社長ブログ

桐たんすの社長ブログ 昨年の旭町のだんじりの抜魂式の模様!やっとアップしました。

2017年1月9日 | 社長ブログ | コメント:0

去年の10月の23日に旭町のだんじりの抜魂式がありました。今年 大修理を行って、5月21日に入魂式とお披露目曳行をするため、大下工務店にだんじりを出します。

だんじりにはいつも魂が入っているのです、修理等でだんじりをばらしたり手直ししたりする場合には、神主様に魂を抜いていただくのです。私どもでは、13年ぶりの抜魂式でした。

dsc00087

だんじりの飾りや鳴り物の金や太鼓すべて外します。

dsc00089

なんとも美しい旭町のだんじりの屋根の正面写真です。

dsc00090

正面の彫り物です。豊臣秀吉に関する彫り物だけで構成されている岸和田で唯一の太閤だんじりが旭町のだんじりです。

dsc00091

dsc00092

見送りはしずヶ岳の戦いです。

dsc00095

dsc00099

dsc00100

祈祷の準備をします。

dsc00123

dsc00124

弥栄神社の神主様が来られて、これから祝詞をあげていただいて、お魂を抜きます。
世話人会の筆頭副会長の北田君が司会を担当してくれました。

dsc00130

dsc00131

神妙な面持ちで、各団体が玉串を奉納します。

dsc00134

dsc00144

dsc00147

dsc00152

dsc00153

曳行責任者の私も玉串を捧げました。

dsc00154

dsc00155

二礼 二拍手 一礼

dsc00156

dsc00157

dsc00158

dsc00159

dsc00160

大屋根の内部にあるお札を曳行責任者の私が最後に外させていただきました。

dsc00163

dsc00164

dsc00165

dsc00166

dsc00168

大太鼓を外しただんじり内部はこの様になっているのです。

dsc00169

最後にお神酒をいただきました。

dsc00176

抜魂式後、大下工務店さんの職人さん達がトレーラーで旭町のだんじりをもって帰る準備をしてくれました。

dsc00177

dsc00178

dsc00186

dsc00189

トレーラーに乗せるためにだんじりを小屋(格納庫)から出します。

dsc00190

dsc00192

dsc00193

dsc00194

dsc00195

dsc00197

だんじりがトレーラーに乗せられる写真はなかなか見れないレアな写真です。

dsc00199

dsc00200

dsc00205

さすがにプロです、段取りよく作業されます。

dsc00206

dsc00207

屋根のおにいたを取り外します。

dsc00209 dsc00210

おにいたがないとなんか変な感じです。

dsc00213 dsc00215

dsc00216

dsc00217

dsc00218

dsc00219

dsc00220

dsc00221

dsc00222

無事に載せていただきました。

dsc00224

dsc00225

dsc00228

後は、しっかり動かないように固定してくれました。

dsc00229

dsc00230

dsc00231

dsc00234

dsc00235

dsc00237

dsc00238

dsc00240

トレーラーにのっても、旭町のだんじりはかっこいいだんじりです。

dsc00241

dsc00248

4月まで大下工務店さんの職人さんが丁寧に修理してくれて、
またトレーラーでだんじり小屋に戻ってきます。

dsc00249

dsc00250

dsc00251

dsc00252

dsc00253

最後はみんなで見送りました。
記事が大変遅くなってしまいましたが、今年の4月に美しく屋根や一部の彫り物がを新しく新調して、彫り物も洗いにかけて綺麗になります。

美しくなった だんじりをどのように曳くのかが問われる1年になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大