社長ブログ

桐の箪笥作りの社長ブログ 工房で桐の木と真剣に向かい合う職人たち!

2016年5月25日 | 社長ブログ | コメント:0

工房では、日々 桐の木と向かい合い、桐と会話をしています。この桐はどうおもってるのか、をどうしてほしいのか?その性質を十分に生かせるのが、本物の職人です。

私どもの工房では、桐たんす作りにかける真剣な作業があります。

DSC09043

伝統を守る事はそう簡単じゃありません。気の遠くなるような努力が必要です。

DSC09038

自分達の技術を大阪泉州桐箪笥の初音の総桐箪笥に今に残していきます。

DSC09046

桐たんすに対する私どもの職人の想いが少しでも伝えられたら・・・・・

DSC09000

若い職人にも受け継いでもらいたい先輩達の技・・・・・!

DSC09060

決して驕る事のない謙虚な気持ちで桐と向かい合って会話をしています。

DSC09054

桐が生まれてきて、育ってくれたこの美しい杢目を大切にいかせるように・・・・・

DSC09030

大阪泉州桐たんすのこだわりをお伝えできるように・・・・・

DSC08993

1つ1つの作業を丁寧に進めていく、職人達が私どもの宝です。

DSC09104

職人の手で組み上げる蟻組手、美しい技です。

このような彼らの想いを是非感じていただければ幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大