社長ブログ

こだわり桐タンスの社長ブログ 壊れた金具の修理も出来る限り対応します。

2016年6月20日 | 社長ブログ | コメント:0

先日以前お世話になったお客様から、洋服タンスの金具が壊れて困ってるのでと連絡がありました。伺ってみますと強い力で開きすぎたのでしょうね、

DSC00746

戸びらを持たせているスライド丁番(金具)が壊れています。

DSC00749

これでは、たんす自体使えないような状況で開き戸も閉まりません。

DSC00750

すぐに取り外しました。4本ともすべて壊れています。根元から折れています。

DSC02111

よくこのまま使われていたと思います。完全に金具の役目をしていません、扉が床に落ちなかっただけでも良かったです。

DSC02114

かなりの力が金具にかかっていたんでしょうね。普通のご使用ではこの様な状態にはなりません。

DSC00767

昔のたんすなので、同じ金具を探さなくてはなりませんが、同じメーカーがないのでこれと同じスライド兆番を探すには一苦労です。プロでないと探す事が難しいのです。

DSC00769

その洋服タンスの戸びらと本体のかぶりかたや、金具の寸法が重要になります。

どうにか代替えのスライド兆番がご用意できたので直させていただきました。小さい事ですが、金具ななければ本体が無駄になってしまいます。

金具が緩んでいたり、なにかおかしい感じだと思われたときは、そのままにせずに、点検してあげて、もう一度締め直したり調節を必ずする事が必要です。

自分で出来ない方は、少し費用がかかりますが、私ども専門店にご相談いただければ、お見積りさせていただきます。(場合によっては、直せない場合も御座います。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大