社長ブログ

こだわりの桐箪笥の社長ブログ 桐箪笥の洗い替えの納品事例の紹介は本当に時間のかかる作業なのです。

2017年3月11日 | 社長ブログ | コメント:0

弊社の洗い替え修理は、他社の桐箪笥の洗い修理とは、手間暇と時間のかけかたが違います。一番違うのは、工房と職人の考え方です。

私どはどこよりも、「その桐箪笥が作られた頃のように、直してあげたい」との思いがございます。

古い汚れた桐たんすが明るい感じになっただけの洗い修理とは、全く違う内容のお仕事をさせていただいています。

最近は動画も作成しています。動画はみなさんがご覧いただいてすごく良く技術が分かると好評をいただいています。

それゆえ、桐箪笥の洗い修理の納品事例で、拡大した写真や洗い修理前の写真と洗った後の写真を比較していただくように考えて紹介させていただいています。

その作業が大変時間のかかる作業なんです。まず 時間のタイムラグがございます。
洗い修理前から完成するまで、数か月日数がかかるため写真の管理も難しいのです。

また完成してからも以前にどのような角度で写真を写していたのかを、確認しながら撮影をしています。

少しでもお客様や同業者さんに私どもの仕事の細かな内容をお伝える事ができればとの思いで掲載しています。

これからも私どものこだわりの洗い修理の実績を正直にお伝えしたいと思っています。

桐箪笥の洗い修理も安価て適当な業者がたくさんございます。

この様に丁寧に綺麗に甦らす事の出来る技術とこだわりの気持ちが私どもにはございます。

お客様もこの事を良くご理解していただければ本当に有難くおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大