社長ブログ

こだわりの桐箪笥の社長ブログ 引出しの金具の修理なんとかしないと!

2016年8月4日 | 社長ブログ | コメント:0

ショールームにかれこれ35年ぐらい前にご購入いただいたお客様が引出しの金具が壊れたので修理をして欲しいと壊れた金具と引出しを持ってきてくれました。

付いていた金具

本来であればこういうように付いていました。

付いていた金具

その金具がお客様の不注意で折れて壊れてしまいました。

壊れて折れてしまった金具

これは、なんとかせんとあかん!

壊れて折れてしまった金具

でも35年も前の金具なので、今は当然残っていません。しかし何とか手直しするために努力します。引出し金具を止めている足隠し(黄色いキャップ)を外します。

DSC08800

そしてネジを緩めて金具を取り外します。

DSC08799

このタイプは、つぼかんと言い金色のツボの中に取手の両端がはまり込むタイプです。

つぼかん用受け金具

45ミリの間隔の幅のカン(引手)を探す事にします。金具も銀色の金具なので応急処置としてもあまり違った色やデザインを付ける事はいいと思いません。

工房で仕上げの職人と古い金具を探しました!いいのが奇跡的に見つかりました。
それがこの金具です。

上手く取り替えた金具

どうですか、色や風合いも抜群にあっているでしょう。この折れた金具が

DSC08790

この様に直す事ができました。

上手く取り替えた金具

この事もわたしどもでしかできない仕事かもしれません。上手く直せてよかったです。
お客様もすごく喜んでいただきました。

上手く取り替えて直せた金具

金具1つでも昔お世話になったお客様の為なら全力で努力して手直しします。
それが祖父から受け継いでいる田中家具製作所のDNAなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大