台風21号の被害で電話、FAXが不通です。ご不便をおかけいたしますが工房の電話番号(072-443-5691)または、代表携帯番号(090-3032-7862)にお電話くださいますようお願いいたします。なお、平常通り営業しております。皆様のご来店お待ちしております。

社長ブログ

こだわりの桐箪笥の社長ブログ 桐箪笥の洗い修理の依頼ですが、本当に有難く感動しました。

2016年9月2日 | 社長ブログ | コメント:0

先日 桐箪笥の洗いのお見積りにうかがいました。その時に見せていただいた桐箪笥は傷みの激しい古い桐箪笥です。

DSC00960

でもこの様な状態の桐箪笥を綺麗に直したいと言う依頼をしてくれたのが、
若い20代半ばの若い男の方なんです。

祖母の時代に使われていた桐箪笥を自分のお金で直して、使いたいと私どもに依頼してくれました。

桐の箪笥の洗いを依頼される方はほとんどが女性の方です。こんな若い男性の方が依頼していただく事は本当にまれで有難い事です。

古いものに、あらためて命を吹き込みもう一度普通に使えるように甦らせてあげたいとの思いを持っていただける事は、本当に有難い事です。

今の若者でもこの様なやさしい考えをしてくれる方がいたのかと思うと、本当に嬉しい気持ちになりました。

DSC00961

この様に傷みが激しく

DSC00962

手直しする箇所がたくさんございます。

DSC00964

手間暇のかかる作業になります。でもインターネットで弊社のホームページをご覧になられ、納品事例や社長ブログをご覧になられ、「この工房なら」と言うことでご依頼を賜りました。

DSC00966

これも職人冥利につきます。決して安い費用ではないですが、自分の給与から負担してくれて手直しさせていただく事になりました。少し時間がかかりますが、この事を職人にも伝えて必ず丁寧に洗い修理をさせていただきます。

DSC00958

私どもの仕事は、本当に地味て根気のいる仕事です。でもこの度のように
若い男の子からのご依頼をいただける事はすごく嬉しくなります。

いつもお客様に支えられて何とかほんまもんのこだわりの桐の仕事を続けていける事が出来ます。本当に感謝ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大