社長ブログ

こだわり桐たんすの社長ブログ 一棹一棹づつ丁寧な桐たんすの洗い修理のお仕事は時間とコストがかかります。

2016年4月15日 | 社長ブログ | コメント:0

お客様からご依頼やご相談を受けさせていただく、洗い修理の桐箪笥は、一棹一棹づつ丁寧に手直しするので、時間とコストがかかります。

他社のホームページで、1年に何十本や何百本の洗いの実績がございます。とか書いている所がございますが、わたしどもからすれば、全く信じれません。

そんなに早く出来る訳がないからです。私どもにご依頼のあるお客様は、大変よく納品事例などや私のブログを参考にしていただいて、ご相談のご連絡をいただきます。

P1080059

お客様の思いでのある桐箪笥をいかにしてきれいに丁寧に手直しさせていただけるように仕事を進めていきます。ですから年間を通しても十数棹しかご依頼を受け承れません。

P1100040

それが本当のお話しです。

他社は金額も様々で自社で洗いをせずに、どこかに依頼して仕上げます。
安価な費用で、数ばかりこなしている工房と出来栄えは全く異なります。

洗い修理に関して、最近トラブルのご相談をたくさんいただきます。そうならない為に、しっかりとお客様の責任で工房を選ばれる事が大切ですね。

大阪泉州桐箪笥 田中家具製作所の工房

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大