台風21号の被害で電話、FAXが不通です。ご不便をおかけいたしますが工房の電話番号(072-443-5691)または、代表携帯番号(090-3032-7862)にお電話くださいますようお願いいたします。なお、平常通り営業しております。皆様のご来店お待ちしております。

社長ブログ

こだわりの桐箪笥の社長ブログ  しかし粗悪業者の桐タンスの洗い替えの後始末は大変な作業です。

2016年10月22日 | 社長ブログ | コメント:0

お客様から依頼された粗悪業者の桐タンスの洗い替えの後始末は大変な作業です。

一度昔に粗悪な桐箪笥の洗い替え業者に出された桐箪笥の再び再生を承りましたが、
この様にこの桐箪笥が出来たときは、背中の板も木釘で止められていました。

これが前の業者のへたくそな入れ木を外すのも手間がかかります。背板もこれだけボロボロです。

dsc09398

腹が立つのが、以前洗いをした業者は、金釘で止めています。これが面倒で・・・・
本来は、右の木釘で止めるのが当たり前です。でも粗悪業者は、左の金釘を使っています。

dsc09406

何か所もこのように金釘を使用しているので、背板に鉋(かんな)をかけれません。
カンナの刃が欠けてしまいます。情けない仕事をしてくれています。

dsc09400

今回は、あまりにもひどいため、背板を外すように指示いたしました。

dsc09399

dsc09411

背板を外したらこの様に金釘が残ります。

dsc09413

それをペンチで抜きます。

dsc09412

この部分は全部桐に交換せざる得ません。私どものようなこだわりの桐タンスの洗い修理をする工房はこのような金釘なんて絶対に使用しません。

dsc09417

おなじ同業者と呼ばれるのが心外ですわ。

今も平気でこの様な仕事をする者もいると聞いています。お金だけで「きちんと治してあげようと思う気持ちがないのです。」そのような方は、桐たんすの洗い修理の仕事をしないで欲しいですね!

そのような業者といつも値段の競争させられます。もうほんとうに勘弁してください。
仕事の内容も分からずに安価なところに依頼されるお客様がいるかぎり、このような業者は無くならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大