えてしまうからです。

泥棒!してしまいます。特殊な技術と技と工具が必要です。こだわりの桐たんすの社長は桐たんすの事なら なんでも知っています。!

お客様も大変喜んでいただきました、この桐箪笥を洗い修理する時は「必ず 田中家具でしますから」と言ってくれました。ほんとにいい桐箪笥をお使いです。この桐タンスの洗い修理は是非私どもに依頼して欲しいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大