社長ブログ

こだわり桐箪笥の社長ブログ 残念ですが。助けてあげれない場合もございます。

2017年9月25日 | 社長ブログ | コメント:0

先日ご依頼を受けて桐箪笥の洗いのお見積りに行かせていただきましたが、

この様にかなり傷んでいました。材料も樅を使用していました。

傷や打痕や隙間や欠けが沢山あって、手直しは可能ですが、費用がかかります。

そう簡単にはなおせません。きちんとなおしてあげるには、手間暇と時間がかかります。お客様に丁寧にご説明させていただきましたが・・・・

残念ですが予算が合わなくて手直しをする事をおやめになりました。
これだけ傷んでいれば決して高い金額ではないのですが、・・・・

桐箪笥の洗い 修理はお客様が思ってられるより大変な技術を必要とします。
場合によりお見積りの金額以上の日数がかかる事もございます。

誰が見ても傷み具合が激しい桐箪笥ですが、戦争を越えて残ってきたのに・・・

処分されるのですね、寂しい気持ちがいたします。洗い修理の金額をお見積りさせていただいてから判断されます。

お見積りさせていただいたすべてのお客様がご依頼をいただける訳でもないですが、せっかくお見積りのご縁をいただけたので出来れば残してあげて欲しいと思いますが、残念ながら助けてあげれない桐たんすもございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大