社長ブログ

こだわり桐箪笥の社長ブログ 泉州地域は、台風10号の影響による雨が降りました。

2016年8月29日 | 社長ブログ | コメント:0

泉州地域は、久しぶりに台風10号が関係した恵みの雨が降っています。大変暑い日々が続いていて、カラカラの天気でしたが、この雨で、私どもの工房の桐材がしっとり濡れています。

DSC01759

桐の材料はただ乾燥させただけでは、いい材料にはなりません。必ず雨が必要で屋外で何十回と言う回数雨に打たせます。

DSC01744

台風のような激しい雨が特に良く桐板が濡れて、灰汁が落ちます。

DSC01741

激しい雨が桐の板を全体に濡らしてくれます。

DSC01754

いい色に板が濡れています。桐の板には、大切な雨です。

DSC01755

最近 製材をした新しい桐材も雨に打たれています。

DSC01747

新しい桐材はまだこの様な明るい色をしています。

DSC01759

こちらは以前から1年以上経った桐材です。少し黒くなっています。色の違いがお分かりになられますか?

DSC01753

この様に桐材は何度も雨に濡らして乾燥を繰り返しますと、黒褐色の色に変化をしてきます。このような色になってこそ上質なこだわりの桐箪笥の材料として使えるのです。

DSC01752

桐の板を乾かして乾燥させているのに、雨に濡らしてしまうのも桐材ならでわの昔からのこだわりの作業で、他の木材では行わない作業になります。

桐の不思議な特製があらわれている作業なのです。

この作業を1年から2年繰り返す事で、透明な艶のある私どものこだわりの桐たんすの材料として使えるのです。

DSC01740

この雨で夏の暑さも少し涼しくなって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大